オンライントレード

個人事業主の方必見

個人事業主の方必見
こちらは事業を廃業した際に解約をし、積み立てたお金を受け取ることが出来ます。 掛け金についても全額所得控除になるので節税対策にもなり、掛け金も1000円~7万円から自由に決めることが出来るので(年間上限84万円)節税をしながら将来の生活に向けた保険を掛けることが出来ます。 また、今まで納めていなかった年金をまとめて支払った場合も全額控除になるので覚えておいて頂けると幸いです。

起業したての経営者や個人事業主の方、必見!知って得する小規模企業共済

経営者や個人事業主であれば、節税の方法について検討したことがあるのではないでしょうか?
節税のために、不要なものを購入したり、無駄に資金をキャッシュアウトするような方法では、効果のある節税にはなりません。
しかし、実は小規模企業や個人事業主、共同経営者にとって効果のある、節税しながら将来の生活資金を確保できる国の制度があるのです。
この制度は、創業期の起業家や個人事業主などにとってはメリットが大きく、活用されています。
今回はこの「小規模企業共済」についてお話ししたいと思います。

小規模企業共済とは?

主な特徴としては、以下の3点が挙げられます

掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲(500円刻み)で自由に選ぶことができます。掛金は税法上、全額が課税対象となる所得から控除されます。 個人事業主の方必見
つまり、上限である月額7万円の掛金を選択した場合、年間で84万円の所得控除を受けることができます。
掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲内(500円単位)で、増額または減額できます。初めは無理のない掛金で加入して、状況に応じて増額していくことをお薦めします。

○共済金の受け取り

共済金は廃業や退職時に受け取ることができ、満期はありません。
個人事業主であれば、個人事業を廃業したり、お子様に事業を全部譲渡した場合などに共済金を受け取ることができます。また、会社等役員であれば、会社等の解散や役員退任の場合に共済金を受け取ることができます。
共済金の受取方法は基本的に一括受取りとなりますが、場合によっては分割受取りや一括受取りと分割受取りの併用も可能です。

○契約者貸付制度

小規模企業共済の契約者貸付制度は、一定の要件を満たすことにより、納付した掛金合計額の範囲内で事業資金等の貸付を受けることができます(担保・保証人不要)。
一般の金融機関からの借入に比べて手続きが早く、臨時的な資金調達に便利です。節税をしながら、いざというときの資金調達にも備えられるという点でも、加入のメリットは大きいと言えます。なお、貸付制度には以下のようなものがあります。
(1) 一般貸付
簡易迅速に事業資金または事業に関連する資金を貸付ける制度です。
(2) 緊急経営安定貸付け
一時的な売上減少により資金繰りに著しい支障をきたしている場合において、経営の安定を図るための事業資金を貸し付ける制度です。
(3) 傷病災害時貸付
疾病・負傷により一定期間入院をした場合等において、経営の安定に支障が生じたときに事業資金を貸し付ける制度です。
(4) 福祉対応貸付
共済契約者や同居親族の福祉向上のために必要な住宅改造資金、福祉機器購入等の資金を貸し付ける制度です。
(5) 創業転業時・新規事業展開等貸付
新規開業・転業を行う場合や、事業多角化に要する資金を貸し付ける制度です。
(6) 事業承継貸付け
事業承継に要する資金を貸し付ける制度です。
(個人事業主の方必見 7) 廃業準備貸付け
個人事業の廃業、または会社の解散を円滑に行うために必要な資金を貸し付ける制度です。

加入するにはどうすればいいの?

  1. 建設業、製造業、運輸業、サービス業(宿泊業・娯楽業に限る)、不動産業、農業などを営む場合は、常時使用する従業員の数が20人以下の個人事業主または会社の役員
  2. 商業(卸売業・小売業)、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)を営む場合は、常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主または会社の役員
  3. 上記1、2に該当する個人事業主が営む事業の経営に携わる共同経営者(個人事業主1人につき2人まで)

さらに言うと、要件を満たしている時に一度加入しておけば続けることは可能ですが、事業規模が加入要件を超えてしまうと、加入することはできなくなってしまいます。

このような理由から、制度に興味がある起業家は、創業したらすぐに(会社が大きくなる前に)加入を検討しておくべきだと言えるでしょう。

受けられるメリットとは?

(1)掛金を払い込むときの節税効果
払い込んだ掛金は、その全額が「小規模企業共済等掛金控除」として、所得控除の対象となります。この所得控除は、所得税だけではなく、住民税においても同額が控除されるため、節税効果がより高くなります。
つまり、「貯金のつもりで積立てると、税金が安くなる」というわけです。
生命保険料控除の上限が120,000円(住民税においては84,000円)であることに比べると、その節税効果の大きさが分かります。

(2)共済金を受け取るときの節税効果
将来において共済金を受け取るときは、「一括」もしくは「分割」(又は併用)を選ぶことができますが、「一括」受取りの場合、共済金は「退職所得」扱いとなり、退職所得控除などのメリットを受けることができます。

「事業所得」の場合:収益-費用=所得
「退職所得」の場合:(退職金-控除額)×1/2=所得

(加入期間と共済金支払額 中小機構HPより)

デメリットとは?

「元本割れのリスクがある」のが最大のデメリットです。
掛金納付月数が240ヵ月(20年)未満の場合は元本割れとなってしまいます。
共済に加入したが、数年で(任意)解約してしまった場合などは「節税効果 < 元本割れの金額」となってしまうので注意が必要です。

(加入期間と任意解約金支給割合 中小機構HPより)


※480月以降は、110%に、480月を越える6ヶ月ごとに0.25%ずつ加えた割合となります(ただし120%を上限とします。)。

個人事業主の方必見

管理職がやってはいけない8項目について

管理職の悩み解決

社員のモチベーションを上げるには6つのステップが重要

管理職の悩み解決

職場の人間関係や労働環境に悩んでいる方

働き方

個人事業主になりたい方へ成功への道について解説

働き方

転職が怖い・不安に感じている方へ正しい転職方法について解説

正しい転職

40代の転職攻略法について徹底解説

正しい転職

これから中間管理職になる方へ、事前準備と心構えが大切

管理職の悩み解決

転職しようか悩んだとき、気持ちに余裕を持たせたいときに読んでほしいおすすめビジネス本

役立つビジネス本

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる