FXの学習方法

取引できる通貨

取引できる通貨
【マーケット情報の画面イメージ】

米仮想通貨コインベース、Web3インフラに多額投資

米国では、投資運用ソフトを開発するエンフュージョン(Enfusion) や資産運用会社ワンリバー・アセット・マネジメント(One River Asset Management)と提携し、両社のクライアントに機関投資家向け仮想通貨サービスを提供している。コインベース・ベンチャーズもワンリバーのシリーズA(4100万ドル)に参加し、21年には別の仮想通貨運用会社、米ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)に出資した。ビットワイズは仮想通貨の上場投資信託(ETF)や適格投資家向けインデックスファンドを手掛ける。

NFT、ゲーム、メタバース

コインベースは分散型取引所の米ゼロエックスラボ(0x Labs)と提携し、NFT取引所でゼロエックスの取引プロトコルを採用している。さらに、米マスターカードと組んでカード利用者がコインベースのプラットフォームでNFTを簡単に購入できるようにしている。この提携によりNFT購入時の法定通貨から仮想通貨への交換プロセスが簡素化され、顧客にスムーズな取引体験をもたらしている。NFTではさらに、米ユガラボ(Yuga Labs)が手掛けるNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC、退屈な類人猿ヨットクラブ)」をベースにしたアニメ映画の製作でも提携している。

コインベース・ベンチャーズは最近、NFT分野のユニコーン(企業価値が10億ドル以上の未上場企業)に出資した。1社は香港のアニモカブランズ(Animoca Brands、企業価値50億ドル)だ。同社は投資会社で、ブロックチェーンゲームの開発も手掛けており、仮想世界「ザ・サンドボックス(The Sandbox)」を生み出した。もう1社はデジタルアバター(分身)の生成やNFT取引所の米ジーニーズ(Genies、10億ドル)だ。さらに、最近では米ロイヤル(Royal、音楽)、米フラクタル(Fractal、ゲームアイテム)、米メーカーズプレース(MakersPlace、アート)、米ゾラ(Zora、メディア)などのNFT取引所にも出資している。

ウェブ3のインフラと開発

コインベースのウェブ3インフラ投資に共通しているテーマは、異なるブロックチェーン間でデジタル資産を取引可能にする概念「クロスチェーンの相互運用性」だ。複数のブロックチェーン基盤(ビットコインやイーサリアム、ソラナなど)にまたがって運営できる分散型アプリケーションを構築できるかどうかは、ウェブ3の普及のカギとなる。コインベース・ベンチャーズはこの1年で、インドのバイコノミー(Biconomy)、ルーマニアのコンポーザブル・ファイナンス(Composable Finance)、米コネクスト(Connext)、米レイヤーゼロ・ラボ(LayerZero Labs)などクロスチェーンのインフラ企業に相次ぎ出資している。

市場情報と解析: コインベースは21年4月、機関投資家を対象に仮想通貨取引を解析する英スキュー(Skew)を買収した。それ以降、コインベース・ベンチャーズは仮想通貨の市場情報・解析企業3社、米メッサーリ(Messari)、シンガポールのナンセン(Nansen)、NFT専門の独ビッツクランチ(bitsCrunch)に出資している。

決済: コインベースは21年、米シェアオフィス大手ウィーワークと仮想通貨での利用料支払いの受け入れ、米ビザと加盟店での仮想通貨の利用で提携すると発表した。さらに、米投資会社フォートレス・インベストメント・グループ、中国のM31キャピタル、ナンセン、米NFT取引所のスーパーレア・ラボ(SuperRare Labs)と仮想通貨での給与支払いで提携することを明らかにしている。

金利を得られる商品と退職金の運用口座: コインベース・ベンチャーズは仮想通貨から金利収入を得られるいくつかの商品に出資している。こうした商品では、保有する仮想通貨の貸し出しや、特定の口座に預け入れておく「ステーキング」によって一定のリターンを得られる。カナダのレドン(Ledn)、シンガポールのボウルド(Vauld)、米シーシェル(Seashell)、インドのフリント(Flint)、オーストラリアのブロックアーナー(Block Earner)などが含まれる。

セキュリティー: コインベース・ベンチャーズは21年、ブロックチェーンとスマートコントラクトのセキュリティー企業3社、イスラエルのサートラ(Certora)、米サーティック(CertiK)、米フォータ(Forta)に出資した。コインベースは21年11月、仮想通貨のセキュリティーや取引の承認、ポリシーの検証を手掛ける米アンバウンド・セキュリティー(Unbound Security)を買収した。

FXプライムbyGMO、高金利通貨や豪ドル関連の通貨ペアを対象とした【最大100万円】のキャッシュバックキャンペーンを開始!

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、金融商品取引業を営む株式会社FXプライムbyGMO(代表取締役社長 安田和敏、以下FXプライムbyGMO)は、2022年6月1日(水)午前6時より、7通貨ペア(豪ドル/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、豪ドル/ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド)を対象に、新規取引数量に応じて最大100万円をキャッシュバックするキャンペーンを開始いたしました。
<下へ続く>

【本キャンペーン開始の背景】
昨今、原油や金属、穀物など国際商品価格の上昇などによって、世界的にインフレ懸念が一段と高まっていることを受けて、政策金利が高水準の通貨ペアに加えて、資源国通貨の代表である豪ドルを絡めた通貨ペアを対象としたキャッシュバックキャンペーンを開始いたしました。対象通貨ペアを主に取引される投資家の方々にとってメリットをご享受いただけるキャンペーンとなります。

【「本キャンペーン」について】
■7通貨ペアキャッシュバックキャンペーン開催期間

2022年6月1日(水)午前6時~2022年7月1日(金)午前5時59分まで

■キャンペーン対象者
キャンペーンに応募されたお客様
※「口座開設キャッシュバックプログラム」対象のお客様は、本キャンペーンの対象外となります。口座開設キャッシュバックプログラムもあわせてご確認ください。

■キャッシュバック日
2022年7月15日(金)にお客様の代表口座 (選べる外貨口座) へ入金する予定です。
※キャンペーンの内容につきましては、当社の都合により予告なく変更または終了になることもございますのでご了承ください。

■取引条件とキャッシュバック額 取引できる通貨
本キャンペーンにお申し込みいただき、『選べる外貨』での対象通貨ペア(豪ドル/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、豪ドル/ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド)のお取引において、期間中に以下の条件を達成され、かつ、キャンペーン終了時点の『選べる外貨』取引口座残高が30万円以上の方を対象に、7通貨ペアを合計した新規取引合計額に応じてキャッシュバックいたします。

※キャッシュバック例:対象期間中に、豪ドル/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、豪ドル/ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンドを合計した新規取引数量が1,200万通貨となり、キャンペーン終了時点の『選べる外貨』「取引口座残高」が30万円以上のお客様のキャッシュバック額は10,000円となります。

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

スマートフォン版取引アプリの大幅バージョンアップのお知らせ
~FX取引を3つの新機能で強力にアシスト!~

【チャート発注の画面イメージ】

2.トレードレポート機能
お客さまの資産額の推移を可視化する機能です。資産残高の月間・年間推移をグラフで把握できるため、過去のお取引の振返りを容易にし、トレードスキルの向上を支援します。

【トレードレポートの画面イメージ】

3.マーケット情報機能
「レート一覧」の「マーケット」タブを押下することで、暗号資産CFDの価格をはじめ、商品CFD(金・原油・銀)、株価指数CFD(米国NY30・米国S500、米国NAS100)の参考価格を表示いたします。本アプリ内で、各種マーケットの動向を参考にしながらお取引いただけます。

【マーケット情報の画面イメージ】

店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる