初心者向けFXトレード

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとは
ヘッジファンドというものが具体的にどういうものかイメージできず、困っています。
なぜ「ハイリスクハイリターン」なのかということと、「ヘッジファンドの資金引き上げが通貨危機の原因」というのが分からないです。
このような経済用語は苦手なので、かなりくだいた説明をしていただけたらと思います。
解説よろしくお願いします。

ヘッジファンド

デリバティブ(先物やオプション)やさまざまな運用手法・戦略を用いて、リスクをヘッジしながらも、絶対的な利益を追求する投資ファンドのことです。
一般の公募の投資信託とは違い、バミューダなどのタックスヘイブン(非課税国地域)で私募のパートナーシップとして設立され、高リターンを追求し、運用成果の一部を運用担当者が成功報酬として獲得するという形がとられることが多くなっています。
グローバル・マクロ、マーケット・ニュートラル、ロング/ショート、アービトラージなどさまざまな運用手法・戦略があります。

マクロ経済の予測に基づき、世界各国の各市場の方向性を予想し、収益を得る戦略
主要なマクロ経済指数および金利の変動に起因する通貨、株式、債券への影響など、グローバル経済の状況変化を狙って利益を追求する投資戦略です。
投資対象は特に制限を設けず、先進国、新興国を問わず世界中の多種多様なもの(例えば、株式、債券、商品、デリバティブ商品、為替など)を投資対象とします。

市場リスクを限りなくゼロに近づけた上で、市場リスク以外の要因に収益機会を見出す戦略
買い建て金額(ロングポジション)と売り建て金額(ショートポジション)をほぼ同額にして、マーケット全体が変動するリスク(市場リスク)から運用資産の動きを遠ざけます。
株式市場全体の動きが予想外に下落に見舞われるなどのリスクからは中立な状態になれば、純粋に銘柄選択によって運用成績が決まるようになります。

株式の買いポジションと売りポジションを組合わせる戦略
1950年代に最初に確立された伝統的な投資戦略です。
値上がりが期待される銘柄の購入(ロング)と値下がりが予想される銘柄の空売り(ショート)を組合せて投資することで値動きの差に収益機会を求めます。
株式市場の見通しに基づき、ロングとショートの比率を機動的に変更することで、株式市場の値動きによる影響を抑制しながら収益を追求します。
先物およびオプションをこの戦略における空売りに代えて利用することがあります。

値動きの相関性等を基に、二つの商品の価格差を利用する戦略
二つの関連性の高い銘柄の一時的な価格差(ミスプライス)に着目して収益機会を追求する投資戦略です。
この戦略は高い技術が必要であり、また流動性および効率性を併せもつ狭い市場セグメントを利用します。

再編、経営難、その他の企業の出来事(ヘッジファンドとは イベント)を収益の源泉とする戦略
企業の再構築、合併、買収、破綻等の事象がもたらす価格変動に収益機会を追求する投資戦略です。 ヘッジファンドとは
合併や買収に関係する企業の株式の購入と空売りを同時に行なう、「合併アービトラージ戦略」と、財政難にあり債務不履行状態にある企業の債務、株式、商業手形に対して投資を行なう「破綻証券戦略」が代表的です。

金融先物、商品先物等に投資を行なう戦略
全世界の上場金融先物、商品先物、通貨市場に投資を行なう戦略です。
資金の一部をデリバティブ商品に投資し、残りを現金で維持します。
コンピューターを駆使して過去の値動きを分析し、機械的な運用を行なうのが主流です。
マネージド・フューチャーズ、あるいはCTA(商品取引顧問業者)と呼ばれることもあります。

ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは?

ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは?

コラム

ヘッジファンドとは何か簡単に解説!

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとは投資対象として株や債券以外に、通貨や商品、破綻債券など様々なものに投資をし、さらに買いポジションだけでなく空売りのポジションも築くことで、上げ相場だけでなく下げ相場でもリターンを目指す、絶対収益型の運用を行うファンドの総称です。 特徴としては、①空売りを行い下げ相場としてもリターンを目指すこと、②レバレッジを使うこと、③信託報酬以外に成功報酬を取ることがあげられます。

ヘッジファンドと投資信託の意味の違い

比較項目一般的な投資信託一般的なヘッジファンド
投資家個人投資家機関投資家
運用方針相対収益絶対収益
出資金100円〜1,000万円〜
運用者サラリーマン経営者
成功報酬なしあり
空売りなしあり
レバレッジなしあり

絶対収益と相対収益の違い

買いポジションだけか空売りもできるかの違い

ヘッジファンドマネージャーの違い

ヘッジファンドの主要運用戦略

株式ロング・ショート戦略

株式ロングショート戦略とは、割安な株を購入し、割安な株を売却することで、市場リスクを抑えながら、個別銘柄の割高度からリターンを目指す手法のことです。完全に市場リスクを中立化させる戦略をマーケット・ニュートラル戦略と呼びます。リスクを抑えることからヘッジファンドと呼ばれますが、最初のヘッジファンドと言われるアルフレッド・ジョーンズの時代から基本戦略は変わっていません。

アービトラージ(裁定取引)戦略

主に債券や転換社債で利用される戦略で、理論価格と乖離した価格のわずかなゆがみを、レバレッジを使って売り買い同時に売買することにより、さや抜きよりリターンを追求していく戦略です。基本的に買いと売りはペアトレードとなっており、解消するときは同時に解消します。市場リスクを抑えた運用であるが、市場参加者が増えると投資機会が減るため、無理なレバレッジを掛け始める場合があるため、レバレッジ比率には注意が必要な戦略です。

イベント・ドリブン戦略

イベントドリブン戦略は、企業の業績など本質的価値以外のカタリストと呼ばれる価格が動くきっかけを利用した運用戦略のことを指します。例えばM&Aや事業分割、民事再生法の利用、破産債券投資などです。市場リスクと連動性が低く、投資対象固有のイベントによる収益のため高い分散投資効果が期待されます。投資がイベントを通過するまで値動きが低いことからリスクが低く表示されがちな点と流動性が低い点は注意する必要があります。

グローバル・マクロ戦略

一般的な運用が個別の企業から投資先を決めるボトムアップ戦略が多いのに対し、グローバルマクロ戦略は、経済イベントなど大きな視点から投資先を決めるのが特徴です。イベントドリブン戦略と異なり、比較的流動性が高い市場にレバレッジを使ってポジションを築いていきます。投資対象自体にはこだわりがないため、投資先が一気に変わることもあり得ます。流動性が高い投資対象のため、規模が拡大しやすくブリッジウォーターやブレバンハワードなど大手ヘッジファンドが採用している戦略です。

マネージドフューチャーズ戦略

先物を利用したヘッジファンドです。先物は空売りのポジションも築きやすく、流動性も高いため、早い時期からシステム運用を導入しいています。運用戦略は主に2種類、トレンドフォロー系と平均回帰系が多いようです。株式との分散投資効果が高いことから、ポートフォリオに組み込まれることが多い戦略です。

マルチ・ストラテジー戦略

複数の戦略を採用したヘッジファンドのことを指します。一般的にヘッジファンドは非常に高度な人材を確保する必要があるため、全く異なる戦略を組み込むことは若いヘッジファンドには困難です。シングルストラテジーで大きくなったヘッジファンドが規模の拡大を目指してマルチ・ストラテジーになることが多いです。比較的リスクを抑えた運用が多く、機関投資家などが好んで投資する戦略です。

ヘッジファンドで資産運用するメリット

運用をプロに任せられる

ヘッジファンドのメリットとして、資産運用をファンドマネージャー(投資顧問)に任せられることが挙げられます。ファンドマネージャーは資産運用のプロであり、豊富な経験と専門知識を活かして絶対収益を追求します。

資産運用の経験や専門知識がない方でも、プロのファンドマネージャーが投資家に代わって運用を行ってくれるため、初心者でも始めやすいと言えるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる