概要

FXの手数料

FXの手数料
FX

個人口座 取引ルール | GMOあおぞらネット銀行

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
Please agree after confirming the following items.
- The Bank's original web site FXの手数料 in Japanese uses the automatic translation system to translate in foreign languages. Please note that the contents of translated plages might not the same as the original Japanese pages. In case that there is any discrepancy between the Japanese original and such post-translational, the Japanese original is assumed to be correct.
- In addition, our company holds no responsibility for translations.
- Customer services are only available in Japanese. Please make note FXの手数料 that inquiries in other languages cannot be made. (Customer services include call center, Q&A, email notification, important notice, letters, and etc..)

GMOあおぞらFX

  • 外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
  • 相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になる場合があり、お客さまの意図した取引ができない可能性があります。
  • 外国為替証拠金取引の取引手数料は1万通貨未満は3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
  • 強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
  • 取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。

取引ルール

取扱通貨ペア スプレッド

  • ※ 広告掲載日:2022/4/4
  • ※ FXの手数料 通常時は上記スプレッドを設定しておりますが、マーケットの流動性が著しく低下し、インターバンク市場の実勢レートが一定期間拡大した場合、当社では、当該実勢レートに基づいた取引レートをお客さまに提示しているため、広告表示値のスプレッド提示が困難となる可能性があります。また、実際の取引時のスプレッドを保証するものではなく、お客さまの約定結果による実質的なスプレッドが必ずしも上記のスプレッドと合致するものではありません。実際の取引時のスプレッドは、必ず取引画面にてご確認下さい。
    例:クリスマスならびに年末年始、米国総選挙、英国国民投票など
  • ※ 表のPはpipsを表します。
  • ※ レート提供元に異常レートが発生した場合、当社はお客さまに適正なレート表示ができなくなるため、その間は取引ができなくなります。
  • ※ 上記スプレッドは固定されたものではありません。市場急変時(震災などの天変地異、各国中央銀行の市場介入、その他外的要因)、市場流動性が低下している状況下(米国東部時間午後5時前後、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などは、スプレッドが拡大する場合やスリッページが発生する可能性があります。
  • FXの手数料
  • ※1 トルコリラ/円の取引に関して市場環境が不安定となっている状況を受けて、トルコリラ/円のスプレッド広告を休止いたします。
    【スプレッド広告休止期間】2021年11月25日(水)~当面の間
    トルコリラ/円のスプレッドはインターネットバンキングへログインし、FX取引画面よりご確認ください。
  • ※2 ポーランドズロチ/円の取引に関して市場環境が不安定となっている状況を受けて、ポーランドズロチ/円のスプレッド広告を休止いたします。
    【スプレッド広告休止期間】2022年3月11日(金)~当面の間
    ポーランドズロチ/円のスプレッドはインターネットバンキングへログインし、FX取引画面よりご確認ください。
  • ※3 市場環境が不安定となっている状況を受けて、スプレッド広告を休止いたします。
    【スプレッド広告休止期間】2022年3月29日(火)~当面の間
    各通貨ペアのスプレッドはインターネットバンキングへログインし、FX取引画面よりご確認ください。
  • ※4 「 高金利通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン」のスプレッドです。
    対象期間:2022年4月4日(月)午前7:00~6月4日(土)午前5:50まで

必要証拠金

2倍コース 取引通貨ペアの想定元本に 50% を乗じた金額
25倍コース 取引通貨ペアの想定元本に 4% を乗じた金額
  • FXの手数料 法人のお客さまについては、通貨ペアごとに必要証拠金率を設定しています。必要証拠金率は、毎週土曜日のニューヨーククローズ後に見直しを行います。見直し後の必要証拠金率は、毎週土曜日の定期メンテナンスが終了次第、当社ホームページでお知らせいたしますので、必ずご確認ください。
  • ※ 保有ポジションに係る必要証拠金と新規注文に係る必要証拠金を合計した金額のことを「使用中証拠金」といい、取引に使用可能な証拠金のことを「使用可能証拠金」といいます。
  • ※ 両建て(同一通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に持つこと)の場合、取引数量の多いポジションにのみ必要証拠金が必要となります。(MAX方式)
  • ※ 両建ては、取引レート及びスワップポイントに売りレート、買いレートの開き(スプレッド)があるため、お客さまの負担するスプレッドコストが2倍となること等のデメリットがあり、経済合理性を欠くことから、当社は一切お勧めしていません。また、短期間内に両建てとなる取引等については禁止しています。

取引数量上限

  • ※ 経済指標発表時、または震災などの天変地異、外部要因、その他過度な相場変動に見舞われるリスクがあると当社が判断した場合には、
    新規注文数量を制限する場合があります。
  • ※ ポジション件数が50件を超える複数決済注文は受付けられません。
    ・PC-Web:ポジション件数 > 50件、有効決済注文件数+ポジション件数 > 100件
    ・アプリ :ポジション件数 > 50件、有効決済注文件数+ポジション件数 > 50件

建玉保有限度額

取引件数の上限

各種手数料

【取引手数料】

【強制決済・ロスカット手数料】

  • ※ 強制決済・ロスカット手数料には、消費税が含まれます。
  • ※ 強制決済・ロスカット手数料は、お客さまが ご自身で設定された逆指値注文が執行された場合には適用されません。
  • ※ 強制決済・ロスカット手数料は、強制決済あるいはロスカットが執行された場合のみ適用されます。
  • ※ 1万通貨未満のお取引については、強制決済あるいはロスカットが執行された場合、注文手数料(Web)と強制決済・ロスカット手数料の両方が適用されます。

スワップポイント

ロスカット

GMOあおぞらFXでは、1分以内の間隔でお客さまの取引口座残高の時価評価を行います。
お客さまの時価評価総額 ※ FXの手数料 が使用中証拠金の25倍コースおよび法人のお客さまについては80%、
2倍については50%を下回っていた場合、
お客さまの保有するすべての未決済ポジションを決済します。

FXにかかる手数料の種類は?各社の入出金手数料やスプレッドを比較!

FX

GMOクリック証券 FXネオの口コミ評判は?デモ取引も解説

FX

ヒロセ通商のLION FXは評判が良い?キャンペーンやアプリも調査

FX

外為どっとコムの評判や口コミは?手数料やキャンペーン紹介

FX

みんなのFXの口コミや評判は?アプリやシストレのやり方も解説

FX

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ?米ドル/円など通貨ペア別に比較

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

魅力的な水準のスプレッドや取引手数料

規制・監督下にある金融機関
サクソバンク証券は、金融庁より認可を受けた欧州銀行系オンライン証券会社として10年以上、日本で金融サービスを提供しています。お客様からお預かりした資金は法令の定めにより日証金信託銀行に信託財産として預け入れ、保全しています(詳細はこちら)。
親会社であるサクソバンクA/Sは、1992年創業したデンマーク・コペンハーゲンに本社を構えるオンライン銀行です。サクソバンクグループは、厳格な金融規制を遵守し、欧州や中近東、日本を含むアジアの15ヵ国の各当局監督下で、世界170ヵ国80万人を超えるお客様へ金融サービスを提供しています。

強固な財務基盤
サクソバンクグループは強固なバランスシートによって安定した財務状況を有し、運用資産総額は160億米ドル(約1.74兆円*)、毎日100万件におよぶ取引を取り扱っています。

安心充実の日本語サポート
サクソバンク証券は、外資系証券会社でありながら、日本人スタッフによる電話およびメールでのサポートや取引マニュアル提供など充実したサービスを提供しており、安心してお取引を開始いただけます。またサクソバンクグループが提供する革新的な商品や取引ツール、金融サービスはこれまで世界で数々の表彰を受けてきました。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

FXの手数料ってなに?

総合評価 3.6

  • スマホ 4.5
  • リスク管理 4.1
  • 利便性 4.8
  • 取扱ツール 3.5
  • 情報力 4.0
  • スプレッド 3.8
  • スワップ 0.3
スプレッド 米ドル/円 取扱通貨ペア数 取引手数料 キャンペーン
0.2銭 21 無料 最大200,000円

詳細ページ 口座開設はこちら

使いやすいツールが充実しています

総合評価 3.7

  • スマホ 5.0
  • リスク管理 5.0
  • 利便性 5.FXの手数料 0
  • 取扱ツール 4.0
  • 情報力 4.0
  • スプレッド 3.0
  • スワップ 0.0

GMOクリック証券 FXネオ

総合評価 3.5

  • スマホ 4.0
  • リスク管理 4.2
  • 利便性 4.0
  • 取扱ツール 3.2
  • 情報力 4.5
  • スプレッド 3.8
  • スワップ 0.6
スプレッド 米ドル/円 取扱通貨ペア数 取引手数料 キャンペーン
0.2銭 20 無料 最大300,000円

詳細ページ 口座開設はこちら

GMOを利用して10年くらいになります。

総合評価 3.6

  • スマホ 3.0
  • リスク管理 5.FXの手数料 0
  • 利便性 5.0
  • 取扱ツール 3.0
  • 情報力 5.0
  • スプレッド 4.0
  • FXの手数料
  • スワップ 0.0

SBI FXトレード

総合評価 3.5

  • スマホ 3.7
  • リスク管理 3.3
  • 利便性 4.6
  • 取扱ツール 3.8
  • 情報力 FXの手数料 4.6
  • スプレッド 4.5
  • スワップ 0.0
スプレッド 米ドル/円 取扱通貨ペア数 取引手数料 キャンペーン
0.09銭 34 無料 最大50,000円

詳細ページ 口座開設はこちら

スワップポイントの良さが気にいっています。

総合評価 3.4

  • スマホ 3.0
  • リスク管理 2.0
  • 利便性 4.0
  • 取扱ツール 5.0
  • 情報力 5.0
  • スプレッド 5.0
  • スワップ 0.0

LINE FXの手数料 FX

総合評価 3.4

  • スマホ 4.5
  • リスク管理 4.0
  • 利便性 4.0
  • 取扱ツール 3.7
  • 情報力 4.0
  • スプレッド 3.5
  • スワップ 0.0
FXの手数料 FXの手数料
スプレッド 米ドル/円取扱通貨ペア数 取引手数料 キャンペーン
0.2銭 原則固定
※例外あり
23 無料 最大5,000円

詳細ページ 口座開設はこちら

初心者だったため誰でも知っているからという理由で

総合評価 3.1

  • スマホ 4.0
  • リスク管理 4.0
  • 利便性 5.0
  • 取扱ツール 3.0
  • 情報力 4.0
  • スプレッド 2.0
  • スワップ 0.0

みんなのFX

総合評価 3.2

  • スマホ 4.8
  • リスク管理 2.6
  • 利便性 4.2
  • 取扱ツール 3.8
  • 情報力 4.0
  • スプレッド 3.2
  • スワップ 0.0
スプレッド 米ドル/円 取扱通貨ペア数 取引手数料 キャンペーン
0.2銭 18 無料 最大50,000円

詳細ページ 口座開設はこちら

手数料がかからずに取り引きできて○

総合評価 3.3

松井証券 MATSUI FXの手数料は?レバレッジや取引ツールの使い方もトレーダーが解説


松井証券とMATSUI FXの概要は下記の通りです。

運営会社 松井証券株式会社
設立年度 1931年3月(創業1918年5月)
資本金 11,945百万円(2021年3月31日現在)
FX提供開始時期 2021年4月
通貨ペア 20種類
メジャー通貨スプレッド 米ドル/円 0.2銭、ユーロ/円 0.5銭、ポンド/円1.1銭、ユーロ/米ドル 0.4銭など
取引ツール FXトレーダープラス・FXアプリ・LINEアカウント
最低取引単位 1通貨単位
発注上限 1ポジション200万通貨まで
建玉上限 合計2,000件・1億通貨分まで
レバレッジ 個人1・5・10・25倍・法人100倍
追証制度 あり
必要証拠金維持率 100%
ロスカット 50~90%(10%ごと)から選択

2.MATSUI FXの取り扱い通貨ペアとレバレッジ

次にMATSUI FXの取扱い通貨ペアの詳細について解説します。MATSUI FXで利用可能な通貨ペアは以下の20種類です。

日本円(10種類) 米ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円・カナダ/円・スイス/円
ポンド/円・NZドル/円・ランド/円・トルコリラ/円・メキシコペソ/円
米ドル(4種類) ユーロ/米ドル・豪ドル/米ドル・ポンド/米ドル・NZドル/米ドル
豪ドル(2種類) ユーロ/豪ドル・ポンド/豪ドル
スイスフラン(2種類) 米ドル/スイス・ポンド/スイス
英ポンド(1種類) ユーロ/ポンド
NZドル(1種類) 豪ドル/NZドル

3.MATSUI FXの取引ツール

4.MATSUI FXの入金方法・手数料

MATSUI FXでの入金方法ですが、MATSUI FXは松井証券の口座開設が前提となるため、松井証券に振り込んだ投資金をMATSUI FXに振替える形で入金します。

  1. ネットリンク入金(手数料無料・リアルタイム反映)
  2. らくらく振替入金(手数料無料・リアルタイム反映)
  3. 定期入金(手数料無料・月に1度指定の銀行口座から自動引き落としで5営業日後反映)
  4. 銀行振込入金(送金元の手数料はユーザー負担・入金確認後反映)

また、MATSUI FXの実質的な手数料としては、スプレッドとなりますが、 国内最低水準の狭いスプレッドであれば、他社と比較したスプレッドの負担が大きいとは考えにくいです。その他の取引に関する手数料は無料とされています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる