フォレックス

債券運用と投資戦略

債券運用と投資戦略

国内最大ファンド・ランキング(2022年4月)

なお、2022年4月に資金増加となったのは、純資産上位30位ファンドのうち19ファンドでした。月間資金増加額上位5位ファンドは次の通りです。5本中2本はアライアンス・バーンスタインの「米国成長株投信」シリーズのファンド、2本が三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズのファンドでした。また3本(eMAXIS Slim 米国株式(債券運用と投資戦略 S&P500)、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)、楽天・全米株式インデックス・ファンド)はつみたてNISA対象ファンドです。

順位 運用会社 ファンド名 月末純資産額(億円) 月間資金増加額(億円)
1 アライアンス・B AB米国成長株投信D毎月(ヘッジ無)予想分配金提示 17,453 627.9
2 三菱UFJ国際 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)債券運用と投資戦略 11,600 456.1
3 三菱UFJ国際 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 4,980 270.8
4 アライアンス・B アライアンスB・米国成長株投信B(ヘッジ無) 6,098 236.9
5 楽天 楽天・全米株式インデックス・ファンド 5,498 206.4

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略
運用会社 ファンド名 月末純資産額(億円) 月間資金減少額(億円)
AM-One グローバルESGハイクオリティ成長株式F(ヘッジ無)《未来の世界(ESG)》 8,820 -157.3
日興AM グローバル・プロスペクティブ・ファンド《イノベーティブ・フューチャー》 3,821 -92.9
AM-Oneグローバル・ハイクオリティ成長株式F(ヘッジ無)《未来の世界》 5,253 -67.8
東京海上AM 東京海上・円資産バランスF(毎月)《円奏会》 5,313 -64.7
アライアンス・B AB米国成長株投信C毎月(ヘッジ有)予想分配金提示 4,744 -61.9

騰落率(過去1年)− 騰落率トップは「フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無)」

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略
順位 運用会社 ファンド名 純資産額(億円) 騰落率(1年)
1 フィデリティ フィデリティ・USリート・ファンドB(債券運用と投資戦略 ヘッジ無) 7,777 36.7%
2 大和AM ダイワ・US-REIT・オープン(毎月)B(ヘッジ無) 7,514 35.3%
3AM-One 新光 US-REITオープン《ゼウス》 5,247 34.0%
4 ピクテ投信 ピクテ・グローバル・インカム株式F(毎月) 10,350 26.7%
5 三菱UFJ国際 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 11,600 18.9%

騰落率(過去5年)−騰落率トップは「netWIN GS・テクノロジー株式F B(ヘッジ無)」

過去5年の騰落率(年率)が最も高かったのは、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの「netWIN GS・テクノロジー株式F B(ヘッジ無)」で、騰落率(年率)は19.2%でした。純資産上位30位の投資信託の中で、過去5年の騰落率が最も高かったファンド5本は次の通りです。5本中2本はアライアンス・バーンスタインの「米国成長株投信」シリーズのファンドでした。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる