トレーディング手法

質問力特集

質問力特集
イメージです

PROVEEDOR NÚMERO 質問力特集 UNO MUNDIAL DE MÁQUINAS AUTOMÁTICAS DE PRUEBA DE FUGAS Y SISTEMAS DE PRUEBA DE 質問力特集 FUGAS PARA LÍNEAS DE MONTAJE O LABORATORIOS.

Después de 47 años, ATEQ es ahora una empresa de 170 millones de euros con oficinas en 40 países que ofrecen venta y servicio a más de 275.000 probadores de fugas instalados en más de 5.000 clientes en todo el mundo.

Desde su posición como 質問力特集 líder mundial en tecnología de prueba de fugas para la industria manufacturera, ATEQ ha desarrollado una gama completa de equipos de control de calidad industrial que van desde probadores eléctricos hasta calibradores de presión / flujo y servicios de calibración de presión / flujo que se pueden rastrear a todos los estándares internacionales. .

Los clientes de referencia incluyen: Ford, GM, Chrysler, Toyota, Nissan, Honda, Mitsubishi, Mazda, Subaru, Hyundai, Kia, Samsung, Daewoo, 質問力特集 Renault, Peugeot, Citroen, Iveco, Land-Rover, Volkswagen, BMW, 質問力特集 Mercedes, Audi, Fiat, Valeo, Nippon-Denso, Delphi, Sony, Toshiba, Baxter, HP, 3M, L’Oreal, Philips, Siemens, Alcatel-Lucent, Schlumberger, Astra-Zeneca, Electrolux, Grohe, Whirlpool, …

なぜ日本人は質問が苦手なのか?AIに存在価値を奪われないために「質問力」を鍛えよ

一橋大学名誉教授。専門は、経営戦略、競争力、グローバル人材。上智大学外国語学部英語学科卒業後、フリーの通訳者として活躍。バージニア大学大学院にて経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院にて経営学博士(DBA)取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーでマネージャーを務めたのち、青山学院大学国際政治経済学部教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授を歴任。これまで日清食品ホールディングス、双日、ライフネット生命保険、富士通、商船三井の社外取締役や日本郵政公社の社外理事などを務め、現在は資生堂、積水化学、TSIホールディングスの社外取締役を務める。世界経済フォーラム「Network of Experts」メンバー。著書に『タルピオット イスラエル式エリート養成プログラム』(共著、日本経済新聞出版)、『戦略シフト』(東洋経済新報社)、『世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ』(日経BP)、『グローバルキャリア』(東洋経済新報社) 『世界級キャリアのつくり方』(共著、東洋経済新報社)など。

なぜ人は「質問すること」に戸惑い、躊躇するのか?

なぜ人は「質問すること」に戸惑い、躊躇するのか? Photo:PIXTA

英国の経済メディア「エコノミスト」のポッドキャストで「人間にできてAIにできないものは何か?」というテーマに対する一般人からの回答結果が紹介されていました。考えさせられたのが2位の「質問すること」です。なぜ「質問すること」は、人間にできてAIにできないのか? 人間の価値を決める「質問すること」の真の意義は何か? このことについて考えてみたいと思います。(一橋大学名誉教授 石倉洋子)

人間にできて
AIにできないもの

回答結果の1位は「死ぬこと」。これには「なるほど」と納得し、それ以上は特に何も感想を持たなかったのですが、いろいろと考えさせられたのが、2位の「質問すること」です。

人間にできてAIにできないことが「質問すること」だとすれば、「どのような質問をするか?」「どう質問するか?」がきわめて重要と思いました。同時に、人間が「質問しない」「質問できない」場合、やがては人間の存在意義をAIに奪われてしまうのではないかとも思いました。

日本と海外のこうした違いを見ていると、特に日本において、「質問すること」の認識を変え、質問するスキルを上げていかないことには、海外に先んじてあっという間に、急速に進化しているAIにその立場を奪われてしまうのではないかと懸念しています。そのような事態に陥る前に「質問力」を高めていくことが、緊急の課題と感じています。

面接官を初めてやる人が知っておきたい質問例7つと面接ノウハウ【面接評価シート付】

自社にあった人材を見極めるための質問

面接では、できるだけ自社にあった人材を見極めたい一方で、限られた時間の中で応募者の全てを知ることは困難です。また売り手市場の中で、必ずしも自社の採用要件を満たす人材を採用できるとは限らないため、採用する際は「何を重視するか?」を考える必要があります。以下の7つの指標を参考に、それぞれの指標の優先順位を決めたり、面接の段階で質問内容を変えたりすることで、自社にあった人材かどうかを見極めましょう。

質問例①コミュニケーションスキルを見る質問

(例)「まずは簡単な自己紹介をお願いします」
シンプルですが、面接の導入部分での質問として使用できます。自分自身のことをいかに端的に分かりやすく相手に伝えることができるか、というプレゼンスキルも確認できます。

(例)「好きなこと・モノは何ですか?」
漠然とした質問ですが、回答の範囲が広いため、どのように回答するか応募者のコミュニケーションスキルを計ることができる質問です。

(例)「上司や同僚とコミュニケーションを円滑にする上で、大事なことは何だと思いますか?」
応募者のコミュニケーションに対する基本的な考え方がわかる質問です。応募者のコミュニケーションに対する考え方を知ることができ、そのポリシーが会社のカルチャーにマッチするかわかれば、採用判断の基準にもなります。

質問例②志向性に関する質問

(例)「ご自身が成長したと実感した瞬間はありましたか?また、それはどんな時でしたか?」
自身の成長を自覚し実感できる人材は、成長意欲が高い人材であると言われています。また仕事のどのような点にやりがいを感じる人材なのかということも判断できます。

(例)「働く上で、あなたのモチベーションを高めるものは何ですか?また、何があなたのモチベーションを下げますか?」
自身でモチベーションを高めれられる人材なのかを見極めるための質問です。募集職種とのマッチ度や、経営理念や自身の成長など、既存の従業員との相性なども確認することができます。

質問例③カルチャーマッチを見る質問

(例)「どのような環境下で働きたいですか?」
「風通しの良い環境」「裁量の大きい仕事を任せてもらえる環境」など、応募者が求めるカルチャーが実際の環境と一致しているかを確認しましょう。

(例)「組織で活動する上で重要だと思うことは何ですか?」
履歴書に記載されていることを中心にこれまでの組織での活動について質問をし、その行動パターンが自社のカルチャーとマッチするかを見極めましょう。

質問例④ストレス耐性に関する質問

(例)「ストレスに感じる時はどんな時ですか?また、ストレスはどのように発散していますか?」
人間関係、仕事、評価などストレスを感じるポイントは人それぞれです。何に対してストレスを感じるのか知ることで応募者の求める働き方を判断することができます。ストレス発散方法についての質問は、セルフマネジメントができる人材かどうかを見極めるために有効です。

(例)人生で挫折を経験したことはありますか?また、その時どう対処しましたか?」
失敗経験や挫折を経験した時にどのように向き合ってきたか、またその際どのような対処をしたかを聞くことで、ストレス耐性とそれに対する課題解決力を把握することもできます。そして現在、その挫折や失敗を乗り越え、ポジティブに考えられているかという点も重要です。

質問例⑤スキルマッチを見る質問

(例)「当社では~などの場面で英語での会話が伴いますが、その程度の英語は話せますか?」
スキルの程度を見極めるために、より具体的な質問をするよう心掛けましょう。

(例)「社内や顧客とのコミュニケーションどのようにとられていましたか?」
基礎的なビジネススキルを見る質問です。PCを使用した業務やメールでのコミュニケーションなどに抵抗感がないかを把握することができます。

(例)「業務においてどのようなツールやシステムを使用していましたか?使う場合、どのようなシーンで使いましたか?」
業務で使用するツールと親和性があるのかはもちろん、そのツール・システムを通じてどのように仕事をしているのかがイメージできます。履歴書に記載があっても、実際のレベル感を直接確認しておくといいでしょう。

質問例⑥仕事の進め方を見る質問

(例)「普段、業務でのToDo管理はどのように行っていますか?」
仕事を進める際に、業務の全体像を把握しているか、細かなタスクを立てて段取り良く進められているか、目標を設定し達成するための細かいステップを考えることができるか、などを意識して聞いてみましょう。

(例)「過去にチームで業務に取り組んだ際、どのような役割に立つケースがありましたか?具体的なエピソードがあれば教えてください」
過去にどのような役割に立っていたかで、応募者の集団での仕事の進め方を知ることができます。

質問例⑦志望度を探る質問

(例)「当社についてどのようなイメージをお持ちですか?」
志望度が高いほど、自社の事業内容や業界について事前に調べて理解を深めていることが想定されます。自社のイメージを的確に捉えられているか、事実とのギャップや偏りがないかを確認しましょう。

(例)「当社で何を実現したいですか?」
会社の事業をどの程度理解し、さらに自身の強みをどのような場面で発揮できるかを確認する質問です。採用後の配置にも役立てることができます。

質問をする際の考え方

質問するときの考え方


評価する際、応募者の「現在」だけでなく「過去」や「未来」について合わせて確認するようにしましょう。過去にどのような経験をし、現在何ができるのかを知ることで、強みやその根拠といった戦力の確認が可能です。またそれを踏まえた上で、なぜ転職し、将来何を実現したいのか?といった具体的な志望動機を問う質問の中で、継続的に戦力になり得るかという定着の確認をすることができます。

【質問力】面接で知りたい情報を求職者から引き出すテクニック

【質問力】面接で知りたい情報を求職者から引き出すテクニック

ロジックツリーイメージ

イメージです

これを用意しておくことで直感的な深掘りの仕方ではなく、全求職者に同じ質問を平等に行うことが出来ます。その結果、ロジカルに選考結果を導くことが出来ます。

場数を踏む

面接のスキルを上げるのに最も効率的で、最も効果があるのは結局のところ場数を踏む事です。面接に慣れていない人や自信がない人は、前述の「ロジックツリー」をPCの画面に出して面接してみてはいかがでしょうか?

場数を踏むごとにどんな質問をすれば、どんな事が分かるかということがだんだん分かってきます。ロジックツリーが自然と頭の中に出てくるイメージです。

他社の面接に行く

これは少し過激な方法かもしれませんが・・・ 面接の勉強をするなら実際に自分が受けてみることもひとつの手です。

受けるなら、自社と近い業種の企業が勉強になるでしょう。

  • こういう質問は、自分のことを理解しようという姿勢を感じられて嬉しかった
  • 面接官のこういう態度は、求職者からすると気分の良いものではなかった

相手を深く知るテクニック「質問返し」

女性の手とPC

今までは人事が一方的に聞くことに関する「質問力」のお話でした。今度は相手から情報を話してくれるよう働きかけるテクニックについてお話します。

面接の最後、残り10分程度で済まされがちな「質問ありますか?」。この時間が実は、求職者の事をより深く理解するために重要な時間だったのです。

こちらからガツガツ質問するだけではなく、「あなたが何について知りたいか、私達も知りたいです」と伝えて、相手が話す時間を作ります。

この質問返しをすることで 3つのメリット があります。

まず 1つ目は、「志望度の高さが図れる」 という事です。

質問があるかどうか聞かれて、「無いです。」という方は自社についてあまり調べてない可能性が高いです。

2つ目は、「本当の価値観や大切にしていること、転職の理由が分かる」 という事です。

  • 残業どのくらいありますか?
  • 有給って取りやすいですか?
  • 朝何時に来ていますか?
  • テロップって文字指定ありますか?
  • フォントの指定ってありますか?
  • デザインではどんなツール使われていますか?

「なぜ気になったんですか?」と深掘りしていくと、さらに向こうから考えや価値観を話してくれますよ。

このように「質問ありますか?」と投げかけて一番最初に出てくることが、本人が最も気にしているところだったりします。

3つ目は、「入社する上で相手の不安を軽減させられる」 という事です。

そこで、会社の雰囲気を口頭で伝えるだけでなくチームメンバーの紹介をしたりしてみましょう。入社のハードルが下げられますよね。何を不安に感じているかが分かれば事前にこちらからフォローすることが出来るのです。

今日のおすすめ

『頭が良くなる議論の技術 』書影

講談社文庫 既刊一覧 公式サイト 講談社文芸文庫 既刊一覧 公式サイト 講談社ノベルス 既刊一覧 公式サイト 質問力特集 講談社BOX 既刊一覧 公式サイト 講談社タイガ 既刊一覧 公式サイト 講談社X文庫ホワイトハート 既刊一覧 公式サイト 講談社ラノベ文庫 既刊一覧 公式サイト 文芸(単行本) 既刊一覧 星海社文庫 既刊一覧 公式サイト 星海社FICTIONS 既刊一覧 公式サイト 群像 公式サイト 小説現代 公式サイト ノンフィクション・学芸

講談社現代新書 既刊一覧 公式サイト ブルーバックス 既刊一覧 公式サイト 講談社+α文庫 既刊一覧 講談社+α新書 既刊一覧 講談社学術文庫 既刊一覧 講談社選書メチエ 既刊一覧 講談社サイエンティフィク 公式サイト 星海社新書 既刊一覧 公式サイト 週刊現代 公式サイト FRIDAY 公式サイト 現代ビジネス 公式サイト クーリエ・ジャポン 公式サイト FORZA STYLE 公式サイト 実用・趣味・ファッション

健康ライブラリー 既刊一覧 こころライブラリー 既刊一覧 介護ライブラリー 既刊一覧 質問力特集 講談社のお料理BOOK 既刊一覧 公式サイト 講談社の実用書 既刊一覧 公式サイト 講談社ARTピース 既刊一覧 公式サイト ViVi 公式サイト with 公式サイト VOCE 公式サイト FRaU 公式サイト mi-mollet 公式サイト Ai 公式サイト ディズニーファン 公式サイト 東京ディズニーリゾート
ガイドブック 公式サイト おとなの週末 公式サイト おとなの週末 お取り寄せ倶楽部 公式サイト ゲキサカ 公式サイト Hot-Dog PRESS 公式サイト ボンボンTV 公式サイト 幼児・児童

青い鳥文庫 既刊一覧 公式サイト YA! ENTERTAINMENT 既刊一覧 公式サイト 講談社の絵本 既刊一覧 公式サイト 講談社の動く図鑑 MOVE 既刊一覧 公式サイト げんき 公式サイト おともだち 公式サイト おともだちピンク 公式サイト おともだちゴールド 公式サイト たのしい幼稚園 公式サイト たの幼 ひめぐみ 公式サイト テレビマガジン 公式サイト NHKのおかあさんといっしょ 公式サイト いないいないばあっ! 公式サイト 講談社こども倶楽部 公式サイト ご案内

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる