通貨ペア

レバレッジはどのくらいにすればいいの

レバレッジはどのくらいにすればいいの
結論としては、レバレッジ1倍ならFXのリスクをかなり減らせます。

財務レバレッジの目安は?製造業ではどのくらいが妥当?

では、一般的には財務レバレッジはどれくらいが良いと言えるでしょうか。一概には言えないのですが、 一般的には2倍を超えないことが優良企業の条件 とされています。
財務レバレッジが2倍というのは、借入金や買掛金等の他人資本と、株主からの出資や今までの利益の積み上げである自己資本との比率がちょうど半々 となります。他人資本に依存しすぎず、また自己資本をある程度活かせていると判断される為、この2倍というのが一つの目安となります。

製造業における一般的な財務レバレッジは?

経済産業省の発表によると、 製造業における財務レバレッジは中小企業で4倍、大企業で2.レバレッジはどのくらいにすればいいの 5倍程度 となります。これは、卸売業の中小企業で5倍、大企業で4倍程度であることに比べて若干低いものと言えます。
これは、 製造業では株主から出資された資本については固定資産などの大型設備に投下されるものの、そこからはその設備を活かして効率的に資金を回すため です。卸売業等では日々の取引量が重要となっている為、他人資本をどれくらい効率的に回すかが重要となってくるのです。

製造業における財務レバレッジの目安は?

製造業であれば一度設備投資をすればその後は償却され簿価が減少していくと考えられるため、新たな設備投資をしなければ総資産は極端に増えることはありません。よって、一般的な優良企業である2倍を超えないというところより若干ハードルが上がり、 1.5倍で超優良企業、2倍を超えなければ優良企業であると言える でしょう。実際に、上場会社でも財務レバレッジが2倍を超えていない企業というのはあまりない理由は、積極的に事業展開している場合はどうしても財務レバレッジが高くなってしまうことによります。

財務レバレッジは気にするな!?

では、製造業において財務レバレッジを1.5倍や2倍等にすることを目指して自己資本を増していくことが需要なのでしょうか。
実は、 財務レバレッジが低ければ低いほど企業が安全ということで重要な指標なのですが、あまり財務レバレッジを気にしすぎるとかえって企業判断を鈍らせます 。

よって、 財務レバレッジは一定の率を目安にしても良いですが、積極的な投資をする場合にはこだわりすぎると経営が委縮してしまうため注意が必要 です。

財務レバレッジを気にしなくても良い企業とは?

財務レバレッジは総資産を自己資本で割って計算されるため、金額ではなく割合としての指標となります。よって、どんなに大きな企業でも町の商店であったとしても同じように扱われてしまいます。
しかし、大企業と町の商店では企業の安全度は同じであると言えるでしょうか。同じ財務レバレッジが2倍であったとしても、大企業の自己資本が1,000億円、町の商店の自己資本が1,000万円であれば、あきらかに大企業の方が安全であると言えます。
よって、 大企業であればある程度の財務レバレッジを確保しているのであれば積極的に他人資本により資金調達をして事業展開をしていくことが考えられます 。現に、ソフトバンクのようにM&A中心で大きくなっている企業であれば財務レバレッジをあまり気にせずに活動しても良いとされます。

FXの高レバレッジは危険!?借金をしないために3つのパターンを検証

レバレッジに潜むリスクと成功のポイント

借金のリスクはゼロになる?

結論としては、レバレッジ1倍ならFXのリスクをかなり減らせます。

なぜなら、レバレッジを使わずに等身大の取引をしていれば、万が一大幅に値が動いたとしても、ロスカットが間に合わない可能性は限りなく低いからです。

1:為替変動が激しい時を避ける

1つ目は、 相場が大きく動くときにポジションを保有しない ということです。

なぜならレバレッジが低くても、為替が乱高下すればその分ロスカットされる可能性は高くなるからです。

2:相場予測が立たない場合は保有しない

2つ目は、 経済指標発表時など、テクニカル分析で 為替予測が立たない場合はポジションを保有しない ということです。


きちんと根拠を持った分析手法により、50%以上の確率で相場の動きを予想した上でエントリーするのがFX
なので、予測がつかない時にまでポジションを持つのは非常に危険です。

3:週をまたいでポジションを保有しない

3つ目に、週をまたいでポジションを保有しないべきです!


なぜなら土日の間に経済状況が変わり、為替レートが大きく下落する可能性があるにも関わらず、 決済取引ができないから です。

結論としては、 悪いニュースが出ても決済できない土日と、週明けの流動性の低下リスクに巻き込まれないようにするため、週末はポジションを持ち越さない ようにすべきです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる