オンライン学習サービス

初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説

初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説

3.外貨預金のメリットって何?

メリット3)保有資産のリスクを分散できる
メリット2で取り上げたように、為替レートは日々変動しています。もし自分の資産が日本円だけだったら、将来大きく円安になった場合、外国のものを購入する際に多額なお金が必要になります。日本円の預金だけでは自分の資産を日本だけに投資していることになり、リスクが偏ってしまいます。外貨預金を保有することは、通貨を分散させることになり、日本だけでなく、他の国にもリスクを分散させることができるのです。

4.外貨預金の注意点は?

注意点1)為替差損で損をすることも
仮に、外貨預金をしたときのタイミングから、円高になった場合、日本円で換算すると損をしてしまう場合があります。ただし、それは通貨を円に戻した場合。外貨を売却する際には、為替をチェックして、損を出さないタイミングを意識するとよいでしょう。

注意点2)預金保護(ペイオフ)の対象に含まれない
円預金の場合は、ペイオフという預金者を保護する制度があり、万一銀行が破たんした場合、その銀行に預けている元本1,000万円とその利息については保護されます。外貨預金には、この預金保護(ペイオフ)の対象ではありません。万一銀行が破たんしてしまうと、外貨預金は保護されず、すべての払い戻しができないケースもあるため、一つの銀行に多額の外貨預金を預けることは避けましょう。

注意点3)利息に対して税金がかかる
円預金で受け取った利息にかかる税金と同じように、外貨預金で受け取った利息にも税金がかかります。税額は、円預金と同じく20.315%(国税15.315%+地方税5%)です。その税金の分が差し引かれて、口座に振り込まれます。

注意点4)為替手数料がかかる
例えば、米ドルの預金をする場合は、日本円から米ドルを購入する必要があります。その際、為替手数料がかかります。ただし、外貨預金をする際の為替手数料は、海外旅行をする際に、外貨両替をするときの手数料よりは安く済むことが多いのはうれしい点です。

株式投資の勉強の仕方は?初心者にも分かりやすく解説

株式投資の勉強の仕方は?初心者にも分かりやすく解説

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

初心者必見|暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説

【初心者向け】仮想通貨・暗号資産の買い方をわかりやすく徹底解説

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)※現在購入・売却停止中
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン (ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyerは ビットコインの国内取引量が6年連続No.1 ※2 を誇る仮想通貨取引所です。 取扱通貨数は15種類。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる