国内バイナリーオプション

エリオット波動理論とは

エリオット波動理論とは
必勝法

初心者必見!バイナリーオプションで使える!エリオット波動入門

必勝法

  • エリオット波動の具体的な活用方法がわかり取引の精度を上げることができる
  • エリオット波動を使用する上での注意点がわかる

エリオット波動とは

相場の値動きには法則性を持ったサイクルがある

【ポイント①】ダウ理論

【ポイント②】フィボナッチ数列

【ポイント③】3つの要素

  • パターン:波動の形状
  • 比率:他の波動と比較した時に計測できる一定の比率
  • 時間:横軸でみた時に確認できる比率の法則

上昇5波・下落3波

例えばエリオット波動を覚えることによって 、価格が動いている時にその環境がどういった状況下にあるのかを客観的に捉えることができるようになります。

推進派と修正波

そしてこの上昇5波を総称して「 推進波」

下落3波を総称して「 修正波(調整波)

さらにいうと、この1時間足の中を細かな5分足で見ると、 同じように上昇5波と下落3波を繰り返すサイクルが出来上がっているのがエリオット波動の特徴の1つです。

そしてこのようなサイクルがまた同じように2波、3波、4波、5波でも続いて繋がって波動を築いていくの「 フラクタル構造 」と呼ばれています。

あるサイクルを持った一部分が繋がって形状を組み立てることにより全体と同じような形状になっている事

  1. 第2波は第1波の始点を下抜けることは無い
  2. 第3波が最も短い波になる事はない
  3. 第4波が第1波の価格帯に割り込むことはない

フィボナッチ数列とは

つまり、フィボナッチの比率に置き換えて考えることにより、 その波動がどこまで伸びて折り返すのか推測することがができるようになります。

フィボナッチ数列とは、「 自然界のある一定の法則性を持った数列(比率) 」です。

各波動が形成される背景

下記のように下降トレンドが続いてく途中ではどこで上昇に転じるかはわかりませんが、 強いサポートラインで反発して価格を伸ばした場合、エリオット波動の第1波が形成されていると仮説を立てることができます。

この時の価格が下がる要因としては、 大きな局面で見たらまだ下降トレンドですので第1波の節目を「戻り目」と勘違いして売りのポジションを持つ投資家達が一定数存在します。 エリオット波動理論とは

この第2波の特徴として、上記で説明したフィボナッチ比率にあてがえて考えた場合、 第1波の上昇の値幅に対して第2波の下降の比率は0.5もしくは0.618となることが多いです。

一般的には 第3波が一番伸びると言われています。

下降トレンドにおける戻り高値のラインをブレイク

そのブレイクを確認して新規の買いのポジションが入る

安値を切り上げていることから上目線に切り替わる
↓ エリオット波動理論とは
さらに価格が伸びる

この第4波は、第1波や第3波の下層圏での買いのポジションの利益確定が入りやすくなると同時に、これまでの流れか ら明らかな上昇トレンドとして捉えることもできるため、さらに買いのポジションが多く入ってくるのも大きな特徴です。

ただし、ここまでの買いポジションの利益確定などが入るため第3波ほどの上昇は見られませんが、一般投資家や投資初心者が上昇傾向だと認識して買いの注文が入ってくるので、 第3波と比べて急に大陽線が出現して急な角度で上昇しやすいのも第5波の特徴です。

またもう1つの特徴としては、必ずしも第3波の高値を更新できるわけではなく、その前に価格が下落することがあります(この現象を エリオット波動理論とは トランケーション と呼びます)。

例えば第1波に対して 第3波が通常よりも大きく上昇した場合は、第3波の時点で上昇の力を使い果たしたとして捉えることができ、結果として第5波が思った以上に伸びなくなり結果としてトランケーションが起こりやすくなる傾向にあります。

エリオット波動理論について理解しよう!

エリオット波動理論について理解しよう!

この3つの原則の上でエリオット波動理論は成り立ちます。1つ1つの原則を文章で説明すると、順に、
チャートで波動に番号をつけ、波動3が一番短くなるような番号のつけ方であれば、エリオット波動理論は成り立ちません。
また、相場が上昇し始めて、波動1と番号をつけた後、次の波動2が波動1のスタート地点を下回っている場合は、波動1の番号を設定する位置が間違っているということです。
最後に、波動4の安値が波動1の高値を割り込んでしまうと、これもまたエリオット波動理論が成り立ちません。

エリオット波動理論を用いたトレード戦略とは!

トレード戦略①
エリオット波動の、3波の始点を狙ったエントリーです。
エリオット波動理論の原則の1つで、3波が最も長い波になるということです。
トレンドの流れにも沿った順張りでのエントリーで、一番大きな利益を狙えるポイントです。

もう1つエリオット波動理論の原則で、2波は1波の始点を下回らないことです。3波の始点でエントリーをすると、
ストップロスは1波のスタート地点の、少し下に入れるのが好ましいです。そして万が一、相場イメージが崩れた時にはそのトレードを手仕舞うことが基本です。
特にFX初心者は、この基本の部分を怠りがちなので、ご自身でしっかりとルールは決めるようにしましょう。

トレード戦略②
3波のなかで、2波の始点を抜けるタイミングを狙ったエントリーです。
これは1の方法よりもリスクを無くし、確実性の高いエントリーポイントになります。
確実性が高いので、その分利益は少なくなりますが、FX初心者にとっては始めやすいでしょう。リスクの大小を的確に捉えて取引する事も大切なことです。
取引するタイミングとしては、1波の高値を超えた時にエントリーを仕掛け、ストップは3波のスタートの少し下です。

トレード戦略③
5波の始点を狙ったエントリーです。これは3波という大きな波の後なので、見当がつきやすいでしょう。
エリオット波動理論には、1波の高値を4波が下回らないという原則があります。5波のスタートでエントリーすると、ストップは1波の高値の少し下です。

トレード戦略④
c波の始点を狙ったエントリーです。このエントリーも推進5波を見た後なので、見極めやすいです。
5波が終わって調整波に入り、b波の戻しが高値を超えられないのを確認して、売りのエントリーをします。
ここのエントリーに関しては、やや逆張り気味になりますので、ストップロスを入れることをクセづけておきましょう。逆張りのようなときにストップを入れ忘れると、大きな損益を出してしまう可能性があります。

エリオット波動を分かりやすく解説

エリオット波動は下図のように、上昇で5波、下降(押し目)で3波の合計8波で形成されています。

エリオット波動は『 推進波が5波 』『 調整波が3波 』で構成されており、 この形は基本形 となっているので、1年スパンで見ようが1日スパンで見ようが、 小さなエリオット波動がいくつも重なって大きなエリオット波動が形成されてい く。ということを頭に入れておいてください。

エリオット波動は細分化される?

上昇5波は『3つの推進波』と『2つの調整波』で、下降3波は『2つの推進波』と『1つの調整波』からなっています。

3波5波8波の数字は 全てフィボナッチ

次の細分化では『上昇21波』『下降13波』の『計34波』これらの数字も全てフィボナッチです。

さらに次の細分化では『上昇89波』『下降55波』の『計144波』となりますが、それらの数字も全てフィボナッチです。

人も自然も全てフィボナッチ級数になっているという、何とも驚きの結果になってしまうが、この『エリオット波動』と『フィボナッチ』をしっかりと理解するだけでもチャートを見る目が変わってくるのではないでしょうか?

エリオット波動は3波目を狙え.

グランビルの法則ダウ理論などもそれぞれ狙い目がありますが、この『エリオット波動』にも狙うべきポイントがあります。

第3波目

冒頭でも述べていますが、『 3波は1波よりも長い・・・ 』というところがポイントです。

バイナリーオプションに限らずFXでも同じことが言えますが、ボラリティ(値動き)が小さい部分でエントリーするよりも、 ボラが大きくどの方向へ進んでいくのか分かりやすい場所でのエントリーが理想的 です。

なので、修正波、調整波などでエントリーするよりも、 これから勢いよく突き進むであろう『推進波』の波に乗ったエントリーの方が断然勝ちやすく なりますよね。

あなたにもそんな経験があると思います。もちろん私もあるのですが、以下の点をしっかりと抑えておけば、『伸びない3波』ではエントリーを見送れるようになるので、おのずと勝率は上がってきます。

大きな第3波を狙うには?

第3波が大きく伸びるためには、『 明確な押し目 』を作る必要があります。

自分で作れるならとても簡単なことなのですが、この『明確な押し目』は、ただ指をくわえて見ているだけ。しか方法はありません。

フィボナッチ』を少しでもかじったことがある人であれば『 61.8% 』などという数字を聞いたことがあると思います。

明確な押し目』は、 エリオット波動理論とは 第1波の高さに対し、第2波が『50%』『61.8%』 で止まることを表します。

相場が上昇し第1波を形成。その後、下落してきたのを確認した時点で『安値』と『第1波』にフィボナッチを充てた状態です。

このチャートでは『161.8%』付近で高値になっていますが、もし161.8%を超えた場合のルールもあります。

それは、『 261.8% 』『 423.6% 』まで上昇する可能性がある。というルールです。

エリオット波動まとめ

まずは『エリオット波動』の基本形をしっかりと理解し、そこから『フィボナッチ』を覚えていくことをおすすめします。

縦横比の最も美しい比率である黄金律として有名な『1.618』という数字もフィボナッチ級数なんですね。

エリオット波動』『ダウ理論』『グランビルの法則』など、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は『そんなもん必要ないだろ~』程度にしか思っていませんでしたが、 一つ覚えていく度に自分のトレードスキルが上がってくる のが分かります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる