FXってなに

レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説

レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
用語集 元利定額方式とは?

シャープレシオとは? 使い方と注意点、計算方法をわかりやすく解説!

シャープレシオとは? 使い方と注意点、計算方法をわかりやすく解説!

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

リボ払いの手数料はいくら?計算方法や手数料がかからない支払い方法を解説

用語集 元利定額方式とは?

元金と手数料を足した、毎月一定の金額を返済する方式です。 毎月の返済額は変動しないのが特徴です

元利定額方式の支払い例

〈元利定額方式(利用残高50万円 年利15% 毎月1万円返済)の支払い例〉

手数料は利用残高の金額に利率をかけて日割りすることで算出されます。元金が多い返済当初は、1万円のうち6,250円と、6割以上が手数料として支払われています。

ただし、毎月の返済額の大半を手数料が占めるため、元金が減りづらく、返済が長期化しやすい返済方法でもあります。

返済が長期化すればするほど手数料が増えるため、 返済総額が増えてしまう傾向にあります

用語集 元金定額方式とは?

これに手数料を上乗せして支払うため、 毎月の返済額は変動します

元金定額方式の支払い例

〈元金定額方式(利用残高50万円 年利15% 毎月元金1万円と利息返済)の支払い例〉

毎月の返済で確実に一定額の元金を減らせるため、元利定額方式と比べ長期化しにくい点がメリットです。

ただし、返済初期の頃は、元金+手数料の返済額が大きくなるため、 設定金額によっては負担となる 点がデメリットといえるでしょう。

スライド方式

残高スライド方式」とは、利用残高に応じて毎月の返済額が増減する返済方式です。

  • 利用残高が10万円未満=1万円
  • 利用残高が10万円以上~20万円未満=1万5,000円
  • 利用残高が20万円以上~50万円未満=2万円

残高スライド方式のの支払い例

〈残高スライド方式の支払い例〉

一方で、利用残高が変わると返済額が変わる可能性があるため、返済状況の管理がしづらい点はデメリットといえるでしょう。

リボ払いの手数料の計算方法は?返済のシミュレーションをしてみよう

手数料=利用残高×実質年率÷365(日)×利用日数

利用残高が10万円の場合

例えば、リボ払いの利用残高が10万円で、毎月の返済額を5,000円と設定した場合の初月の内訳は、手数料が3,768円、元金が1,232円となります(下の計算例参照)。

手数料は1ヶ月にこれだけかかる!

10万円×15%÷365日×30日= 1,232円
------------------------------------------------------------
1ヶ月の返済で元金はこれだけしか減らない!
毎月の返済額が1万円(返済1回目)の場合

5,000円-1,レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 232円= 3,768円
※元利定額方式、実質年率15%、1年は365日として計算

毎月の返済額 返済回数(期間) 返済総額 うち手数料(総額)
5,000円 24回(2年) 11万5,782円 1万5,782円
1万円 11回(11ヶ月) 10万7,497円 7,497円

利用残高が20万円の場合

毎月の返済額 返済回数(期間) 返済総額 うち手数料額
5,000円 56回(4年8ヶ月) 27万8,954円 7万8,954円
1万円 24回(2年) 23万1,576円 3万1,576円
2万円 11回(11ヶ月) 21万5,001円 1万5,001円
    返済回数(期間)の差:56回-11回= 45回(3年9ヶ月)
    手数料総額の差:7万8,954 円-1万5,レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 001円= 6万3,953円

利用残高が50万円の場合

レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
毎月の返済額 返済回数(期間) 返済総額 うち手数料額
1万円 79回(6年7ヶ月) 78万9,501円 28万9,501円
2万円 31回(2年7ヶ月) 60万3,248円 10万3,248円
3万円 19回(1年7ヶ月) 56万4,195円 6万4,195円
  • 返済回数(期間)の差:79回-19回= 60回(5年)
  • レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
  • 手数料総額の差:28万9,501円-6万4,195円= 22万5,306円

毎月の返済額が少ないほど、返済回数(期間)が増え、 返済総額、手数料総額ともに増えてしまう のです。

手数料がかからない支払い方法や、手数料を抑える方法はある?

手数料を発生させない支払い方法は2つ

  • 「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」を選ぶ
  • 毎月の返済額の設定を、利用限度額いっぱいまで引き上げる

1.「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」を選ぶ

クレジットカードでショッピングする際に、思い切ってリボ払い以外の支払い方法にするというやり方もあります。

対して、「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」は、多くのクレジットカード会社が手数料を無料としています。

家計において支払える余裕があれば、 リボ払いではなく「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」を選ぶとよい でしょう。

2.毎月の返済額の設定を、利用限度額いっぱいまで引き上げる

もし、1回払いや2回払いではなく、リボ払いで支払いたい場合には、毎月の返済額の設定を利用限度額いっぱいまで引き上げるという方法もひとつの手です。

それが難しければ、返済額を利用残高の全額までに引き上げてもいいでしょう。

たとえば、クレジットカードの限度額が30万円だったとき、毎月の返済額の設定を30万円に引き上げれば、29万円を利用した場合でも、 支払いは1回 で済みます。

1回だけの支払いなら、リボ払いでも手数料は無料です 。以降、手数料は発生しません。

ただし、「リボ払いの初回引き落とし手数料のみ無料」、あるいは「カード利用日から最初に到来する締切日までの期間は手数料計算の対象外」などの場合にかぎります。

手数料を安く抑える方法は3つ

次に、リボ払いの手数料を安く抑える方法を見ていきましょう。
手数料を安くするポイントは 「早期」「前倒し」で返済していくこと です。

  • 毎月の返済額を増やす
  • 低金利のローンに乗り換える
  • 「繰り上げ返済」「一括返済」を利用する

1.毎月の返済額を増やす

リボ払いの毎月の返済額を増やすことで、 元金を返済するスピードを上げ、かかる手数料を減らす という方法があります。

  • 毎月の返済で元金を早期に減らすことができ、支払期間が短くなる
  • 支払期間が短縮され、元金も少なくなるため、手数料が減る

2.低金利のローンに乗り換える

  • 10%未満の金利のカードローンもあるため、借入額によっては5%以上の金利分の手数料が安くなる可能性がある
カードローンの種類 手数料(実質年率)
イオン銀行カードローン 3.80%〜13.80%
三井住友銀行 カードローン 1.50%~14.50%
楽天銀行スーパーローン 1.90%~14.50%
PayPay銀行カードローン 1.59%〜18.00%
アコムカードローン 3.00%~18.00%
ファーストプレミアム・カードローン(アイフル) 3.00%~9.レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 50%
フリーキャッシング(プロミス) 4.50%~17.80%
リボ払い※ カードローン※
金利(年率) 15% 10%
毎月の支払額(初回) 3万円 3万円
支払回数 19回 19回
支払総額 56万4,195円 54万547円

毎月の支払額や支払回数は同じですが、リボ払いよりもカードローンの方が 2万3,648円 支払総額を抑えられます。

3.「繰り上げ返済」「一括返済」を利用する

  • 決められた毎月の返済額よりも多い金額を、引き落とし日よりも前に支払うことで、利用残高の一部を減らすことができる
  • 繰り上げ返済をすることで元金(利用残高)が減るので、支払う手数料が少なくなる
  • 一括返済をすると元金がなくなるので、それ以降手数料は支払わなくて済む
  • 元金がなくなることによって手数料が減るので、支払総額を少なくすることができる

リボ払いの手数料が増え、返済できない場合は債務整理も検討を

リボ払いを返済できない場合のリスク

  • カードの利用停止(滞納後1日~)
  • 遅延損害金の発生(滞納後1日~)
  • 信用情報機関に事故情報が登録される (いわゆる「ブラックリストに載る」状態)(滞納後2ヶ月~)
  • カードの強制解約がなされる(滞納後2ヶ月~)
  • 残額の一括請求がなされる(滞納後2ヶ月~)
  • 裁判所からの督促や差押え請求が起こる (滞納後3ヶ月~)

こうした督促も無視したまま延滞していると、 信用情報機関に事故情報が登録 されます。これをいわゆる「ブラックリストに載る」状態と表現することもあります。

用語集 信用情報機関とは?

信用情報機関に事故情報が登録されると、審査に通りづらくなるため、新しい借入れができなくなったり、保証人になれなくなったりといったデメリットがあります。

この通知に対応しないまま一定期間が過ぎると、 債権者が債務者の財産を差し押さえられる(強制執行できる)状態になります

リボ払いの返済を滞納したままでいると、最終的に、預貯金や給与、不動産などの財産が差し押さえられてしまうリスクがあるのです。

債務整理なら将来利息のカットや減額も可能

債務整理には、おもに以下の3種類があります。

任意整理…裁判所を介さずに、債権者と直接交渉をし、原則将来利息などをカットする方法。残金は3~5年で分割払いで返済。

個人再生…裁判所を介して、借金を5分の1~10分の1程度に減額できる可能性がある方法。減額した金額を原則3年(最長5年)で分割払いを行う。

自己破産…裁判所を介して借金を全額免除してもらう方法。

なかでも「 任意整理 」は、リボ払いでの借金を解決する手段としておすすめです。

任意整理のイメージ

〈現在の利用残高が100万円の場合の支払いシミュレーション〉
リボ払いの返済を続けた場合* 任意整理をした場合
返済期間 44回払い(3年8ヶ月) 36回払い(3年)
毎月の返済額 3万円 約2万7,777円
総返済額 130万1,674円 100万円

返済を続けた場合と比べ、毎月の返済額を減らすことができ、最終的な支払総額は 30万円以上減額できる可能性がある のです。

弁護士に任意整理を依頼するメリット

弁護士に任意整理を依頼することで、上記のような 手続きをすべて任せることができます し、借金額や収入状況によっては、任意整理だけでなく、個人再生や自己破産など、ほかの最適な債務整理方法も提案してもらえます。

また、返済を滞納しており、債権者から督促の連絡が来ている場合には、弁護士に依頼し、債権者に受任通知を送付することで、この取り立てをストップさせられる点もメリットです。

リボ払いを滞納してしまい、任意整理や債務整理を検討されている方は、一度弁護士法人・響にお問い合わせください。 相談料は何度でも無料 で承っています。

リボ払いで払いすぎた手数料は戻ってくる?過払い金返還請求とは

なお、クレジットカードなどでお金を借りられる「キャッシング」のサービスをリボ払いで支払う 「キャッシングリボ」を過去に利用したことがある場合には、過払い金が発生している可能性があります

貸付けの上限金利を決める法律は「利息制限法」と「出資法」の2つがあり、利息制限法では15〜20%、出資法では29.2%までと、かつてこの2法の上限金利は異なっていました。

この上限金利の差の金利帯を「グレーゾーン金利」といいます。

グレーゾーン金利とは

これを取り戻す手続きのことを「過払い金返還請求」といいます。

正確な過払い金の計算は弁護士や司法書士に依頼しよう

弁護士法人・響では、 過払い金請求の相談・着手金はいずれも無料 です。キャッシングリボなどによる過払い金請求をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

リボ払いにかかる手数料は、1回分の返済だとさほど大きな額ではないものの、 返済が長期化するにつれ、無視できない金額に増えてしまう

・「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」など、リボ払い以外の支払い方法にする
・返済額の設定を引き上げて、リボ払いの手数料が発生しないようにする
・毎月の返済額を増やす
・「繰り上げ返済」や「一括返済」を活用する
・金利の低いローンに乗り換える

iDeCoを「一時金」として受け取る場合の税金の算出
方法をわかりやすく解説!「年金」や「併給」よりも
「一時金」で受け取るほうが得をするのはどんな人?

facebook-share

今回は特集の中から、iDeCoの受け取り方の一つである「一時金」について掘り下げた記事を抜粋!「一時金」を選択した場合の税金の算出方法や、どんな人が「一時金」で受け取ったほうが得をするのかも紹介するので、参考にしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
⇒iDeCoを始める前に知っておきたい4つのメリットを紹介! 入金時・運用時・出金時に優遇される「3段階の節税効果」に加え、金融機関や商品を選べるのも魅力

iDeCoを「一時金」で受け取ると「退職所得控除」が使える!
税金を算出する際は、勤続年数やiDeCo加入年数が決め手に

ここからは、その中の レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 「一時金」 について掘り下げていこう。

iDeCoを「一時金」で受け取る場合、1回ですべてiDeCoのお金を引き出すことになる。退職金と同じ扱いになるので、 「退職所得控除」 の枠を使える。退職所得の対象となるのは、一括で受け取る退職金(一時金として受け取る企業年金も含む)や、iDeCoの一時金で、退職金がある場合は「退職金+iDeCoの合計額」が退職所得となる。

退職所得控除や退職所得税の計算方法


拡大画像表示

退職所得にかかる税金を計算してみよう!


拡大画像表示

退職金がない自営業者の場合は、iDeCo加入年数で計算する。退職金とiDeCoを同じ年に受け取る会社員の場合は、勤続年数とiDeCoの加入年数を比較して、長いほうで計算する。転職していると、iDeCo加入年数のほうが長い場合もよくあるので注意しよう。
【※関連記事はこちら!】
⇒iDeCoに加入している人が転職・退職した際に必要な手続きをわかりやすく解説! 企業型確定拠出年金の加入者がスムーズにiDeCoに移換する方法も紹介!

退職所得控除額がわかったら、退職所得から退職所得控除額を引いて差額を求める。マイナスになれば税金は0円だ。 控除枠に収まらなくても、課税される退職所得は差額の半分だけになる仕組み となっている。

この仕組みがあることから、「一時金」は「年金」で受け取るのと比較すると、かなり税制面で優遇されていると言えるため、 退職金が少ない人などを中心に、多くの人は「一時金」が最も適している はずだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒iDeCoで積み立てた資産は「年金」より「一時金」で受け取るのが得!「確定拠出年金」で手数料や税金がお得になる「受け取り方法=出口戦略」をFPが解説!

もちろん、「年金」や「併給」のほうが適している人もいる。ダイヤモンド・ザイ1月号の特集「受け取り方で節税効果に差が! iDeCoの出口戦略」では、「年金」「併給」についても、より詳しく掘り下げ、具体例を挙げながら控除額の目安などを紹介しているので、誌面も併せてチェックし、自分にとってベストな出口戦略を見つけてほしい。
【※関連記事はこちら!】
⇒iDeCoに入るべき人、入らないほうがいい人は? 積極的にiDeCoを利用すると得をする3つのタイプと、iDeCoに入らないほうがいい4つのケースを紹介!

大特集は“じぶん年金”づくりに役立つ「増配株&高配当株」を紹介
ダイヤモンド・ザイ1月号をチェック!

ザイ1月号

ほかにも、「1万人アンケートでわかった! 65歳からの年金生活のリアル」 を筆頭に、「“仕組み化”するだけ!【IPO】申し込み&売買ワザ」「年末までラストスパート! 駆け込み【ふるさと納税】72」「人気【毎月分配型】100本の分配金速報データ」「ひそかな人気! 社債は買いなの?」、人気連載「定年退職までのロードマップ『シニアだってつみたてNISA』」など、今月も充実の内容でお届けしている。

「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!ザイ・オンライン編集部おすすめの証券会社はこちら!

「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!詳しくはコチラ!

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「手数料(口座管理料)の安さ」で選ぶ!iDeCoの各種手数料が無料のおすすめ金融機関はこちら!

iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは? はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「運用商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関はココだ!

「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!

iDeCoで人気の投資信託ランキング!SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!詳しくはこちら!

iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説こちら!

iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら

楽天証券のiDeCo

野村證券のiDeCo公式サイトはこちら

大和証券のiDeCo公式サイトはこちら

iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら

大和証券のiDeCo公式サイトはこちら

auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)のiDeCo公式サイトはこちら

iDeCo 三菱UFJ銀行申込みの公式サイトはこちら

注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天証券のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのideco!楽天証券の公式サイトはこちら

マネックス証券のiDeCoは初心者も選び
やすい投信を厳選! 関連記事はこちら

iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら

iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2022年]の関連記事

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2019年9月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!(2019.10.07)

“最強のiDeCo口座”は「SBI証券(セレクトプラン)」! 全世界株型インデックス投信の「低コストランキング」 1位&2位の銘柄に投資できるのは「SBI証券」だけ!(2019.10.06)

iDeCo口座で積立投資できる「バランス型投資信託」の 低コストランキング! 信託報酬0.154%の「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」など3銘柄が同率1位に!(2019.10.05)

「iDeCo口座」で“優秀”なインデックスファンドに投資 するなら「SBI証券(セレクトプラン)」がおすすめ! コストや成績が優秀な投信がある金融機関はココだ!(2019.10.04)

iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2022年] バックナンバー

iDeCoで投資できる投資信託の「トータルリターン」 ランキング(2022年3月)公開! SBI証券の「iDeCo 口座」で積み立てられる投資信託の騰落率第1位は?(2022.04.12)

iDeCoで投資できる投資信託の「トータルリターン」 ランキング(2022年2月)公開! SBI証券の「iDeCo 口座」で積み立てられる投資信託の騰落率第1位は?(2022.03.09)

iDeCoで投資できる投資信託の「トータルリターン」 ランキング(2022年1月)公開! SBI証券の「iDeCo 口座」で積み立てられる投資信託の騰落率第1位は?(2022.02.10)

iDeCoで投資できる投資信託の「トータルリターン」 ランキング(2021年12月)公開! SBI証券の「iDeCo 口座」で積み立てられる投資信託の騰落率第1位は?(2022.01.13)

iDeCoで投資できる投資信託の「トータルリターン」 ランキング(2021年11月)公開! SBI証券の「iDeCo レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 口座」で積み立てられる投資信託の騰落率第1位は?(2021.12.09)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 6.3) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2)

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編 レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編 レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい? レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

tel

03-5219-6552

2020年8月26日 2021年12月23日 資産運用

投資信託の手数料とは?計算方法や価格の差も解説

資産運用画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

投資信託の手数料とは

売買委託手数料

  • 売買委託手数料:50万円×0.03(3%)=1万5,000円
  • 支払い総額:50万円+1万5,000円=51万5,000円

ノーロード投資信託

信託報酬(管理手数料)

信託報酬を安くする方法

信託財産留保額(解約手数料)

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

投資信託にかかる手数料の計算方法

売買委託手数料の場合

  • 売買委託手数料:30万円×0.02(手数料2%)=6,000円
  • 税額:6,000円×0.1(10%)=600円
  • 購入に必要な総額:30万円+6,レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説 000円+600円=30万6,600円
  • 信託報酬:30万円×0.02(手数料2%)=6,000円
  • 税額:6,000円×0.1(10%)=600円
  • 1年間に要する手数料:6,600円
  • 1日単位の手数料:6,600円÷365日=約18円

信託財産留保額

  • 信託財産留保額:100万円×0.003(0.3%)=3,000円
  • 最終的に受け取る金額:100万円-3,000円=99万7,000円

投資信託にかかる手数料一覧

レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
手数料の種類 支払うタイミング 割合の目安
売買信託手数料 購入時 0%~3%
信託報酬 保有期間中/td> 0.5%~3%
信託財産留保額 解約時0%~0.3%

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

投資信託の2つのタイプと手数料の関係性

インデックスファンドと手数料

アクティブファンドと手数料

意外と比較検討が難しい投資信託は専門家と相談して決める

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

芦田ジェームズ 敏之

芦田ジェームズ 敏之

【代表プロフィール】
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

投資信託のご案内画像

ランキング

資産運用画像

提案画像

定期預金画像

資産運用画像

確定申告画像

定期預金画像

資産運用画像

資産運用画像

株価の写真

bg

資産運用

bg

相続対策

お問い合わせ CONTACT

tel

03-5219-6552

不動産売却の手数料でダマされない!計算式やポイントを解説

不動産を売却するときには、不動産会社が売主と買主のサポートをしてくれます。
「仲介手数料」とは、 売買を仲介した不動産会社に報酬として支払うお金 です。
不動産会社の営業活動が実り、買主と売主の間で売買契約が結べた際に「成功報酬」として仲介手数料を支払います。
売却を途中で断念したり、物件を不動産会社に買い取ってもらう場合には、仲介手数料は発生しません。
また、複数の不動産会社に売却を依頼している場合には、買主を見つけて売買契約を成立させた不動産会社だけに仲介手数料を支払います。

1-1.仲介手数料の上限

レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
売買価格 仲介手数料 税込仲介手数料(消費税10%)
200万円 10万円+消費税(ただし特例あり→1-3で解説) 11万円
400万円 18万円+消費税 19.8万円
500万円 21万円+消費税 23.1万円
1,000万円 36万円+消費税 39.6万円
2,000万円 66万円+消費税 72.6万円
3,000万円 96万円+消費税 105.6万円
4,000万円 126万円+消費税 138.6万円
5,000万円 156万円+消費税 171.6万円
6,000万円 186万円+消費税 204.6万円
7,000万円 216万円+消費税 237.6万円
8,000万円 246万円+消費税 270.6万円
9,000万円 276万円+消費税 303.6万円
1億円 306万円+消費税 336.6万円

売買価格 仲介手数料の上限
200万円以下の部分 売買価格の5%+消費税
200万円超400万円以下の部分 売買価格の4%+消費税
400万円超の部分 売買価格の3%+消費税

A:「200万円以下の部分」
B:「200万円を超えて400万円以下の部分」
C:「400万円を超える部分」

A:200万円以下の部分・・・200万円×5%
B:200万円超400万円以下の部分・・・200万円×4%
C:400万円超の部分・・・1,600万円×3%

(売買価格×3%+6万円)×1.1

(2,000万円×3%+6万円)×1.1=72.6万円

1-2.仲介手数料を支払うタイミング

支払いのタイミングは契約する不動産会社により異なりますが、 契約時に50%、引き渡しの際に50%と2回に分けて支払うのが一般的 です。
不動産会社と「媒介契約」を締結する際に、支払いのタイミングについても説明を受けて、支払い時期までに資金を準備しておきましょう。

1-3.仲介手数料には2つの「例外」がある

(1)依頼者が特別に依頼して発生した費用の実費は請求される場合がある
  • 売主の希望で遠方の購入希望者と物件の交渉をしたときの交通費
  • 売主の依頼で新聞や雑誌に広告の掲載をした場合の広告費

このような費用は仲介手数料とは別に請求される場合があります。
仲介手数料は、あくまでも「通常業務に対して支払う費用」です。
そのため、売主の強い要望により発生した費用や、通常の仲介のレベルを超えた特別な費用に関しては、全額請求されてしまう可能性があるので注意しましょう。
ただし、このような特別な費用が請求できるのは、 事前に依頼者の了解を得た場合だけ と決められています。

(2)低廉な空き家等の売買の特例

2018年1月1日より「低廉(ていれん)な空家等の売買取引における媒介報酬額の特例」が施行されました。
これは「低廉な(=値段の安い、安価)400万円以下の不動産売買は、売主から受け取る仲介手数料に調査費用を上乗せでき、上限額は18万円+消費税とする」という内容です。
「400万円以下なら仲介手数料は一律で18万円」というわけではありません。

この法改正の目的は、近年社会問題になっている空き家の流通を促進させることです。
空き家の売却は、通常よりも現地調査や交通費などの費用が発生しやすいのに売買価格が低いため、不動産会社にとっては利益が薄く仲介が難しい案件でした。
この特例により、必要経費をプラスして最大18万円+消費税まで売主に請求することができるようになったので、特例以前より取引が活発に行われるようになりました。

追加される費用については、媒介契約を締結する時に 不動産会社から説明を受け、双方で合意する必要があります 。
実際に根拠となる費用の明細も提示してもらいましょう。

2.不動産売却で発生する「仲介手数料以外の費用」

不動産売却時には仲介手数料以外にも様々な費用が発生します。
「印紙税」「登記費用」「その他の費用」について見ていきましょう。

2-1.印紙税(印紙代)

印紙税は、不動産売買を行う際に必ず納めなければならない税金です。
買主と売主が「不動産売買契約書(不動産譲渡契約書)」を交わす際、収入印紙を契約書に貼り、印鑑で割印することによって、納税を果たしたことになります。

レバレッジのかけ方や計算方法をわかりやすく解説
契約金額 本則税率 軽減税率
10万円を超え 50万円以下のもの 400円 200円
50万円を超え 100万円以下のもの 1千円 500円
100万円を超え 500万円以下のもの 2千円 1千円
500万円を超え1千万円以下のもの 1万円 5千円
1千万円を超え5千万円以下のもの 2万円 1万円
5千万円を超え 1億円以下のもの 6万円 3万円
1億円を超え 5億円以下のもの 10万円 6万円
5億円を超え 10億円以下のもの 20万円 16万円
10億円を超え 50億円以下のもの 40万円 32万円
50億円を超えるもの 60万円 48万円

2-2.登記費用

不動産の売却で必要になる登記は、抵当権抹消登記と所有権移転登記です。
所有権移転登記の費用は、 買主の側で負担してもらえるのが一般的 です。

抵当権抹消登記の費用は 売主の負担となりますが、およそ2万円~3万円程度です。
「抵当権の抹消」は、売却物件について住宅ローンを借りていた場合に必要となります。
金融機関にローンの全額を返済し、金融機関が設定していた「抵当権」を抹消するための登記手続きです。

  • 登録免許税:不動産1個につき1,000円(例えば建物1棟と土地1筆なら2,000円)
  • 司法書士への報酬:1万円~2万円前後

2-3.その他の費用

  • 内覧前または引き渡し前のハウスクリーニング費用
  • 土地の面積や境界線を明確にするための測量費用
  • 住宅ローンの繰り上げ返済手数料
  • 古い家の取壊し費用
  • 引っ越し費用

予算に組み入れるのを意外と忘れがちなのが、引っ越し費用です。
家を売却する場合、当然売主は別の場所へ引っ越す必要があります。
新居へ入居する前に一度仮住まいに移り住む場合は、「旧居から仮住まいへの引っ越し」と「仮住まいから新居への引っ越し」と2回になり、仮住まいの敷金等も必要になる可能性があります。
売却のスケジュールしだいで引っ越し費用も影響を受けるので、どのタイミングで不動産を引き渡すのかを不動産会社としっかり相談しておきましょう。

不動産売却塾 コラム


“不動産売却の後にかかるお金も覚えておこう!”

不動産の売却で利益が出たら(買ったときよりも高く売れたら)、誰にとっても嬉しいですよね。
でも、売却後に税金がかかる場合があるので、 利益が出ても全部使わないで残しておきましょう 。
芸能人が「ブレイクした翌年の税金が高い」といっているのを耳にしたことがあるかもしれませんが、ざっくり言えば同じ原理です。
具体的には所得税と住民税、健康保険料に注意してください。

不動産を売却して利益が出たら、所得税や住民税が課税される可能性があります。
利益が出た場合には、売却の翌年に確定申告を行わなくてはなりません。
所得税・住民税を合わせた税率は、 所有期間5年以下なら約39%、5年超なら約20% となります。
ただし、マイホームを売却した場合には、利益が3,000万円までなら税金がかからない特例制度があります。
税金の正確な計算は複雑なので、詳しくはこちらの記事をご覧いただくか、税務署等にご相談ください。

自営業の方などが加入している国民健康保険の場合は、不動産売却で利益が出た場合、翌年のみ健康保険料が上がる可能性があります。
その理由は、国民健康保険では、「所得」を保険料の算定基準にしているからです。
ただし、マイホームを売却した場合は3,000万円の特別控除を受けられることが多いので、一般的な住宅の売却なら国民健康保険料が上がるケースは多くありません。
また、会社員や公務員の場合は「給与」によって保険料が決まるので、不動産の売却は健康保険料に影響しません。

3.仲介手数料で騙されない!不動産会社選びのポイント

売主と買主の間に入り、様々な手続きをサポートしてくれる不動産会社。
信頼できる会社を選ぶにはどんな点に注意すればいいでしょうか?
2つのポイントがありますので、順番にご紹介します。

3-1.仲介手数料について誤った説明をする不動産会社は選ばない

上限通りの手数料を求めてくる不動産会社がほとんどではありますが、 法律で決まっているのは、あくまでも「上限額」 です。
このように自分に都合のいいように事実を曲げて説明する不動産会社は、他の面でも信頼できるかどうか疑問符が付きます。

仲介手数料以外の費用を当然のように請求されても、支払いの義務はありません。
ごく一般的なチラシや広告など、通常の仲介業務の範囲で発生する費用は、仲介手数料に含まれます。
依頼者の要望で通常のレベル以上の特別な宣伝をした場合などに、別途費用が請求される場合がありますが、これは 事前の説明や合意が必要 です。

仲介手数料は「売買契約が成立したとき」に請求権が発生します。
にもかかわらず早々に仲介手数料の一部を請求された場合、支払いの義務はないので断りましょう。
もし売買が成立しなかった場合、取り戻すことができなくなるかも知れません。
また、売買契約が成立したらすぐに仲介手数料の全額を支払うべきかというと、そうとは限りません。
不動産の引き渡しまでには、まだまだたくさんの工程があります。
「契約時半金、引き渡し時半金」とするか、引き渡し時に全額支払うのがおすすめです。
どのタイミングで何割の仲介手数料を支払うかは、不動産会社と「媒介契約」を締結する際に確認しましょう。

3-2.仲介手数料の値引きだけで不動産会社を選ばない

先ほども触れましたが、法律が定めているのは仲介手数料の「上限」ですが、上限どおりの金額を請求する不動産会社がほとんどです。
そんな中、「仲介手数料半額」などを売りにしている不動産会社は売主にはとても魅力的に映るでしょう。
しかし、 安さだけで不動産会社を決めてしまうのは危険 です。

売主にとっての最優先事項は、「売却物件そのものをスムーズに高く売ってくれるか」ということ。
中古物件市場は、営業マンの売り方次第で、金額が何百万円も変わってくるものです。
例えば約2,000万円の物件の場合、仲介手数料が半額なら約36万円の節約になります。
でも、本来なら2,000万円で売れるはずの物件なのに、不動産会社の力不足のために1,900万円でしか売れなかったら、単純に損です。

仲介手数料だけで不動産会社を選ぶのは避けましょう。
親身に対応してくれるのか、どんな戦略で売出してくれるかなどをきちんと説明し、誠実に対応してくれる不動産会社を選ぶことが、不動産売却を成功させる秘訣です。

とはいえ、「高くスムーズに売る力があって、誠実でサービスも良い不動産会社」を見つけるのは、なかなか大変です。
そんなときは「不動産売却 HOME4U (ホームフォーユー)」を利用していただくと、売りたい不動産のエリアや種類に応じて、最適な不動産会社を探すことができます。

不動産売却HOME4U

「不動産売却 HOME4U」はNTTデータグループが運営しており、登録されている企業は厳しい審査を通過した優良で実績豊富な不動産会社に絞られています。
優良な不動産会社を見つけ、まとめて査定を依頼するところまで簡単に完了するので、あとは自宅で連絡を待つだけ。
いくつかの不動産会社の査定結果を見比べて、営業担当者の対応も比較してみてください。
良心的で信頼できる不動産会社がきっと見つかるはずです。
不動産会社選びで失敗したくない方にぴったりの無料サービスなので、ぜひご利用ください。

それではおさらいです。
不動産売却時には、仲介手数料、印紙代、登記費用、その他の費用がかかります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる