FXのチャートの見方

資産形成の新しいカタチ

資産形成の新しいカタチ
KYC as a Service「TRUSTDOCK」が提供している、日本で唯一のデジタル身分証アプリとe-KYC/本人確認APIサービスでは、犯罪収益移転防止法をはじめ、携帯電話不正利用防止法、古物営業法、労働者派遣法、出会い系サイト規制法、民泊新法など、各種法律に準拠したKYCをAPI組み込みのみで実現します。

将来の不安は、今のうちに解消! 土地がなくてもできる少額の自己資金ではじめる不動産投資

アパート経営をはじめようと思ったキッカケはなんですか? もともと、区分所有のマンションを所有していたのですが、より良い投資を求めて情報収集していたところシノケンさんを知りました。シノケンさんとのお付き合いは10年ほどですね。 シノケンと10年のお付き合いを頂いている、一番の理由は何でしょうか? 管理の面で安心してお任せできることです。
本当に当初ご説明いただいた通りで、何から何までお任せできていることが大きいと思います。
今の担当の方は6〜7年のお付き合いで、100点満点ですね。総合的にみて安心してお任せすることができる方に巡り会えたのがよかったです。 これからアパート経営を始めようと考える方にアドバイスをお願いします。 アパート経営は、将来を見据えての「投資」という面でも比較的堅実な手段ですし、興味を持った方は営業の方と会ってしっかり相談をされて、納得されたら、まずは1棟から始めてみられることをお勧めします。
どんな投資にもそれなりのリスクがありますが、シノケンさんであれば、納得がいくまで相談に乗っていただけますし、まずはご自身の状況をお話しされてみるのがいいと思います。

Voice02

アパート経営をはじめようと思ったキッカケはなんですか? 結婚して子供もいるので今後の養育費をなんとかしなくてはならないと投資を思いつきました。
なかでもアパート経営なら子供に資産を残すこともできると考えたのがきっかけです。同じタイミングで身近にアパート経営を検討している友達がいたので詳しいことを聞いたり情報交換したりしているうちに話が具体化していきました。 アパート経営をはじめるにあたり、シノケンを選んだ理由はなんですか? 何度か他の会社にも説明を聞きに行ったりしたんですが、シノケンさんは営業の人の対応が良く、説明をするときの視点が「売りたい」という感じではなく、迷っている私と同じ立場に立って一緒に考えアイデアを出してくれている感覚なんです。
まるで友達にアドバイスするかのように難しいものは難しいとはっきり言ってくれるため、とても納得できました。
例えば、途中まで商談を進めているような場合でも、自分の収入に見合っていないことがあれば指摘してくれます。そしてすぐに代わりとなる案を提出してくれるなど対応も早く、これなら信頼できると感じましたね。

Voice03

アパート経営をはじめようと思ったキッカケはなんですか? 将来への不安を感じた為です。
自分の両親の時代とは違って、年金も受け取れるとは限りませんし、ゆとりある老後の為には何らかの資産形成が必要だと考えていました。 現在運用されているアパートの入居率を教えてください。 約100%です。6年前から空室はほぼなしで、満室が続いていますね。
入居者さんが退去しリフォームをかけた段階で大体決まっているのが現状です。
やはり立地・設備が良い事が決め手となっているのだと感じています。 これからアパート経営を始めようと考える方にアドバイスをお願いします。 アパート経営という非常に大きな事業をやるに当たり不安な点も多いかと思いますが、年金が不安な時代に自分で資産を形成するということは、非常に意味があり大きいことだと思います。
まずは疑問点があれば、パートナーとなる専門のプロにどんどん質問をぶつけてみてから考えてもいいと思います。

kabu.comAPI投資信託機能を搭載したじぶん銀行スマートフォンアプリの提供開始!
~ API活用ではじまる新しい資産形成のカタチ ~

2021年3月31日

auカブコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤 正勝、以下 auカブコム証券)と auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は2021年3月31日から、「じぶん銀行スマートフォンアプリ(以下 スマホアプリ)」で、auカブコム証券の投資信託を購入できるサービスを開始します。

auじぶん銀行ではお客さまへのサービス向上のため、2020年7月にリリースされたkabu.com APIの投資信託機能を採用しました。
ちなみにこれは同機能の利用者第1号です。
本サービスの特徴は投資信託APIで各社の提供されているサービスからシームレスに投資信託の購入ができるBaaS(Backend as a Service)のサービスとして提供していることです。
今後もauカブコム証券は、多様化するお客さまのニーズにお応えするべくkabu.com APIの機能を拡充してまいります。

イメージ

金融サービスのオープンイノベーションの推進基盤としてのMUFG とkabu.com API

auカブコム証券は、世界的な金融サービスの構造変化・Fintechの進展の流れに先駆け、2012年から株式・先物・オプション取引に対応したAPI(Application Programming Interface)環境としてkabu.com APIを提供しております。kabu.com APIは、発注系、注文照会、残高照会、リアルタイム時価情報など、従来は証券会社ツールを介さなければ得られなかった情報をAPIとして提供することにより、リリース以降、プロップファーム(会社の自己資金で投資を行う専門会社)、投資助言事業者、取引ツール開発業者、ロボアドバイザー運営業者、ゲーム開発業者まで様々な業態の事業者様に活用いただいております。

kabu.com APIの概要イメージ

kabu.com APIを活用することにより、サードパーティ事業者は、証券基幹システムに属する部分(複雑な金融法令諸規則に基づく顧客プロパティ管理、勘定系の余力計算、銘柄管理、情報配信基盤、有価証券と金銭の受渡処理等)についてはauカブコム証券の基盤を利用しつつ、UX(ユーザーエクスペリエンス)等のフロントレイヤー部分については事業者様の技術・サービスアイデアの実装にリソースを集中することが出来るため、高度な金融サービスをスピーディに開発・提供していくことが可能となります。 自社システムのAPI開放は、特に、金融サービスの利用者ニーズが多様化する中、伝統的な金融機関が知見を持たない新しい技術領域であるAI(人工知能)、自然言語処理、機械学習、ブロックチェーン、オルタナティブデータ(主に金融領域でこれまで伝統的に利活用の進んでなかったデータ)等様々な先端技術に強みを持つスタートアップベンチャー等とのスピーディな提携・事業化の必要性に応えるものです。

MUFG{APIs}

MUFG{APIs}

・APIの提供は、技術的に不可避な理由によって情報伝達の遅延や中断が生じる場合があります。
・APIの内容については万全を期しておりますが、当社はその内容を保証するものではありません。APIサービスによって生じたいかなる損害についても、当社は、当社に故意又は重過失がない限り、その一切の責任を負いません。また当社の責に帰すべき場合を除き、APIの正確性及び信頼性について責任を負いません。 資産形成の新しいカタチ
・通信機器、通信回線、商用ネットワーク及びコンピュータ等の障害によって生じたAPIの処理及び伝達遅延、誤謬並びに欠陥については、当社に故意又は重過失が無い限り、その責任を負いません。
・APIサービスを利用した結果、お客さまが不正利用をおこなっていると認められた場合及び取引所又は当社システムに過度な負荷を与える利用等が認められた場合、当社は当社の判断に基づき事前の通告なしにAPIの提供を中止することがあります。また、これによって生じたいかなる損害についても当社は一切責任を負いません。ただし、当社に故意又は重過失が認められる場合には、この限りではありません。
・当社は、API サービスに関し、API を用いて外部サービス会社が提供するサービスと 資産形成の新しいカタチ APIとの連携が常時適切におこなわれること、お客さまの利用目的に適合すること、連携結果が正確性、適格性、信頼性、適時性を有すること、外部サービス会社のシステム管理態勢その他のセキュリティレベル、顧客 保護態勢、信用性等が十分であること、外部サービス会社の知的財産権その他の権利を侵害していないことの保証をおこなうものではありません。
・当社は第三者作成物等に起因してお客さまに発生したすべての損害について、当社に故意又は重過失が認められない限り、お客様さまに対して、一切の責任を負うものではありません。
・kabu.com API利用ツールのご利用について、各サードパーティ事業者のツール利用料、お客さまとのツール利用契約や、投資顧問契約等の契約、および解約は、お客さまが各サードバーティ事業者との当事者間で直接行うものであり、お客さまの責任のもとご利用ください。

ご投資に関するご注意事項

●お問い合わせ・ご相談・苦情等
お客さまサポートセンター フリーコール 0120-390-390
※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは 03-6688-8888 (※通話料は有料になります)

●苦情について当社以外の窓口
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
フリーダイヤル 0120-64-5005

●本リリースに関するお問い合わせ先 資産形成の新しいカタチ
auカブコム証券株式会社
営業部 チャネル戦略グループ 伊藤 充淳
TEL:03-4221-3754 e-mail:[email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる