暗号資産速報

ローソク足の見方とは

ローソク足の見方とは

④先ほどの切り取った部分をぎゅっと小さくしたら、⑤ 始値と終値が実体となり 、その 実体 と 高値 の価格差が “上ヒゲ” 、 実体 と 安値 の価格差が “下ヒゲ” として残り、⑥ローソク足が完成しました❗

株式投資「ローソク足」の見方、使い方!【+サイン(シグナル)】

ローソク足がたくさん並んでいる。

記事の信頼性を表す画像。ミヤビ屋ブログ管理人ミヤビ屋のアイコンと紹介を表示している。

ミヤビ屋 @miyabiya_gimlet

株式投資のローソク足とは何か?

ローソク足とは、 一定期間の相場の始値、高値、安値、終値を一本の棒状の形にあらわしたもの です。

このローソク足を並べていき、相場の流れをあらわしたチャートを 「ローソク足チャート」 と言います。

ローソク足の歴史は古い

ローソク足は、江戸時代大阪堂島の米相場で巨万の富を築いた本間宗久さんが考案し、明治になり確立されました。

その手法は 「酒田五法」 と呼ばれる、 投機の技術 です。

5つのパターンが基本となり「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」があります。

ローソク足から何がわかるのか?

株価はいくらで始まり高値安値の株価はいくらだったのか、また株価はいくらで終わったのかが分かります。

ローソク足の構成と見方、読み方

ローソク足の構成は、株価を 「4本値」 であらわし、 「陽線」 と 「陰線」 の2種類に分けられます。

株式投資のローソク足の構成の説明。

陽線である白色(赤) のローソクは株価上昇、 ローソク足の見方とは 陰線である黒い(青) のローソクは株価下落をあらわします。

株価を示す「4本値」

4本値は以下のことを言います。

  • 始値(はじめね)」一定期間の最初に取引された株価。
  • 終値(おわりね)」一定期間の最後に取引された株価。
  • 高値(たかね)」一定期間の最も高く取引された株価。
  • 安値(やすね)」一定期間の最も安く取引された株価。

始値が安く終値が高いローソク足を 「陽線」 と言います。

胴体部短ければ勢いが弱く長ければ勢いが強かったことをあらわします。

始値が高く終値が安いローソク足を 「陰線」 と言います。

胴体部短ければ勢いが弱く長ければ勢いが強かったことをあらわします。

ローソク足の ローソク足の見方とは 「ヒゲ(影)」 は、高値と安値を表し、高値圏安値圏での売買が強気なのか弱気なのかが判断できます。

上昇トレンドが長く続いた後に出現 すると、 天井圏に近い可能性 があります。

下落トレンドが長く続いた後に出現 すると、 底値圏に近い可能性 があります。

また、ヒゲのついていないローソク足は「丸坊主」といいます。

株式「板情報」の見方、読み方をマスター!【+見せ玉立ち回り】

ローソク足の作り方

陽線陰線のそれぞれの例を図解します。

ローソク足の作り方-陽線の作り方を図で表している。

陽線の作り方

ローソク足の作り方-陰線の作り方を図で表している。

陰線の作り方

ローソク足の期間

ローソク1本があらわす期間は変更ができます

  • 分足(ふんあし)」分単位での値動きをあらわす。※1分足、3分足、5分足、その他選択ができます。
  • 日足(ひあし)」1日の株価の動きをあらわす※1日で1本のローソク。
  • 週足(しゅうあし)」週単位での値動きをあらわす※1週間で1本のローソク。
  • 月足(つきあし)」月単位の値動きをあらわす※1ヶ月で1本のローソク。
  • 年足(ねんあし)」年単位の値動きをあらわす※1年で1本のローソク。

期間が長い方が、信頼性が高いデータ となるので、 期間が長いチャートから短いチャートの順で見る ことが 定石 とされます。

どの期間の足を中心に使うのかは、取引のスタイルによります

  • 分足:デイトレード。
  • 日足、週足:数カ月~半年。
  • 月足、年足:長期保有。

【使い方】ローソク足から「サイン(シグナル)」を見る

ローソク足は、胴体部分の長さによって 「大陽線」「小陽線」「大陰線」「小陰線」 に分けられます。

ローソク足の種類一覧を図で表している。

ローソク足の種類

大陽線は胴体が長く、 始値から終値まで5%ほど上昇したローソク足 のことを言います。

大陽線と小陽線には明確な線引きはなく、 上昇幅が3%以下のローソク足を小陽線 と言います。

反対に大陰線株価が下落 することをあらわします。

また、始値と終値が同じ価格だったときに現れるローソク足を 「十字線(寄引同時線)」 といいます。

株価が変動しにくい状況をあらわします。

下ヒゲが長い場合は、株価が下がった後に急反発し、株価が上昇しやすいことをあらわします。

反対に、上ヒゲが長い場合は、株価が上昇した後に急落し、株価が下落しやすいことをあらわします。

高値圏と底値圏上ヒゲ下ヒゲの長さで、どんなサインかが違ってきます。

以下に図で「サイン(シグナル)」の例を示します。

ローソク足1本での買いのサイン(シグナル)を図で表している。

ローソク足1本での売りのサイン(シグナル)を図で表している。

【使い方】ローソク足2本から「サイン(シグナル)」を読む

ローソク足は1本でも意味を持ちますが、分析精度を上げるために 二本の組み合わせ も理解しましょう。

不連続線(窓)

不連続線とは、二本のローソク足が株価に 間を明けて並んでいるもの です。

この二本のローソク足の間を「窓」と言います。

ローソク足の不連続線・陽線を図で表している。

ローソク足の不連続線・陰線を図で表している。

窓は人気の片寄りをあらわします。

上昇トレンドでは「押しは窓まで」下降トレンドでは「戻りは窓まで」と言われ、株価の押し目、戻りは窓を埋めるところまでという意味になります。

連続線のパターンは数多くあるので、基本パターン代表例を挙げます。

大きい陰・陽線に小さい陰・陽線がおさまっている(はじめにある大きいローソク足の胴体部に、小さいローソク足が納まっている)パターンを「はらみ」と言います。

小さな陰・陽線のかわりに「十字線(寄引同事線)」が高値で出現すれば天井、下値で出現すればの確認になることが多いと言われています。

ローソク足の連続線・はらみ線を図で表している。1例目。

ローソク足の連続線・はらみ線を図で表している。2例目。

はらみ線とは反対で小さな陰・陽線のあとに、大きな陰・陽線が続く(はじめにある小さいローソク足が、大きいローソク足の胴体部に納まっている)パターンです。

高値圏でのつつみは天井安値圏でのつつみは底値 となる可能性をあらわします。

小陰陽線が「十字線(寄引同時線)」の場合は、信頼度が高まります。

ローソク足の連続線・つつみ線を図で表している。1例目。

ローソク足の連続線・つつみ線を図で表している。2例目。

上昇途中で上放れて寄りついたあと、前日の値幅内で引けた線を「かぶせ」といいます。

前日の陽線の安値を切らなければ、押し目買いのポイントであり、かぶせの 高値を上抜いたら「買いシグナル」 です。

当日終値が前日陽線中値を下回れば、 長期上昇基調の場合、売りシグナル になります。

ローソク足の連続線・かぶせ線を図で表している。1例目。

ローソク足の連続線・かぶせ線を図で表している。2例目。

【使い方】ローソク足チャートから「サイン(シグナル)」を見抜く

二本の組み合わせよりも、分析精度を上げるためにローソク足チャートパターンも理解しましょう。

買い「サイン(シグナル)」の例

ローソク足チャートでの買いのサイン(シグナル)の一つ「なべ底」を図で表している。

なべ底は、 1~3か月もみ合った後、下値を切り上げるパターン です。

トレンドが長く低迷すると鍋の底のような形になります。

下値を切り上げた後は、1~3か月上昇することが多いですが、底値圏で何度も上げ下げするので、 上放れた陽線が出てからが買いのタイミング です。

ローソク足チャートでの買いのサイン(シグナル)の一つ「たくり線」を図で表している。

たくり線は、安値圏の下ヒゲが長く胴体が短い陰線である 「陰のカラカサ」があらわれ、上昇へと転換するパターン です。

三川明けの明星

ローソク足チャートでの買いのサイン(シグナル)の一つ「三川明けの明星」を図で表している。

明けの明星は、 底値圏の上窓明けのパターン で買いサイン(シグナル)になります。

売られ続けた底値圏で「陰線→(下マド明け)小陽線→(上マド明け)丸坊主陽線」の形を、下げ相場の終わりとした後、底入れから強い立上りの買いパターンとなるものです。

このパターンがあらわれると 大きく上昇を期待 されてきました。

三川明けがらす

ローソク足チャートでの買いのサイン(シグナル)の一つ「三川明けがらす」を図で表している。

明けがらすは、 黒三兵(三羽ガラス)と言われる陰線が3本続いた後に、赤三兵と言われる陽線が3本続くパターン です。

上ヒゲが無いものほど強い形 と言われています。

三空叩き込み

ローソク足チャートでの買いのサイン(シグナル)の一つ「三空叩き込み」を図で表している。

三空叩き込みは、 下落して3回連続で窓を空けたパターン で転換をあらわします。

投売りの最終局面によく見られ、現物株よりも信用銘柄での出現が主です。

投げが投げを呼び下窓を空ける成り行き売りとなり、 投売りが出尽くせば、転換し短期での買い場 になります。

陰の陰はらみ

ローソク足チャートでの買いのサイン(シグナル)の一つ「陰の陰はらみ」を図で表している。

売り「サイン(シグナル)」の例

三尊の別れ

ローソク足チャートでの売りのサイン(シグナル)の一つ「三尊の別れ」を図で表している。

三尊の別れは、別名 「トリプルトップ」とも言われる天井型の典型 です。

3度、高値チャレンジを繰り返し上昇しないと天井形成だという観測が強まり、買い方は手仕舞いを急ぎ下げに転じます。

三川宵の明星

ローソク足チャートでの売りのサイン(シグナル)の一つ「三川宵の明星」を図で表している。

宵の明星は、上昇局面での 「大陽線→上窓空けてヒゲも胴体も短い陽・陰線(コマ足)→下窓空けて大陰線」のパターン です。

コマ足の代わりに十字線(寄引同時線)が出た場合は「宵の十字星」といい、より強い売り転換のサイン(シグナル)となります。

三兵三羽崩れ

ローソク足チャートでの売りのサイン(シグナル)の一つ「三兵三羽崩れ」を図で表している。

三兵三羽崩れは、 三本目の上放れ陽線が、陰線で包まれて上げ止まり、下放れ陰線がさらに2本続くパターン です。

黒三兵(三羽からす)は天井をあらわします

ローソク足チャートでの売りのサイン(シグナル)の一つ「首吊り線」を図で表している。

三空踏み上げ

ローソク足チャートでの売りのサイン(シグナル)の一つ「三空踏み上げ」を図で表している。

上昇して ローソク足の見方とは 三回連続で窓を空けたパターン は転換を表します。

三空叩き込みの反対のパターンです。

陽の陽はらみ

ローソク足チャートでの売りのサイン(シグナル)の一つ「陽の陽はらみ」を図で表している。

売りが集中し、前日の始値よりは高く寄りついたが伸びきれず、前日より安く引け転換をします。

記事を読んで、ローソク足がどのように構成され、活用するのかが理解できたと思います。

様々なサインの例がわかったので、活用していきます!

NISA(ニーサ)・つみたてNISA!税制優遇制度どっちを始める?
楽して生活!不労所得の選び方・作り方【工数×リターン×再現性】
なぜ、副業は会社にばれるのか?

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!よろしければ、ブログやSNSで、「ミヤビ屋ブログ」をご紹介ください!

ページ上部下部「シェアボタン」 があります。よろしくお願いします♪

不動産投資の不労所得はサラリーマンにオススメ!
【初心者も簡単】WordPressブログの始め方!mixhostがおすすめ!
読書が苦手な人はオーディオブックがおすすめ!耳で読むインプット!
副業、簡単スタート!クラウドワークスとランサーズ、どっちがいい?
メルカリは副業初心者にオススメ!稼ぐには不用品売買から始める!
証券会社ランキング!売上・預かり資産・口座数をランキングで検証!

証券会社ランキング!売上高1位は!? 【1位】野村證券 1.6兆 【2位】大和証券 5761億 【3位】SBI証券 5411億 (※2022年3月期時点) 売上高1位は圧倒的に『野村證券』です。 機関 .

投資家の職業欄はどうなるの?クレジットカードを作れるのか調査!

投資家は職業が無職になる?作れるクレジットカードはある? 投資家は無職? 投資家という職業の扱いは認められつつはありますが、日本での扱いはグレーです。 職業の説明でポイントは2つです。 継続的に労働を .

証券会社の仕事内容とは?営業や事務の仕事内容を紹介!

証券会社の仕事内容を紹介!法人営業とは?資格はいる? 法人営業の仕事内容 証券会社の法人営業は、大きな資金を扱うような顧客を対象にした営業になります。 顧客は、大企業・機関投資家・公共機関などです。 .

投資信託で稼ぐ!お任せ資産運用の始め方【+おすすめ証券会社】

お任せ運用の投資信託は初心者にオススメ 投資信託は、投資の中でも取り組みやすい資産運用です。 どんなものかを、カンタンに説明していきます。 投資信託ってどんなもの? 投資信託は、多くの投資家から資金を .

株式投資の入門本!目的別おすすめを紹介!

株式投資入門本!売れてる本のおすすめ! 売れている本のオススメは、『いちばんカンタン!株の超入門書』です! いちばんカンタン!株の超入門書 『いちばんカンタン!株の超入門書』は、株式投資の入門本として .

ローソク足の見方【FXで勝つためのテクニカル分析 #2】

以前の記事(「テクニカル分析とは?」)でもご紹介しましたが、テクニカル分析をするにあたっては、過去の値動きをグラフ化した「 チャート 」というツールが必要不可欠となります。折れ線グラフ、バーチャート、ローソク足などチャートの値動き表示にもいくつかの種類があり、日本では「 ローソク足 」が主流です。このページでは、ローソク足の見方やそれを利用したチャート分析について解説していきます。チャート分析の基礎となる内容ですので、ポイントを押さえておいてくださいね。

ローソク足とは?

ローソク足 とは1日や1時間といった一定期間の為替レートの変動をひとつの記号に表したものです。記号がろうそくの形に似ているので「ローソク足」と呼ばれています。

1本のローソク足には「 始値 」「 終値 」「 高値 」「 安値 」の4つの情報が詰まっています。

ローソク足は始値より終値が高く為替レートの上昇を示す「 陽線 」、始値より終値が安く為替レートの下落を示す「 陰線 」に大別できます。

始値と終値の間にあるローソク足の太い部分は「 実体 」または「 」と呼ばれ、実体の上下にちょんと出た細い線は「 ヒゲ 」と呼ばれます。

チャートの時間軸

1本で1時間の値動きを示すローソク足で構成されるチャートは「1時間足」、1本で1日の値動きの場合は「日足」 と呼ばれます。トレードスタイルによって、参考にする時間足を使い分けるのが有効です。

【決定版】バイナリーオプションに欠かせないローソク足の種類/見方/法則性を全部まとめてみた!

ローソク足の正しい見方

テクニカル分析まとめ

今回は、バイナリーオプション初心者なら知っておきたい「ローソク足の分析方法」についてまとめていきます!

ローソク足

【基本的な仕組み】バイナリーオプション初心者なら覚えておきたいローソク足の成り立ち

3種類のローソク足

さらにローソク足には 『実体』 と呼ばれる部分と 『ヒゲ』 と呼ばれる部分があります💡

ヒゲと実体

次は “ローソク足の成り立ち” を見ていきましょう😁

ローソク足は相場の値動きを一定の間隔(時間)で切り取って凝縮したもの

ローソク足成り立ち①

ローソク足成り立ち②


それぞれ 始まりの値(=始値) 、 一番安い値(=安値) 、 一番高い値(=高値) 、 終わりの値(=終値) と呼びます。

ローソク足成り立ち④


④先ほどの切り取った部分をぎゅっと小さくしたら、⑤ 始値と終値が実体となり 、その 実体 と 高値 の価格差が “上ヒゲ” 、 実体 と 安値 の価格差が “下ヒゲ” として残り、⑥ローソク足が完成しました❗

ちなみにこれは5分間のチャートの値動きを切り取ったものなので 『5分足』 と呼びます😀

さて、ここまではローソク足の中でも 超超基本的 なお話(*´∀`*)

まだローソク足の成り立ちを知っただけなので、それが どうトレードに役立つか まではわからないですよね^^?

ここからはもう少し掘り下げて、 “ローソク足の形とそれがどうトレードの成功率を上げるためのヒントをくれるのか?” というところまで見ていきましょう✨

【ローソク足の分析方法】ローソク足の状態で相場の展望を見極める!?

最初に「ローソク足は大きく分けると3種類しかない」というお話をしましたが、実はローソク足の長さやヒゲのついている位置・長さによって “現在の相場の方向性や勢い” が見分けられるようになります(^_^)

最終的には1本のローソク足になりますが、その ローソク足ができるまでのストーリー(値動きの流れ)を読み解くことで今後の展望を予測することができる のです。

ローソク足一覧

①『上ヒゲ陽線(陽の寄付き坊主)』の成り立ちと分析方法

上ヒゲ陽線

上ヒゲ陽線成り立ち

つまり相場の傾向に置き換えると、 “上昇の勢いが弱まり、徐々に下方向への圧力が強まり始めている状態” ということが考えられます(*゚∀゚)

上ヒゲ陽線相場

しかし上ヒゲ陽線が発生したからといって上昇相場が終わるとは限らないですし “あくまでもまだ陽線” なので、個人的には勝ちを計算できる根拠が他に揃っているならエントリーするのはアリだと思ってます😁

ただ 上ヒゲ陽線は実体が小さければ小さいほど、ヒゲが長ければ長いほど反転の可能性は高くなる ため、その点も踏まえてエントリーを検討してみましょう😄

ちなみにそういった実体が小さく上ヒゲが長い陽線を 上影陽線またはトンカチ と呼びます💡

トンカチ

②『上ヒゲ陰線(陰の大引け坊主)』の成り立ちと分析方法

上ヒゲ陰線

ただこちらは より強力な下降へのサイン と覚えておいてください😳

上ヒゲ陰線成り立ち

こちらの上ヒゲ陰線が発生した場合の相場の傾向としては、 “上昇への勢いが弱まり、より顕著に下方向への圧力が強まっている状態” と考えられますね(゜o゜;!

私

③『下ヒゲ陽線(陽の大引け坊主)』の成り立ちと分析方法

下ヒゲ陽線


こちらは陽線に下ヒゲがついたローソク足です👀

下ヒゲ陽線成り立ち

相場の傾向としては、 “下降への勢いが弱まり、より顕著に上方向への圧力が強まっている状態” と考えられます😳

下ヒゲ陽線相場

④『下ヒゲ陰線(陰の寄付き坊主)』の成り立ちと分析方法

下ヒゲ陰線

下ヒゲ陰線流れ

相場の傾向としては “下方向への勢いが弱まり、上方向への反転を示唆している状態” と考えることができます💡

ちなみにそういった実体が小さく下ヒゲが長い陰線を 下陰陰線またはカラカサ と呼びます💡

カラカサ

【ヒゲについてのオマケ知識】反転サインを利用した逆張りに応用できる

ここまでのお話を聞いてもらえれば分かる通り、ヒゲは 相場の進行方向への勢いが衰えていること、あるいは相場が反転するかもしれないこと を示唆する特性を備えています。

主に上昇相場の高値圏か下降相場の安値圏で発生しやすいため、基本的には ヒゲの有無によってトレンド方向へのエントリーを見送るかどうかという判断に使う のがベターかなとは思いますが、実はヒゲの特性を利用した使いみちは他にもあります😳

【初心者向け】株価のグラフの見方 ~ローソク足とは~

今回はチャートを構成する、
以下の棒ような物について解説します‼

※色や形などはご使用のサービスによって
異なりますので調べる際はご注意下さい。

~ローソク足とは~ ローソク足の見方とは

ローソク足とは

このようなチャートは拡大すると、

以下のような1本1本の棒のような物で
構成されています。

この棒のような物を ローソク足 といいます。
ローソク足は 1本につき、一定期間内で
どのくらい株価が変動したかがわかります‼
期間によって名称が異なり、
「〇〇足」と呼びます。
(例 : 日足 ⇒ 1日あたり1本
1時間足 ⇒ 1時間あたり1本
1分足 ⇒ 1分あたり1本 )

ローソク足の見方

ローソク足には陽線と陰線の2種類があり、
陽線 ⇒ 株価が上がった場合
陰線 ⇒ 株価が下がった場合
となっています。
また、ローソク足は
・上ヒゲ
・実体
・下ヒゲ
の3要素から構成されています。

ローソク足からわかること

ローソク足からは以下の図のように
高値 (一定期間内で最も高い値)
安値 ローソク足の見方とは (一定期間内で最も安い値)
始値 (その足が形成される最初の値)
終値 (その足が形成された最後の値)
の4つの値を読み取ることができます。

おわりに

今回はローソク足について解説しました‼
ローソク足を見れば、
・株価が上がったのか、下がったのか
・その日どれだけ株価が動いたか
がわかります‼
ぜひ銘柄選びの際に活用してください‼

ローソク足の見方を知るだけでプロ並みの分析ができる

ローソク足の見方と分析方法

お悩みトレーダー

エイク

メンター

ローソク足の組み合わせやパターンの前に、まず ローソク足の読み方や分析方法を知っていますか?

それを知らずに、 いくらローソク足の組み合わせやパターンを知っても使いこなせません よ。

言い換えると、 ローソク足の読み方を理解 すれば、パターンなんて覚えなくてもいいくらいです。

お悩みトレーダー

『でも、ローソク足の基本的な見方や使い方が分からない・・・』

大丈夫です!この記事で、 ローソク足の基本的な見方から応用的な分析方法まですべて解説 しておきます。

・ローソク足がなぜ大切なのか? ローソク足の見方とは
・ローソク足の基本的な見方と考え方
・プロトレーダーが必ず見ている応用的な分析方法と戦略の考え方

この記事を、理解できたとき、 あなたは、自分の力でローソク足から相場分析ができるようになります。

世界中が見ている最強の分析ツールとは?

自分がどう思おうが、多くのトレーダーが買いだと思えば、価格は上昇します。売りだと思えば、価格は下落するわけです。
それでは、世界中のトレーダーが何を見て、『Buy or Sell』を判断しているのか?

『ローソク足!』

世界中のトレーダーが、どのような分析方法をしているかは、千差万別ですが、 ローソク足の見方とは ローソク足を見て感じ取るものは、万国共通です!

『ローソク足は、世界中のもっとも多くのトレーダーが使っている最強のトレードツールです。』

事実、現在、私は、 『ローソク足を利用したプライスアクション分析』 をするようになってから、インディケーターがチャートからどんどん消えていきました。

ローソク足の値動きを見て、その中にパターンや特徴、方向性を見つけ出し、未来の値動きを予測するプロトレーダーが必ず注目している分析方法が『プライスアクション分析』です。

インジケーターやご自身の手法に組み合わすと抜群の効果を発揮してくれるプライスアクションパターンがいくつかあります。

ローソク足の基本的な見方

まずはローソク足の構成を理解する

ローソク足の見方

『高値(たかね)・安値(やすね)』
『始値(はじめね)・終値(おわりね)』
『陽線(ようせん)・陰線(いんせん)』
『実体(じったい)とヒゲ』

4本値|高値・安値・始値・終値

『4本値』という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
『4本値』とは、ローソク足1本に記されている 『高値・安値・始値・終値』 のことを言います。

【4本値】
高値 ・・・ある一定期間で最も高かった値
安値 ・・・ある一定期間で最も安かった値
始値 ・・・ある一定期間の最初に付けた値
終値 ・・・ある一定期間で最後に付けた値

2種類のローソク足

【陽線】

始値より終値が高ければ、陽線ができます。

陽線

始値より終値が安ければ、陰線ができます。

陰線

しかし、 この当たり前の情報をしっかり整理できるのが、勝てるトレーダー なんです。

実体は事実と相場の正常な評価である

①【実体】は、始値と終値の差。

②【実体】は、事実。相場の正常な評価。

①【実体】は始値と終値の差

始値より終値が高ければ、買い注文が多かったという評価=陽線。
始値より終値が安ければ、売り注文が多かったという評価=陰線。

陽線

しかし、 実体が与えてくれる情報はそれだけではありません。

実体の小さな陽線

つまり、一定期間で、それほど買い注文が入らなかったという評価を意味します。

実体の大きな陽線

つまり、一定期間で、多くの買い注文が入ったという評価を意味します。

実体は、大きさ(勢い)で、一定期間の正しい評価をしてくれます。

②【実体】は事実である

お悩みトレーダー

メンター

陽線と陰線をチャートで解説

①のローソク足の事実

メンター

  • 他のローソク足に比べて 非常に大きな実体 のローソク足。
  • 直近の 6本分の小さなローソク足を飲み込んだ 実体である。(6本分の買い注文を、たった1本の売り注文が飲み込んだ。それほど多くの売り注文が入った。)
  • 陰線 である。

②のローソク足の特徴

メンター

エイク

メンター

以上のように、 実体は、一定期間の事実を教えてくれます。

ヒゲは市場心理を表している

【ヒゲ】は、焦りや不安、迷いの心理。

ヒゲは、

一定期間の中で、高値をつけたが、売り戻されて損失や含み損を抱えている。

一定期間の中で、安値をつけたが、買い戻されて損失や含み損を抱えている。

上記のように、一定期間ではありますが、 焦りや不安を抱いている注文が、ヒゲには存在 しています。

ローソク足のヒゲ

つまり、 ヒゲには、損失や損失を抱えた注文が存在する ことになります。

つまり、 ヒゲは、不安や迷いの集合体 なんです。

メンター

つまり、 下ヒゲのPinbarは、強い買いサイン になるんじゃよ!

ローソク足の期間を分解してマルチタイムフレーム分析で考える

ローソク足のよく使われる期間

時間足を分解してマルチタイムフレーム分析する

ローソク足の見方とは

時間足 下位時間足のローソク足の本数
5分足 1分足5本分
15分足 5分足3本分
1時間足 15分足4本分
4時間足 1時間足4本分
日足 4時間足6本分
週足 日足5本分
月足 週足5本分

次の画像は、 4時間足チャートに、日足のローソク足を重ね合わせた画像になります。

ローソク足の期間

そして、
日足陰線(赤色)の中には、4時間足の陰線ローソク足がが多く、
日足陽線(青色)の中には、4時間足の陽線のローソク足が多い のが分かるでしょうか?

ローソク足の期間②

陰線の日足では、1時間足はダウントレンド。

陽線の日足では、1時間足はアップトレンド。

日足が、陰線から陽線へ切り替わるとき、1時間足では、明確なトレンド転換がありますね。

さらに、 日足の陽線が続くとき、1時間足では、高値が切上がり、安値も切上がり、明確なトレンド継続のサインが出ていますね。

終値の見方と使い方|ブレイク編

ローソク足を使って分析する上で、 終値はとても重要な意味を持ちます。

【実体】は、事実。相場の正常な評価。

つまり、 終値=事実。相場の正常な評価。 となります。

ローソク足の終値の見方と使い方

しかし、赤矢印の実体でブレイクすると、下落が加速していますね。

ヒゲは、不安と迷いであって、事実と評価ではない。

実体は、ヒゲと違い、事実と評価 だからです。

サポートを実体がブレイクしたという事実、ブレイクしたという評価を、多くのトレーダーが確認したから、下落が加速したと考えるべきです。

ヒゲの見方と使い方|トレンドと保合い編

ヒゲについては、先程も解説しましたが、ヒゲは、不安と迷いでしたね。

しかし、ここでは、ローソク足のヒゲの更新に注目します。

ヒゲの位置でトレンドを把握する方法とトレード戦略の考え方

例えば、前日の日足のローソク足で上昇トレンドが確認できれば、次の日は、買いのみの戦略でデイトレードすることができますよね。

ローソク足の見方とは ローソク足のトレンドの見方

高値の切上がり、安値の切上がりが確認できるでしょうか?
『高値の切上がり、安値の切上がり』=ダウ理論の上昇トレンド
ですね!

ローソク足のヒゲの見方と使い方

日足のヒゲが、 前日の高値と安値を切り上げる限り、大きなトレンドは買い目線で考えることができます

15分足や1時間足で、急な下落があったとしても、 日足のローソク足の分析ができていれば、落ち着いて買い目線でしっかり待ち構えることができますね!

ヒゲに位置で保合いを把握する方法とトレード戦略の考え方

ローソク足の保合いの見方

つまり、 『保合い状態』 です。

ローソク足の保合いの見方②

つまり、 ローソク足のヒゲの更新がない場合は『保合い』と判断 することができます。

日足のローソク足から『保合い』という判断ができれば、次の日はトレンドフォローはしない方が良いことが分かります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる