株初心者必見

ローソク足で相場を分析

ローソク足で相場を分析
弱気の持ち合いを表している。売り勢力が強い持ち合いの状態で下落する可能性が高いです。

相場に勝つローソク足チャートの読み方

投稿元:

投稿元:

<目的>
相場に勝つためのローソク足チャートの読み方をマスターする。
ローソク足の役割、分析を理解する。

<メインブランチ>
●ローソク足
ローソク足チャートは5つのシグナルを発している。1.相場基調の強弱 2.売り手・買い手の勢力関係 3.建て玉の需給バランス 4.材料出現後の反応度合い 5.投資家の心理状態
特に投資家の心理状態を素直に表しているため、これを先読みし、他者よりも先んじて仕込み(大底確認後)、冷静に利食い売りを行うことが大事だ。

●投資家心理
・「見たいものしか見ない」・・・押し上げ材料のみ目を向ける一方、悪材料を隅に追いやる。
・「買えば上がる。上がるから買う」・・・バンド・ワゴン効果。個人の行動・意見が多数者の行動・意見に引きずられやすいという群集心理的現象。
・高値づかみの恐怖・・・天井付近では売買件数が急激に減少。株価上昇率が鈍化につれ、次第に利食い売りが始まり、含み益が大きい投資家から入りやすく、高値で買った投資家ほど対応は遅れがちになる。その後、含み益が急速に減少し、やがて含み損となる。体力のない投資家が見切り売りを始めれば、下落に拍車がかかり、パニック売りとなる。

●戦略
・投資家行動を心理面から分析し、勝率アップを目指す。
・全体像を大局的に見て投資判断を下す。
・欲望のコントロール
・ローソク足で最も重要な価格は引け値(終値)
「ヒゲの長さ」「行き詰まり線」「足型の出現位置」

<感想>
初心者でもわかるように事細かく書かれていたので、良書だと思う。
ローソク足の複合線は何十種類もあるので教科書・辞書として使っていきたい。

投稿元:

投稿元:

FXを始めて10か月目に購入。
24時間動いてる為替では酒田五法的なものが当てはまるか?はわからないが、参考までに読んだ本。
昔の人の知恵が詰まっていると思うので暇なときに読み直している。

【初心者必見】FXチャートの見方。ローソク足やヒゲの意味と相場の捉え方を徹底解説

チャートを分析する時の基本になりますので、参考にして頂ければと思います。.ローソク足で相場を分析

レンジ相場

レンジ相場チャート画像

レンジ相場チャート画像

今後どちらに相場が進むか分からない状態で、サポートラインとレジスタンスライン付近まで価格を上下動させ試している展開になります。

トレンド相場

トレンド相場チャート画像

トレンド相場チャート画像

一方向に価格が下がることから、為替相場の中でも一番利益を上げやすい相場になります。

上昇トレンド中の買いポイント

上昇トレンド相場解説チャート画像

上昇トレンド相場解説チャート画像

この一時的に価格が下がったポイントで、買うトレード戦略を「押し目買い」と呼びます。

また赤い水平線を引いたポイントは、一時的に高値となったポイントにもなりますので、そこを上抜いた時点で買う事もできます。

下落トレンド

この下落トレンドは、上昇トレンドよりも値幅が大きくなりやすく、経済ニュースなどでもたまに報道される暴落を起こす事もあります。

下落トレンドと大陰線

下落トレンドと大陰線

下落トレンドと大陰線

下落トレンドと大陰線

下落トレンドが発生すると、この大陰線も出現する可能性が高くなり、下落相場を決定付ける要因となります。

長期的な下落トレンド

長期的な下落トレンド

長期的な下落トレンドの相場では、陰線の値幅が陽線の値幅よりも大きくなることから、本格的に下落し始める前に、売れるポイントを探す事も重要な分析の一つになります。

下落トレンドの売りポイント

下落トレンドの売りポイント

ニュースに流れる円高と円安をUSD/JPYで分析

ニュースに流れる円高と円安をUSD/JPYで分析

USD(アメリカドル)/JPY(日本円)チャート画像

USD(アメリカドル)/JPY(日本円)チャート画像

円高と最安値

円高と最安値

しかし、この時にドル円のニュースが流れるとするなら円高というニュースが流れることになります。

USD/JPYのチャートが安くなると円高になる仕組み

ニュースに戻って見ると円高のニュースは、チャートの最安値である109円77銭の時に報道されやすくなります。

それだけ日本円の価値が上がった事を意味しています。

FX初心者のためのチャートの見方まとめ

これから初めてFX取引を行う予定の方は、まずチャートを表示して解説してきたローソク足の形やトレンドの型を分析できているかどうかチェックする事から始めてみましょう。

銘柄の選び方②(チャート分析)

チャート種類のサンプル画像

では、この移動平均線をどのように使うのでしょうか?
移動平均線は、期間中にこの値段で株を購入した人の平均の取得価格ですので、移動平均線より現在の価格が高ければ割高、低ければ割安との判断が出来ます。また、折れ線グラフですので、上下どちらかに傾く修正があり、その銘柄が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかといった判断材料にもなります。ただし、急激に株価が上下した場合、この指標を見て市場で買い注文や、売り注文が集まることもあり、割高と思っていても株価が上昇するケースなどもあり、相場が乱高下する局面では指標としての機能が働かない場合がある為、注意が必要です。
また、移動平均線の組み合わせで投資のタイミングを図ることも多く、例えば、日足チャートで、株価下落時に25日移動平均線(短期の移動平均線)が、75日移動平均線(長期の移動平均線)を下から上抜いた状況を【ゴールデンクロス】と呼びますが、株価が上昇に転じるサインとされております。

ゴールデンクロスのサンプル画像

デッドクロスのサンプル画像

チャートの形から予測

ローソク足の基本

ダブルボトムとは、株価が下落トレンドから反転して上昇するも、失速し前回つけた安値付近まで下落するも、下げ止まって再び反転した場合にチャートの形がアルファベットの「W」の形になることを指します(下図参照)。前回につけた安値を更新しなかったことで、下落トレンドが終わったと考える投資家が多く、上昇トレンドに転じることが多い為、株価が反転するチャートの形として知られております。「W」の形の中心の高値を上回ると買いのサインだとされております。
また、ダブルボトムより強いチャートパーターンとしてトリプルボトムというチャートパターンがあります。ダブルボトムでは谷が2つ(安値を2回つける)だったのに対し、トリプルボトムでは谷が3つ(安値を3回つける)で、かつ2回目の安値が他の安値に比べて低いチャートの形を示すのが特徴です(下図参照)。3つめの安値が2つめの安値を下回らずに株価が上昇基調に転じたことで、大底をつけた(これ以上株価が下がらない)と判断され、ダブルボトムより強い上昇サインとして知られております。一般的には谷からの上昇時につけた2回の高値を上回ると買いのサインだとされております。
ダブルボトム、トリプルボトムに対して、上昇トレンドの株が天井圏に達した時に現れるのがダブルトップ・トリプルトップになります。保有銘柄が上昇して、売り時が分からない場合などに活用することも可能です。

ローソク足の見方を知るだけでプロ並みの分析ができる

ローソク足の見方と分析方法

お悩みトレーダー

エイク

メンター

ローソク足の組み合わせやパターンの前に、まず ローソク足の読み方や分析方法を知っていますか?

それを知らずに、 いくらローソク足の組み合わせやパターンを知っても使いこなせません よ。

言い換えると、 ローソク足の読み方を理解 すれば、パターンなんて覚えなくてもいいくらいです。

お悩みトレーダー

『でも、ローソク足の基本的な見方や使い方が分からない・・・』

大丈夫です!この記事で、 ローソク足の基本的な見方から応用的な分析方法まですべて解説 ローソク足で相場を分析 しておきます。

・ローソク足がなぜ大切なのか?
・ローソク足の基本的な見方と考え方
・プロトレーダーが必ず見ている応用的な分析方法と戦略の考え方

この記事を、理解できたとき、 あなたは、自分の力でローソク足から相場分析ができるようになります。

世界中が見ている最強の分析ツールとは?

自分がどう思おうが、多くのトレーダーが買いだと思えば、価格は上昇します。売りだと思えば、価格は下落するわけです。
それでは、世界中のトレーダーが何を見て、『Buy or Sell』を判断しているのか?

『ローソク足!』

世界中のトレーダーが、どのような分析方法をしているかは、千差万別ですが、 ローソク足を見て感じ取るものは、万国共通です!

『ローソク足は、世界中のもっとも多くのトレーダーが使っている最強のトレードツールです。』

事実、現在、私は、 『ローソク足を利用したプライスアクション分析』 をするようになってから、インディケーターがチャートからどんどん消えていきました。

ローソク足の値動きを見て、その中にパターンや特徴、方向性を見つけ出し、未来の値動きを予測するプロトレーダーが必ず注目している分析方法が『プライスアクション分析』です。

インジケーターやご自身の手法に組み合わすと抜群の効果を発揮してくれるプライスアクションパターンがいくつかあります。

ローソク足の基本的な見方

まずはローソク足の構成を理解する

ローソク足の見方

『高値(たかね)・安値(やすね)』
『始値(はじめね)・終値(おわりね)』
『陽線(ようせん)・陰線(いんせん)』
『実体(じったい)とヒゲ』

4本値|高値・安値・始値・終値

『4本値』という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
『4本値』とは、ローソク足1本に記されている 『高値・安値・始値・終値』 のことを言います。

【4本値】
高値 ・・・ある一定期間で最も高かった値
安値 ・・・ある一定期間で最も安かった値
始値 ・・・ある一定期間の最初に付けた値
終値 ・・・ある一定期間で最後に付けた値

2種類のローソク足

【陽線】

始値より終値が高ければ、陽線ができます。

陽線

始値より終値が安ければ、陰線ができます。

陰線

しかし、 ローソク足で相場を分析 この当たり前の情報をしっかり整理できるのが、勝てるトレーダー なんです。

実体は事実と相場の正常な評価である

①【実体】は、始値と終値の差。

②【実体】は、事実。相場の正常な評価。

①【実体】は始値と終値の差

始値より終値が高ければ、買い注文が多かったという評価=陽線。
始値より終値が安ければ、売り注文が多かったという評価=陰線。

陽線

しかし、 実体が与えてくれる情報はそれだけではありません。

実体の小さな陽線

つまり、一定期間で、それほど買い注文が入らなかったという評価を意味します。

実体の大きな陽線

つまり、一定期間で、多くの買い注文が入ったという評価を意味します。

実体は、大きさ(勢い)で、一定期間の正しい評価をしてくれます。

②【実体】は事実である

お悩みトレーダー

メンター

陽線と陰線をチャートで解説

①のローソク足の事実

メンター

  • 他のローソク足に比べて 非常に大きな実体 のローソク足。
  • 直近の 6本分の小さなローソク足を飲み込んだ 実体である。(6本分の買い注文を、たった1本の売り注文が飲み込んだ。それほど多くの売り注文が入った。)
  • 陰線 である。

②のローソク足の特徴

メンター

エイク

メンター

以上のように、 実体は、一定期間の事実を教えてくれます。

ヒゲは市場心理を表している

【ヒゲ】は、焦りや不安、迷いの心理。

ヒゲは、

一定期間の中で、高値をつけたが、売り戻されて損失や含み損を抱えている。

一定期間の中で、安値をつけたが、買い戻されて損失や含み損を抱えている。

上記のように、一定期間ではありますが、 焦りや不安を抱いている注文が、ヒゲには存在 しています。

ローソク足のヒゲ

つまり、 ヒゲには、損失や損失を抱えた注文が存在する ことになります。

つまり、 ヒゲは、不安や迷いの集合体 なんです。

メンター

つまり、 下ヒゲのPinbarは、強い買いサイン になるんじゃよ!

ローソク足の期間を分解してマルチタイムフレーム分析で考える

ローソク足のよく使われる期間

時間足を分解してマルチタイムフレーム分析する

ローソク足で相場を分析 ローソク足で相場を分析 ローソク足で相場を分析
時間足 下位時間足のローソク足の本数
5分足 1分足5本分
15分足 5分足3本分
1時間足 15分足4本分
4時間足 1時間足4本分
日足 4時間足6本分
週足日足5本分
月足 週足5本分

次の画像は、 4時間足チャートに、日足のローソク足を重ね合わせた画像になります。

ローソク足の期間

そして、
日足陰線(赤色)の中には、4時間足の陰線ローソク足がが多く、
日足陽線(青色)の中には、4時間足の陽線のローソク足が多い のが分かるでしょうか?

ローソク足の期間②

陰線の日足では、1時間足はダウントレンド。

陽線の日足では、1時間足はアップトレンド。

日足が、陰線から陽線へ切り替わるとき、1時間足では、明確なトレンド転換がありますね。

さらに、 日足の陽線が続くとき、1時間足では、高値が切上がり、安値も切上がり、明確なトレンド継続のサインが出ていますね。

終値の見方と使い方|ブレイク編

ローソク足を使って分析する上で、 終値はとても重要な意味を持ちます。

【実体】は、事実。相場の正常な評価。 ローソク足で相場を分析

つまり、 終値=事実。相場の正常な評価。 となります。

ローソク足の終値の見方と使い方

しかし、赤矢印の実体でブレイクすると、下落が加速していますね。

ヒゲは、不安と迷いであって、事実と評価ではない。

実体は、ヒゲと違い、事実と評価 だからです。

サポートを実体がブレイクしたという事実、ブレイクしたという評価を、多くのトレーダーが確認したから、下落が加速したと考えるべきです。

ヒゲの見方と使い方|トレンドと保合い編

ヒゲについては、先程も解説しましたが、ヒゲは、不安と迷いでしたね。

しかし、ここでは、ローソク足のヒゲの更新に注目します。

ヒゲの位置でトレンドを把握する方法とトレード戦略の考え方

例えば、前日の日足のローソク足で上昇トレンドが確認できれば、次の日は、買いのみの戦略でデイトレードすることができますよね。

ローソク足のトレンドの見方

高値の切上がり、安値の切上がりが確認できるでしょうか?
『高値の切上がり、安値の切上がり』=ダウ理論の上昇トレンド
ですね!

ローソク足のヒゲの見方と使い方

日足のヒゲが、 前日の高値と安値を切り上げる限り、大きなトレンドは買い目線で考えることができます

15分足や1時間足で、急な下落があったとしても、 日足のローソク足の分析ができていれば、落ち着いて買い目線でしっかり待ち構えることができますね!

ヒゲに位置で保合いを把握する方法とトレード戦略の考え方

ローソク足の保合いの見方

つまり、 『保合い状態』 です。

ローソク足の保合いの見方②

つまり、 ローソク足のヒゲの更新がない場合は『保合い』と判断 することができます。

日足のローソク足から『保合い』という判断ができれば、次の日はトレンドフォローはしない方が良いことが分かります。

ローソク足の種類を覚えよう!これだけは知っておきたいローソク足の見方・パターン|FXテクニカル分析・チャートの見方

FXテクニカル分析

こんにちはFX学校の青木です。
私もチャートにこのローソク足を表示しています。
ローソク足はいいですよ。
非常にたくさんの情報が詰め込まれています。

チャートの見方 ローソク足分析上達のポイント!

  1. チャートとの距離感が大事
  2. 流れをつかむ ローソク足の見方

チャートとの距離感が大事

初心者の人は、FXをするとき視界には「今のローソク足」しか目に入っていないと思います。
これはちょっと目線が近すぎます。
寄りすぎです。
ルールを満たす、その瞬間にエントリーしよう!
利益を確定、損切りをする!ときに、目線がチャートに近くなりやすいです。

流れをつかむ ローソク足の見方

ローソク足の一本、ローソク足の二本、三本の組み合わせには確かに意味があるのですが、今エントリーする/今エクジットする という使い方ではなく、、
全体の大きな流れや今の流れを把握するために使う感じにしましょう。

ローソク足とは?

ローソク足

ローソク足というのは、チャートの種類です。ある一定期間の値動きを始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)の4つの値(4本値)を図で表したものです。

こんにちはFX学校の青木です。 FXをはじめると必ずでてくるローソク足 ローソク足って何?誰が作ったの? 基本的な部分を話していきます。 日本人が発明した画期的なチャートがローソク足 テクニカルと言えば、チャートを使って売買の[…]

いろいろなローソク足の種類

陽線のローソク足

陽線のローソク足

始値より終値が高い位置で終わるのが陽線です。

大陽線・陽の丸坊主

大陽線の中でも一方的に買いの勢力が強い足、ヒゲが無いのが特徴です。

大陽線・陽の大引坊主

ローソク足・大陽線・陽の大引坊主

始値から少し下げるものの引けにかけて上昇した形で、買い勢力が強い、上ヒゲが無いのが特徴です。

大陽線・陽の寄付坊主

ローソク足

買い勢力が強め。ヒゲが少しだけ上に出ているのが特徴です。高値から少し下落しているので、前述の2つより少し弱気になります上ヒゲの長さが重要になります。両方に少しずつヒゲが出ている場合もこのチャートとほぼ同様の意味を持ちます。

コマ足・小陽線(踊り場)

ローソク足

上下の幅が狭いローソク足、狭い範囲の陽線で集中的な売買が行なわれている様子。強気のもち合いという意味合いがとられる。ヒゲが長い場合でもほぼ同様の意味を持ちます。

陽のカラカサ

陽のカラカサ

初値から大きく下げて、最終的に初値よりも高いところまで上がったことがわかる。底値圏で出現すると、底値圏を脱出した意味合いが強く、買い気配のローソク足と言えます。

陽のトンカチ

陽のトンカチ

低いところから始まって、途中に大きく上がり、引け前は落ち着いた様子。高値圏で出現すると、下落の意味合いが強いです。注意が必要なローソク足。

陰線のローソク足

陰線のローソク足

始値より終値が低い位置で終わるのが陰線です。

陰線で覚えて欲しいのが、大陰線・コマ足の2種類です。
その他に、ヒゲの長さや実体のおおきさなどにより以下のような細かい種類があります。

大陰線・陰の丸坊主

ローソク足

売り勢力が一方的に強い様子。大きく下げる時にはこのローソク足が出る事が多いです。

大陰線・陰の寄付坊主

ローソク足

売り勢力が強い様子。今後も下落していくことが予想されます。要注意のローソク足です。

大陰線・陰の大引坊主

ローソク足

売り勢力が強い様子。陰の寄付坊主に比べると、多少は勢いが弱いです。両方にヒゲがある場合は陰の寄付坊主と同じ意味になります。

コマ足・小陰線

ローソク足

弱気の持ち合いを表している。売り勢力が強い持ち合いの状態で下落する可能性が高いです。

陰のカラカサ

陰のカラカサ

初値から大きく下げて、最終的に初値よりは少し戻らなかった様子。陽のカラカサと同じで底値圏で出現すると底値脱出の意味合いがあります。これが出たら買いサイン。

陰のトンカチ

陰のトンカチ

低いところから始まって、ザラ場中に大きく上がり、引け前は落ち着いた様子。陽のトンカチと同じで高値圏で出現すると下落のサインとして知られています。これが出たら売りサイン。

同値線・寄付同時線

ローソク足

ローソク足で相場を分析
初値と終値が同じでザラ場中は大きく下げた様子。上昇相場だった場合下降相場に、下降相場だった場合、上昇相場に移行する相場の転換ローソク足として知られています。

ローソク足


下ヒゲがない寄引同事線で、相場の一つの流れが終了しこの後、転換か保ちあいのどちらかへ進むと判断できます。売買する際は次の動きを見てからの方が良いでしょう。

十字線・寄せ線(足長同事線)

ローソク足


上ヒゲと下ヒゲがほぼ同じ長さの寄引け同事線で、売り勢力と買い勢力が激しく攻防している状態で、相場の転換期を示しています。

4値同事足

ローソク足


四本値がすべて同じで柱もヒゲもない寄引同事線で、相場が動いていない状態だが、動き出せば新しい相場へ移行することを示しています。

[sc name="TOP" ] ローソク足の分析 始値と終値が同じ値のローソク足を寄り引け同時線と呼びます。 トンボ・トウバ・トンカチ・十字線・一本線などと呼ばれます。 寄引同時線は、相場の転換時に出現しやすい[…]

2本のローソク足のパターン

はらみ足(はらみ線)

はらみ足


比較的大きい陽線や陰線に小さいローソク足がすっぽりおさまっている型を「はらみ」と言います。

[sc name="TOP" ] はらみ足とは、1本前の陽線や陰線のローソク足の値幅以内で動き それまでの売り方、買い方が小幅な動きの中でせめぎ合っているローソク足の型。 それまでの大きな値動きと小幅なローソク足を 「はらんだお[…]

包み足(つつみ足)

つつみ足


包み足とは、前の足をつつむようにかぶさる形の2本のローソク足の組み合わせです。
はらみ線とは逆で小さな陰陽線のあとに、この陰陽線をつつむ大きな陰陽線が続く型です。
高値圏でのつつみは天井暗示、安値圏でのつつみは底値暗示となります。

[sc name="TOP" ローソク足で相場を分析 ローソク足で相場を分析 ] 包み足とは、前の足をつつむようにかぶさる形の2本のローソク足の組み合わせです。 以下のようなパターンを「かぶせ」ともいいますが、 FXでは引けと寄りが窓をあけることは少ないのであまり発生しませ[…]

こんにちはFX学校の青木です。 ローソク足の話の続きです。今回は2本のローソク足のパターンを見ていきましょう。 トレードをするなら最低限覚えておいて欲しいものをセレクトしていますから、まずは丸覚えしてください。 2本のローソク足の[…]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる