FX入門〜初心者におすすめ

海外FXの税金の全て

海外FXの税金の全て
(写真=PIXTA)

海外FXの税金の全て

  • Компрессионный трикотаж
    • Госпитальный трикотаж
    • Флебологический трикотаж
    • Профилактический трикотаж
    • Трикотаж для будущих мам
    • Лимфологический трикотаж
    • Трикотаж для лечения язв
    • Аксессуары для трикотажа
    • Medi крем - уход за кожей
      海外FXの税金の全て
    • Шея
    • Позвоночник
    • Плечевой сустав
    • Ортопедические изделия для рук
    • Тазобедренный сустав
    • Коленный сустав
    • Голеностопный сустав
    • Ортопедия для детей
    • Спортивные компрессионные носки
    • Компрессионные гольфы для спорта
    • Компрессионные гетры
    • Компрессионная одежда для спорта
    • Ортопедическая одежда Medi
    • Индивидуальные стельки
    • Индивидуальные стельки igli
    • Серийные стельки
    • Взрослая обувь
    • Детская обувь
    • Подушки для сна
    • Подушки-комфортеры
    • Услуга кинезиотейпирования
    • Кинезиотейпы K-Tape и Crosstape
    • 海外FXの税金の全て
    • Аксессуары
    • Специальные бюстгальтеры/топы
    • Протезы молочной железы

    medi-один из мировых лидеров по разработке и производству медицинского компрессионного трикотажа и ортопедических изделий.

    海外FXの税金について徹底解説!税金対策や節税方法、確定申告などについて総まとめ

    海外FXの基礎知識

    そこでこの記事では、海外FXにおける 税金制度やその計算、さらには税金対策や節税方法 まで、それぞれ具体的に解説していきたいと思います。

    海外FXの税制 ~課税区分と税率について~

    海外FXは総合課税の雑所得

    海外FXの利益は 総合課税の雑所得 に分類されます。雑所得に分類されるほかの所得としては、仮想通貨取引の利益や海外バイナリーオプションの利益、そしてライターの原稿料、副業の収入など様々なものがありますね。

    総合課税の雑所得に分類されることによる最大の影響は、収入が大きければ大きいほど、ほかの所得に対する税率や税額も一律に増加する 累進課税方式 になるということです。

    さらに、住民税は所得税とは別で課税されます。住民税は一律10%となっていますから、 海外FXの税率は実質15%~55%(+復興特別所得税2.1%) だということがわかります。

    申告分離課税の国内FXと総合課税の海外FXの違い

    総合課税の雑所得である海外FXに対して、国内FXの場合は同じ雑所得でも「 申告分離課税の雑所得 」という税制度になっています。これはほかの所得とは全く別カテゴリーで課税されるという仕組みですね。

    そのため国内FXの税率は、海外FXのように課税所得額によって変動することはなく、 一律20.315%(所得税+復興特別所得税+住民税) となっています。

    また、国内FXでは海外FXにはない 「損失繰り越し」 という制度も採用されています。これは、過去3年間の間に損失分を確定申告していれば、利益が出た場合であっても過去の損失額と相殺できるという制度ですね。

    海外FXと国内FXの損益通算の違い

    海外FXの損益と通算できるもの

    海外FXの損益は雑所得(総合課税)ですので、ほかの雑所得の範囲内で損益通算することができます。

    つまり、ある海外FX業者で利益が出て、別の海外FX業者で損失が出ている場合には、その損失と通算することができるというわけですね。さらにFX以外の雑所得との損益通算も可能なため、 海外バイナリーオプション業者仮想通貨取引 もちろん、例えば ネットオークションや副業における損失 などとも、損益通算が可能です。

    ・XMで年間200万円の利益

    ・TitanFXで年間80万円の損失

    ・ハイローオーストラリアで年間50万円の損失

    ・仮想通貨取引で10万円の損失

    ・ネット転売の失敗など副業による10万円の損失

    国内FXの損益と通算できるもの

    国内FXでも損益通算が可能ですが、こちらは 他の「先物取引に係る雑所得等」の金額との損益通算に限定 されています。「先物取引に係る雑所得等」とは例えば日経225先物取引/商品先物取引のような「先物取引」、日経225先物オプション取引のような「オプション取引」、そして取引所外国為替証拠金取引のような「FX」ですね。

    海外FXと国内FXの2つの損益通算はできない

    海外FXで税金の支払いが不要な場合

    ・給与所得が2000万円を超える人、もしくは個人事業主

    ・給与所得が2000万円未満で雑所得が20万以上の人

    ・給与所得がなく雑所得が38万円以上の人

    つまり「サラリーマンとして給料をもらっている人で、海外FXの利益が20万円未満(または損をしている)の場合」には確定申告をしなくてもよい(年末調整のみで可)ということですね。

    また「無職の人で海外FXをしている(つまり専業トレーダー)場合で、利益が38万円未満(または損をしている)の場合」にも確定申告&納税は不要となります。

    一方で「給与所得が2000万円以上、もしくは個人事業主(≒自営業)」の場合、もともと海外FXをしていなくても確定申告の必要があります。そのため利益の有無に関わらず、海外FXをしている場合は年間通算成績を確定申告し、納税の必要がある場合には納税する必要があります。

    国民健康保険料にも要注意

    税金ではありませんが、 国民健康保険料も海外FXの利益に応じて増額します。

    海外FXの税金対策 〜税金を安くするには〜

    海外FXの税金を安くするための節税方法としては、 「必要経費」「控除制度」 の2つがありますので、それぞれについて解説します。

    経費として計上できるもの ~パソコンやVPS利用料など~

    ・パソコン購入費用:10万円を超えるものについては減価償却の計算が必要

    ・ディスプレイなどのパソコン周辺機器

    ・FXをするための光熱費や(専用のトレードルームがある場合は)家賃

    ・トレードをするために費やした各種手数料:入出金手数料や取引手数料

    ・VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)利用費

    ・FXに関連する書籍や情報商材の購入費用

    ・FXに関連するセミナーの参加費用や交通費

    活用できる控除制度~寄付金控除や社会保険料控除など~

    例えば最近CMやニュースでも耳にすることが多くなった 「ふるさと納税」 は有名な節税制度ですね。好きな地方公共団体に寄付をすればその寄付金額は「寄付金控除」となって、税金を安くすることができます。

    他にも毎月一定の金額を積み立てて、あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託といった金融商品を自ら運用する 「iDeCo(個人型確定拠出年金)」 も、有効な税金対策になりますね。60歳以降にならないと引き出すことができないというデメリットはありますが、その掛金全額が所得控除の対象となるため、将来への備えをしながら、同時に節税もできるという素晴らしい制度となっています。

    FXの税金とは?損益にかかわらず確定申告すべき理由を徹底解説

    FXの税金とは?損益にかかわらず確定申告すべき理由を徹底解説

    (写真=PIXTA)

    目次
    1. そもそもFXとはどのような投資なのか?
    1-1. FXは為替差益とスワップポイントの2つの利益がある
    1-2. 少額の資金で大きな取引ができる
    1-3. 24時間取引可能で兼業投資家にも向いている
    1-4. 資産がゼロになる可能性も!リスクヘッジが大切である
    2. FXで得られた利益は確定申告すべきなのか?
    2-1. FXで得た利益を税務署は知っている!脱税で逮捕されるケースも
    2-2. FXで得た利益の額に応じて確定申告が必要になる
    2-3. FXによる所得を計算すると確定申告すべきかがわかる
    2-4. 給与所得者と被扶養者で確定申告する必要がある金額が異なる
    2-5. 国内FXで得た利益に対する税率は一律「20.315%」
    3. FXで損失がある場合でも確定申告をするとよい理由
    3-1. FX運用に必要な経費も申告できる 海外FXの税金の全て
    3-2. 損失は翌年から3年間の繰越控除を受けられる
    3-3. ほかのFX会社と損益通算ができる
    4. 【FX初心者は要注意】FXにかかる税金と確定申告のおさらい
    4-1. FXにかかわる税金とは?
    4-2. そもそも確定申告とは?
    4-3. FXで損失した場合も確定申告するべきか?
    4-4. FX取引にかかわる税金の計算方法は?
    5. FXの確定申告をする際の注意点
    5-1. FX会社が発行する「年間損益報告書」が必要
    5-2. 海外FXの税金は税率が異なる 海外FXの税金の全て
    5-3. 経費を証明するための領収書などはきちんと管理しておく
    6. FXを始める際によくある質問
    6-1. Q:FX口座の開設に必要な書類は何ですか?
    6-2. Q:スマホなどモバイル端末から口座開設は申し込めますか?
    6-3. Q:FX口座の開設に制限はありますか?
    6-4. Q:FX口座は複数開設できますか?
    7. FX取引を始めるには正しい知識が必要

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる