FXビギナーズガイド

キャッシュフロー管理で失敗しない方法とは

キャッシュフロー管理で失敗しない方法とは
開催日時 2016年12月14日(水) 14:00~17:00/神奈川(横浜) セミナー総括

ITを活用した企業活性化の総合コンサルタント | 株式会社 スノーピークビジネスソリューションズ

キャッシュフロー管理で失敗しない方法とは

適正在庫を保つコツ、教えます。在庫管理コラム

みなさま、こんにちは!
このコーナーでは在庫管理でお困りの方を対象に、在庫管理に関する知識やノウハウをご紹介しています。
創業以来、われわれはモノづくりが盛んな愛知県に本社を構え、現場改善を通じてモノづくりの現場を微力ながら支えて参りました。その中でも特にご相談が多かったのは、在庫管理に関するものでした。なぜなら、在庫管理はあらゆる企業において避けては通れない永遠のテーマだからです。そこで、少しでもみなさまのお役に立てればと思い、在庫管理に関する情報提供をさせて頂くことに致しました。
なお、このコーナーは「在庫管理が初めての方でも分かりやすい」をコンセプトしていますので、難しい専門用語や複雑な計算式はなるべく使わず、在庫管理をする上で知っておくべき基本知識を厳選しています。お気軽にお読み頂ければ幸いです。

第1章 在庫管理の目的

そもそも、なぜ在庫管理を行う必要があるのでしょうか?
一つは、企業のキャッシュフロー(お金の流れ)を増やすためです。企業は利益が出なくてもすぐに倒産することはありませんが、資金繰りに行き詰る(手元の現金がなくなる)と倒産してしまいます。つまり在庫を多く抱えてしまうことは、回収できていないお金が増えることになるので、資金繰りに行き詰る可能性が高くなってしまうのです。だから、運転資金をきちんと確保するためにも、在庫管理を行う必要があるのです。
もう一つは、顧客が欲しいものを欲しいときに提供できるためです。もし在庫が少なくて顧客の要望に応えられない場合、企業は大切なビジネスチャンスを失ってしまいますよね。こうした機会損失を防ぐためにも、やはり在庫管理を行う必要があるのです。
この二つの目的を達成するためには、一体どうすればいいのでしょうか?そう、「適正な在庫を保つ」ことです。 そこで、次項から適切な在庫を保つために必要な、在庫管理の基本についてご紹介していきます。

奉行シリーズでIPOを実現:セミナー・イベント

開催日時 2016年12月14日(水) 14:00~17:00/神奈川(横浜) セミナー総括

中期経営計画が形骸化してしまう、社員を動かす原動力となっていない、そんなお悩みをお持ちの経営者の方は多くいらっしゃいます。本セミナーでは社員を動かす中期経営計画の作成手法を有限責任監査法人トーマツより、東芝が取り入れたことで注目を集めたキャッシュ・フロー予算管理を株式会社スリー・シー・コンサルティング 代表取締役 公認会計士 児玉 厚様より解説いただきました。
特にご満足度の高かった2部「 経営を強化する、キャッシュ・フロー予算制度構築 」の講演内容は以下です。

・2015年、上場企業の相次ぐ不祥事により予算管理が厳しく求められるように。
財務諸表上も「のれん」や「減損」など予測の概念を持つ科目が元々ありますが、これまで以上に予算の根拠を厳しく求められるようになっています。しかし、予算の立て方は企業規模問わず、「作成理論無し」、「Excelで作成」、「PL予算のみ(単式)」という現状です。

・根拠を求められる予算、どう対応するか。
キャッシュ・フロー予算を設定することで、PL予算で起こるような売り上げの水増しなどの不正を防ぐことが可能です。

※CF予算については、株式会社スリー・シー・コンサルティング様HPをご覧ください。
http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php
税務研究会の「経営財務」にて3週連載したCF予算の記事ダウンロードが可能です(無料)。 キャッシュフロー管理で失敗しない方法とは
※本セミナー内容は「改訂増補 予算会計~連結キャッシュ・フロー予算制度の構築に向けて~」
<清文社>(共著)を基に構成されています。

[講師]株式会社スリー・シー・コンサルティング
代表取締役/公認会計士 児玉 厚氏
鉄鋼会社の経理部門、監査法人、そして現在はスリー・シー・コンサルティングの経営者、という3つの立場の経験を活かし、「経理部門が将来の経営層を輩出する新しい組織文化になっていく」を目指し、システム、教育、サービスで支援を行っている。2016年秋には日本初のシステム 【予算会計エクスプレス】リリース。 スタッフ後記 本セミナーは4か所目の開催でしたが、どの会場も盛況で、特に予算会計の概念は「勉強になった」「セミナー休憩時間中に、ネットで「予算会計」本を購入しました」など、経理経験の豊富な方々からもご支持いただいております。2017年も開催を予定しておりますので、これまでに未開催の他地域の方々、ご期待ください。

サブリースのメリット活用事例と失敗しないための方法のコラムです

コラムイメージ1

当社で管理を任せていただいているオーナー様の中には、ご自身の会社経営を行っている方や、サラリーマンをしながら不動産経営をしているオーナー様が数多くいらっしゃいます。
そのように毎日忙しくされているオーナー様は、入居者の入退去にまつわる細かな経営判断を迅速に行うことが出来ない場合があります。

サブリース契約で失敗しないためのポイント

コラムイメージ2

1.免責期間
サブリースの場合、新築や退去後は一定の免責期間を設けている会社が多く存在します。
一般的に、免責期間は1~3ヶ月と設定されているケースがほとんどです。

サブリースで安心安定した不動産経営を

コラムイメージ3

オーナー様ご自身で賃貸経営ができるようになるためには、入居者の対応だけに限らず、間取りの工夫や家賃設定の重要性を理解し、キャッシュフローをプラスにする必要があります。
地域の需要と供給のバランスを調査して、エリアに求められる間取りや設備を備えた物件に投資することが大切です。
仮にファミリー層の多い地域に単身向け物件を建てたとしても、単身者の需要がなければ、賃貸経営は成り立ちません。
サブリースは、「安定したマンション経営をオーナー様に提供する」という考えのもとご提案しているサービスです。
マンション・アパート経営を行いたいけれど、まとまった時間が作れない、空室時でも安定して家賃収入を得たいという方は、一度サブリース契約での賃貸経営を検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる