超初心者向け

株の基礎知識

株の基礎知識
買収ファイナンスに参加するメザニン投資家は、発行会社の経営について直接の発言権を持つことを企図してないことが多い。
通常、優先株式は無議決権株式とされるが、普通株主であるフィナンシャル・スポンサーおよび発行会社との間で協議・交渉して決める。
メザニン投資家の投資価値に重大な影響を及ぼす可能性のある発行会社の行為については、種類株主総会決議事項とする旨や、要同意事項を定款や株主間契約などで定めておくことにより、拒否権を付与する場合もある。

単元未満株式投資の基礎知識|6つの魅力と取り扱い証券会社

単元未満株式の特徴をまとめると、普通の株式と比べると会社の経営に参加する権利はないものの、 経済的な利益は株数に応じて普通の株のようにもらえ、少し制約はあるが売買も自由にできる1株単位の株式 ということになります(ただし、株主優待制度は、原則単元株式になって初めて受け取れるので、単元未満株式のままでは受け取ることができません。単元株式を買い続け、100株を超えて単元株式になれば権利が発生します)。

2.単元未満株式投資の6つの魅力

2-1. まとまったお金がなくても投資ができる

2-2. 節約の目的が明確になる

2-3. 1株から気軽に買える

2-4. 配当金がもらえる

2-5. 追加購入ができる

2-6. 高値買いのリスクを軽減できる

3. 取扱い証券会社によるサービスの違い

単元株式が金融商品取引所で取引されるのに対し、単元未満株式は 取り扱う証券会社と取引をします 。単元未満株式を提供しているのは一部の証券会社であり、取引も定形的な取引ではないため、サービス内容はバラバラです。

3-1. メリットが大きいのはSBIネオモバイル証券とLINE証券

3-1-1. SBIネオモバイル証券

3-1-2. LINE証券

■SBIネオモバイル証券とLINE証券の比較

SBIネオモバイル証券LINE証券
取引コスト220円
(月間の売買金額合計が50万円までの月額利用料)
取引金額の0.05%
(日中取引の場合)
取扱銘柄数上場しているほとんどの銘柄300銘柄
一日の取引時間3回
(前場始値、後場始値、後場終値)
※一部銘柄は2回
9:00~14:株の基礎知識 50
(日中取引の場合)

3-2. 上記2社は、ポイントで株を買えることも魅力!

4. なぜいま単元未満株投資なのか

4-1. 積立投資のメリット

一定金額を買い付けるため株価が安い時には相対的に多くの株式を買い付けることができ、逆に高い時には相対的に少ししか買い付けることができません。このため、 買付コストが平準化され、長期間投資した場合、含み益が発生しやすくなる という特徴があります。(ドルコスト平均法)

また、一定日に買い付けることにより、 「短期的な株価の動きにとらわれない」、「拠出を自動化できる」、「天引きすれば家計に対する打撃を心理的に緩和できる」というメリットもあり 、むしろこちらの方こそ効果が大きいのかもしれません。

4-2. いつから始める?単元未満株投資

株式投資には、前節のように短期的な値動きを気にしない積立投資のようなタイプもありますが、 10年程度に一度起こる市場の大幅な下落時には、株価が低迷している間に資金を投入するほうが、得られるスキルは大きい と思います。すなわち、投資の大原則である「安く買って高く売る」の実践です。

マイクロ波基礎知識

[参考文献]
3) J規格(J55011(H27) 工業, 科学及び医療用装置からの妨害波の許容値及び測定法
4) http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/medical/protect/index.htm 2019年9月18日閲覧
5) https://www.arib.or.jp/kikaku/kikaku_tushin/desc/std-38.html 2019年9月18日閲覧
6) 電波法第百条、電波法施行規則第四十五条、無線局免許手続規則二十六条、無線設備規則第六十五条第一項

3.マイクロ波加熱の原理について

(1)誘電体のマイクロ波加熱の原理

図4は、低い周波数の電波を水の永久双極子に照射した場合を示しています。
この場合は変化する電界に対し永久双極子は瞬時に追従して方向を変えます。
このような場合、水は発熱しません。

一方、高過ぎる周波数の電波を永久双極子に照射した場合が図5です。
この場合は電界の変化が早過ぎるので双極子は全く追従できず変化しません。
このような場合も発熱しません。

これに対し、図6は、電界の変化が程々の電波を水に照射した場合を示しています。
この場合は電波の電界の変化に対し時間遅れで永久双極子が追従しています。
このように時間遅れが生じている間で水は電波からエネルギーを吸収し発熱するというものです。
そして、マイクロ波がその程々の周波数ということです。

(2)誘電体のマイクロ波加熱の式と物質の誘電特性について

式(1)は誘電体が吸収するマイクロ波電力P 1 を理論的に求めた式です。

式(1)において、比誘電率ε r と誘電体損失角tanδは物質(誘電体)特有の値となります。
また、その積、すなわち、ε 株の基礎知識 r ・tanδを誘電損失係数(単に、損失係数とも呼びます)と言い、これは誘電体が吸収するマイクロ波電力の程度を表しています。

アプリケータ内に w [ kg ] の液体( 初期温度 T 1 [ ℃ ] )を入れた容器を置き、P A [W]のマイクロ波電力を t 株の基礎知識 [s] 照射したところ液体の温度が T 2 [℃] になったとします。
この液体が吸収したマイクロ波電力 P B [W] は式(2)、加熱効率ηは式(3)となります。
例えば、液体が水の場合、水の比熱 4180 [ J / (kg・K) ]を用いれば、マイクロ波吸収電力が算出できます。

(a)で、誘電体の比誘電率 ε r と 誘電体力率 tanδ は、その誘電体特有の値であることを説明しました。
図7は、いろいろな物質の比誘電率ε r と誘電体損失角 株の基礎知識 tanδ を示す特性図です[11]。

図で、上横軸が電力半減深度Dの目盛で、右下に下がる線が同じ電力半減深度を結ぶ線です。 大雑把に言うと、電力半減深度の浅い右上の物質ほどマイクロ波吸収が大きい物質、電力半減深度の深い左下の物質ほどマイクロ波吸収が小さい物質であると言えます。 勿論、正確な比較は誘電損失係数ε 株の基礎知識 r ・tanδの大小で判断しないといけません。

(3)マイクロ波による金属板の加熱

(a)金属板に浸透するマイクロ波の表皮の深さ[12]

図8は、各種非磁性金属の表皮深さの周波数特性を示しています。例えば、アルミニウムは、周波数が2.45GHzのとき、表皮深さδが約1.67μmになります(表3もご参照ください)。この表皮の深さδは、金属表面の電磁界強度を100%としたときに36.8%になる深さを意味します。そして、アルミニウムの板厚の20 μm = 約12×δは、減衰率が104(dB)に相当します。減衰率の100dBは、金属の表面で1000kWのマイクロ波が裏面では0.1mWになることを意味します。

式(6)は金属板が吸収するマイクロ波電力P m の式です。

式(6)から、金属板が吸収するマイクロ波電力は、厚さδの金属薄膜に、薄膜表面上の磁界強度に等しい電流が流れたときの損失(ジュール損)と同じことが分かります。したがって、P m / 株の基礎知識 |H t | 2 すなわち、1/(2δσ)は、金属による損失の違いを表す係数となるので、損失係数と呼ぶことにします。

(c)金属板が吸収するマイクロ波電力の計算結果

[参考文献]
7) Chaplin, M. F., Water Structure and Science, 株の基礎知識 Applied Science London South Bank University, http://www1.lsbu.ac.uk/water/microwave_water.html 2019年9月18日閲覧
8) IEC 60050-841国際電気技術用語集
9) 電子レンジ・マイクロ波食品利用ハンドブック 肥後温子編 日本工業新聞社 昭62年 p13
10) 電子レンジ・マイクロ波食品利用ハンドブック 肥後温子編 日本工業新聞社 昭62年 p16
11) 電子レンジ・マイクロ波食品利用ハンドブック 肥後温子編 日本工業新聞社 昭62年 p16
12) マイクロ波工学の基礎 株の基礎知識 秋本利夫・松尾幸人共著 廣川書店 昭43年(4版) p42
13) 電子回路設計シリーズ「マイクロ波回路」 石井宗典他 日刊工業新聞社 昭和44 p23
14) マイクロ波工学の基礎 秋本利夫・松尾幸人共著 廣川書店 昭43年(4版) p43
15) 理科年表 平成21年(机上版) 自然科学研究機構 国立天文台 代表者台長編 株の基礎知識 丸善 平成20年 p408
16) http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/Tables/magprop.html#c2 2019年9月5日閲覧
17) http://www.jssa.gr.jp/contents/faq-article/q6/ 2019年9月5日閲覧
18) https://www.toishi.info/metal/teikou.html 2019年9月5日閲覧

4.マイクロ波加熱の特長

・内部加熱
・高速加熱・選択加熱
・高い加熱効率・高速応答と温度制御性
・均一加熱・クリーンなエネルギー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる