口座開設アプリ

トレンドの定義

トレンドの定義
詳しくみる

初心者のためのテクニカル分析【保存版】:月足チャートの重要性2

このコンテンツは、過去に行った集中連載をお客様の多数のリクエストにより再掲載したものです。
チャート分析をする上で欠かせないチャートの見方の基礎の基礎ですので、チャート画像は少し古いですが、「チャート分析は初めて」という方など、チャート分析の基礎を知りたい方には大変有効なコンテンツです。
初心者の方は特に熟読されることをオススメします。
その他オススメコンテンツ →買い時・売り時必勝パターン →チャート分析のための指標の見方・使い方

下降トレンドとは

長期下降トレンドの底値圏と天井圏と基調分析の見方を説明いたします。

長期下降トレンドの上昇期間は1年から2年が目安

2001年10月は60ヶ月移動平均線-30%ライン以下で-50%ラインに達し下げ止まっています。この様に下降トレンドは60ヶ月移動平均線-30%ライン以下から-50%ラインを底値位置として下げ止まる動きです。
ここを目安に底入れし反発に転じます。高値圏は60ヶ月移動平均線を上値抵抗線にして天井圏と見る位置です。この様に-50%ラインを底値位置にして、60ヶ月移動平均線を高値の上値目途とする株価の動きを下降トレンドと判断します。
高値圏は60ヶ月移動平均線を上回ることもありますが、高値警戒ゾーンと判断しますが、この前後の位置で6ヶ月移動平均線を下回ったら下降転換したと判断します。

-30%ラインから-50%ラインの範囲で6ヶ月移動平均線を上回ったら上昇転換と見ます。
6ヶ月移動平均線を下回っている間は下降相場継続中で上昇転換したとは見ません。60ヶ月移動平均線が上向きになるまでは下降トレンドは継続中と判断します。
下降トレンドの上昇期間は短く、92年8月から94年11月の約2年2ヶ月、98年1月から99年8月までの1年半が長く、後は1年程度です。この様に下降トレンド株は60ヶ月移動平均線の位置を上値抵抗線とします。

92年の底値から上昇してからの底値反転位置を見ると、98年1月に146円で下げ止まった位置は価格は違うものの60ヶ月移動平均線-50%ラインです。95年7月の下げ止まった位置は60ヶ月移動平均線-30%ラインです。
下降トレンドでは60ヶ月移動平均線-30%ラインから-50%ラインで下げ止まり、下げ止まりから6ヶ月移動平均線を上回ったら上昇転換したと見る基調転換のポイントです。
その後、6ヶ月移動平均線を上回って株価が上昇している期間は上昇基調です。天井圏は60ヶ月移動平均線前後に達したら高値警戒ゾーンと見る位置です。

高値ゾーンの位置で6ヶ月移動平均線を下回ったら下降転換と判断します。下降転換してから6ヶ月移動平均線を下回っている間は下降相場と見る時期です。
93年4月に420円の高値を付けた後、ボックスを続けていましたが、94年12月に6ヶ月移動平均線を下回りました。下降転換したポイントです。 上昇トレンド、下降トレンドの株価の反転ポイントは、この様に見て判断していきます。

月足でトレンド、上昇期間や株価位置、基調が解った上で、週足チャートでどの様に判断しますか。

週足チャートでは、99年以降下降相場が続いています。月足で6ヶ月移動平均線を下回った状態は50週移動平均線は下向きの下降相場です。また下向きの間は、上回った位置が戻り高値になっています。
この様な下降相場の動きは、月足トレンド、株価位置を知らない人は、下げた位置を買ってしまいます。また、上げてきた戻り高値を上昇相場に入ったと見て買ってしまいます。99年以降は下降相場が続いていますが、月足チャートで上昇期間、トレンド判断、株価位置を知っていれば、この位置を「戻り売り場だ・これから下落する」と知ることができます。
週足チャートでも、基調を知ることはできますが、長期で見るトレンドや上昇期間や株価位置を知ることはできません。 この様に、チャート分析の基本は、月足チャートから、上昇トレンド、株価位置、下降転換、下げ余地などを知ることから、投資判断の基本ができるようになります。

月足チャートで見る上昇トレンドの上昇相場・下降相場局面

長期下降トレンドの中の基調と買い場・売り場のポイントと見方

  1. 「上昇相場」1番(黄色)の局面では、95年7月に下げ止まってから、9月に6ヶ月移動平均線を上回り上昇転換しました。その後、6ヶ月移動平均線を上回り上昇相場に転じて96年7月まで約1年間の上昇相場となっています。 トレンドの定義
    この様に60ヶ月移動平均線-30%ライン以下で6ヶ月移動平均線を上回ってから上回ったポイントから上昇相場と判断します。
    上昇相場は約1年続きましたが、高値を見ると96年、99年、2001年と60ヶ月移動平均線前後の位置です。下降トレンドでは60ヶ月移動平均線前後で伸び悩んでいることがわかります。
  2. 「上昇相場」2番、3番(黄色)の局面でも、6ヶ月移動平均線を上回り上昇相場になっています。
    この様に、株価の下げ止まる位置は多少の違いがあっても、トレンドの変化がない間は、概ね、この位置で6ヶ月移動平均線を上回ったことで上昇に転換したと判断します。
  3. 下降トレンドの上昇基調の天井圏を見ると60ヶ月移動平均線前後の位置です。
    この位置を上回ると株価維持の期間が短いことがわかります。この位置を高値圏と認識できた中で、6ヶ月移動平均線を上回っている状態を上昇相場、下回った段階から下降相場に転じたと判断します。
  4. この様にトレンドの中の上昇相場は、6ヶ月移動平均線を上回った状態から転換したと判断します。このトレンドの中で6ヶ月移動平均線を下回っている状態を下降相場と判断します。
  5. 「下降相場」の1番、2番、3番(水色)の局面は、株価が60ヶ月移動平均線前後で6ヶ月移動平均線を陰線で下回った状態で判断します。
    下回っている間を下降相場と判断して買いはしません。あくまで、株価位置、上昇転換の確認ができるまで待たなければなりません。
  6. この様に下降トレンドであることを知っても株価位置と基調を理解し、上昇転換を待たなければ買っても株式投資は成功しません。
    企業業績の内容も大切ですが、基調、株価位置、基調転換のタイミングが解らなければ株式投資で成功することは難しいということを理解ください。

無料でお試し!様々な分析ノウハウを実際の株の達人で試してみるチャンス!

お問い合わせ

お問い合わせは
株式会社ストック・データバンク新宿事業所 まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)

kabunotatujinをフォローしましょう

©1997-2022 StockDataBank, Inc. All Rights Reserved
当ホームページで掲載されているチャートのデータはストックウェザー株式会社より提供されています。

トレンドライン

トレンドライン

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

ダウ理論とは?6つの法則と上昇トレンド・下降トレンドの定義を解説

FX、ダウ理論、アイキャッチ画像

FX分析方法

ダウ理論を構成する 「6つの法則」 や トレンドの定義 「上昇トレンドと下降トレンドの定義」 は、多くのFXトレーダーが分析に活用しています。

また、 ダウ理論はすべてのテクニカル分析の基礎 であり、さまざまな手法で取り入れられています。

ダウ理論 6つの法則

ダウ理論は、以下の6つの法則から成り立っています。

1.平均はすべての事象を織り込む

第1の法則となる 「平均はすべての事象を織り込む」 とは、言葉のとおり「すべての出来事はチャートに織り込まれている」= 「チャート上の値動きだけ分析すれば充分」 トレンドの定義 であることを意味します。

2.トレンドは3種類に分類される

ダウ理論では、 主要(長期)トレンド二次(中期)トレンド小(短期)トレンド の3つにトレンドを分類しています。

FX、ダウ理論、主要トレンド、二次トレンド、小トレンド

短期、中期、長期のうち 「どのトレンドに沿って利益を狙うか」を決めてトレードしましょう。

3.主要トレンドは3段階から成る

ダウ理論では、 「主要トレンドは3段階から成る」 といわれています。

FX、ダウ理論、先行期、追随期、利食い期

先行期(第1段階)
投資家が底値買いをする時期。緩やかな上昇が見られる。

追随期(第2段階)
先行期の緩やかな上昇に反応した投資家が買いを入れ、市場全体がその動きに追随し、価格が大きく上昇する。

利食い期(第3段階)
トレンドの最終段階。価格上昇をとらえた素人や初心者投資家も参入するためさらに価格は上昇する。
一方で第一段階、第二段階で買いを入れていた投資家達の利確(決済)が加わることで、やがて上昇トレンドは終了する。

そのため、 トレンドの勢いがつき始めた追随期でポジションを持つと、利益が伸ばしやすくリスクも少ないトレードが可能 です。

4.トレンドの定義 平均は相互に確認されなければならない

FXの場合は、株のように銘柄はありません。
しかし、 複数通貨監視している場合は相 関・逆相関の考えを用いて通貨ペアを観察し、動きが分かりやすい通貨を選び出すことが可能 です。

USD/JPYが弱気 (下向き) 、EUR/USDが強気 (上向き) 、EUR/JPY (上向き) が強気だったとします。

USD/JPYが弱気 (下向き) =ドルに対して円が強い=USD<JPY となります。

同様に、EUR/USDが強気 (上向き) =EUR>USD、EUR/JPY (上向き) =EUR>JPYということが、わかります。

上記から EUR>JPY>USD という関係性が導き出されます。

なぜなら、 1番強い通貨×1番弱い通貨のペアは通貨の強弱差が大きく、動きが読み取りやすい からです。

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

6.トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

なぜなら、「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで続く」ではなく、 「トレンドが反転しているところに明確な反転(転換シグナル)が確認できる」 からです。

上昇トレンドと下降トレンドの定義

ダウ理論において、 上昇トレンドは「高値と安値がそれぞれ切り上がっている」下降トレンドは「高値と安値がそれぞれ切り下がっている」 と定義されています。

FX,ダウ理論、上昇トレンド、下降トレンド

  • 上昇トレンド=高値と安値がそれぞれ切り上がっている
  • 下降トレンド=高値と安値がそれぞれ切り下がっている

ダウ理論を用いたトレード(具体例)

FX、ダウ理論、トレード例、上昇トレンドの発生

前章で説明したとおり、「上昇トレンド=高値・安値ともに切り上げている」です。
つまり 上昇トレンドが続いている限り、高値と安値は切り下がりません。

相場が 上昇トレンドの場合は、買いエントリーすることが主な戦略 です。

そして、買い戦略では少しでも有利な位置でポジションを持つ為に、 押し目買い(相場が上昇している局面で、一時的に下がったタイミングで買いを入れること) が基本となります。

トレンドの定義 FX、ダウ理論、トレード例、陽転、エントリー

上のチャートの 緑線 で囲っている部分をご覧ください。

上昇トレンドが発生した 1度目の高値付近まで相場が下降し、陽線で確定 しています。
これを 「陽転」 といいます。

FX、ダウ理論、トレード例、利確

利確は、 チャートの左側( 過去 )から算出 トレンドの定義 しましょう。

ダウ理論を意識することでトレードスキルがUPする

ダウ理論の中でも「6つの法則」は覚えておきたい項目です。
また、さまざまなテクニカル分析の手法で取り入れられる 「上昇トレンドと下降トレンドの定義」は、特に重要 です。

必見!初歩のテクニカル分析ガイド

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の四本で構成され、相場の方向性・転換点・力強さの程度を知る手掛かりとなります。始値に対して終値が高い物を「陽線」、始値に対して終値が安い物を「陰線」と呼びます。 トレンドの定義 トレンドの定義
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。陽線、陰線は罫線とも呼ばれ、価格の足どりを見る上で欠かせないツールと言えます。ローソク足の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。
また、ヒゲのついていないローソク足を「丸坊主」と呼び、ヒゲを伴う線の、実体の別や長さでも大まかな強さのニュアンスをみることができます。

Step3 トレンドライン

トレンドラインの引き方

チャンネル

Step4 サポート(支持線)&レジスタンス(抵抗線)

レジスタンス

トレンド転換のシグナル

上昇トレンドの転換 上昇トレンドにおいては、価格はレジスタンス・レベルで一時的に下がった後、通常は、再度そのレベルを超えて上昇します。 前回の高値を抜けなかった場合はトレンド転換のシグナルと見ることができます。

Step5 移動平均線

グランビルの法則

  • 1 . 平均線が長期下落ないし横ばいの後、上昇に転じた場合は買いの第一段。
  • 2 . 上昇中の平均線を価格が下回っても、平均線の上昇基調に変化がないと思われる時は押し目買い。
  • 3 . 価格が足踏みののち、上昇中の平均線とクロスしないで再騰し始めたときは買い乗せ。
  • 4 . 平均線が下降中でも価格が異常にかけ離れて下落した場合は、自律反騰の公算大。
  • 5 . 平均線が長期上昇ののち、横ばいかあるいは低落し始める場合は買い手仕舞いの第一段。
  • 6 . 下降中の平均線を価格が上回っても、平均線の下降を食い止められないと思われる時は戻り売り。
  • 7 . 価格が保ち合いののち、下降中の平均線とクロスするまでに至らずに、再下落した場合は売り乗せ。
  • 8 . 平均線が上昇中でも価格が異常にかけ離れて上昇した場合は、自律反落の公算大。要するに、株式にはトレンドと修正リズム、つまり趨勢としての方向と、時には価格行き過ぎの修正運動があり、それを移動平均線の動きを軸として分析し、売買のタイミングを捉えようとするものです。

ゴールデンクロス/デッドクロス

移動平均線の種類

加重移動平均線 昨日と今日の終値を比べ、今日の終値にウェート置くように計算して出したもの。
移動平均の先端がより値動きに素早く反応すると考えられます。

指数平滑移動平均線 一定期間の平均を求めるのではなく、過去全ての価格が計算対象。
単独で使うことはなく、他の指標の基礎データとして使われることが多い。

変位移動平均線 単純移動平均を先行させたもの。
交差までに時間を要するのでその分ダマシのシグナルが少なくなります。

Step6 MACD(Moving Average Convergence/Divergence トレンドの定義 Trading Method)

MACD構成

  • 短期指数平滑移動平均線
  • 長期指数平滑移動平均線
  • MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平滑移動平均線)
  • Signal=MACDの移動平均線

通常は 短期 12日、長期 26日、Signal 9日 で計算されることが多い。

MACDの見方

  • MACDがSignal(MACD平均線)を下から上に抜いたら買い
  • MACDがSignal(MACD平均線)を上から下に抜いたら売り
  • 買いシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを上回ればシグナルの有効性追認
  • 売りシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを下回ればシグナルの有効性追認

3.MACDとシグナルとの差(乖離)が最大となった場合も絶好の売買タイミング 以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安。0ラインの前後での反転も多い。
価格の動きと照らし合わせても、トレンド転換の予兆を察知できます。

4.ダイバージェンス(逆行)による反騰・下落の示唆 上昇の示唆 価格は下落中だが、MACDは上昇、又はMACDラインのボトムが切り上がっている。 下落の示唆 価格は上昇中だが、MACDは下落、又はMACDラインのトップが切り下がっている。

  • 上昇トレンド入り→価格が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう。
  • 下降トレンド入り→価格が下落に向かう、MACDも下落に向かう。

Step7 RSI (相対力指数・Relative Strength トレンドの定義 Index)

MRSI(相対力指数・Relative Strength Index)は価格の上昇・下落に変動した値幅を考慮したうえで計算したものです。通常、過去14日間のデータをもとに計算されることが多い。

計算式は以下のような式
RSI = 過去14日間の上昇幅の合計 ÷ 過去14日間の値幅の合計 × 100%

RSIの一般的見方

  • 70%を超えると買われ過ぎ
  • 30%を下回ると売られ過ぎ

RSIの弱点

価格が上昇&RSI下降 → 上昇力は弱い 上昇相場でRSI(70%以上)の山が直前の山を越えられないで、その後、直前の谷を割りこんだ場合は売りシグナル

価格が下落&RSI上昇 → 下落は弱い 下降相場でRSI(30%以下)が直前の谷を割り込まないで、直前の山を越えた場合は買いシグナル

Step8 エリオット波動分析

エリオット波動の構成

第1波:上昇 →第2波:下降 →第3波:上昇 →第4波:下降 →第5波:上昇
a波:下降 →b波:戻し →c波:下降 トレンドの定義
以上8つの波(5つが上昇、3つが下降)を1サイクルとしている。

エクステンション(延長波) エリオット波動の理想的な上昇トレンドは5つの波から構成されます。
そのうちの一つの推進波(第1波、第3波、第5波)がさらに5つの波に分かれて拡張する様相をエクステンション(拡張、延長)といいます。
エクステンションが起きるのは珍しいことではなく、大多数の波は3つの推進波のうちのどれかにエクステンションが発生します。 第1波がエクステンションを起こすことは珍しいが、第3波のエクステンションは株式市場で、商品市場では第5波のエクステンションがよく見られます。エリオットの波動には、エクステンション以外にも、ダイアゴナル・トライアングル(斜め三角形)やフェイラー(未達成)といった他の変形波もあります。
エクステンションを伴う推進波は第1波、第3波、第5波のうち一つの推進波だけです。よって第3波がエクステンションしたら、第5波のエクステンションはなく、第5波は第1波と類似したものになり第1波と第3波にエクステンションがなければ、第5波はエクステンションしやすいと予想できます。

様々なエクステンションのパターン 第5波がエクステンションした場合、2回復帰(ダブル・リトレイスメント)が起きる。
第5波のエクステンション完了後、

  • 1 . まず3つの調整波によりエクステンションの開始時点まで下降が起こる
  • 2 . 次にエクステンションが終わった水準までの戻しが起こる
  • 3 . その先、上昇トレンドに戻るかあるいはトップを形成するのかは、長期サイクルにおける現在の価格の位置による。

Step9 フィボナッチ級数(数列)とエリオット波動

フィボナッチ級数の構成

  • 1 . 連続する2つの数の和はその上位の数(上記の2つの連続する数字の合計)は、次の数に一致する。
    〈例〉1+1=2、 1+2=3、 2+3=5、 3+5=8、 5+8=13、・・・という具合です。
  • 2 . どの数もその下位の数に対しては1.618倍
    (フィボナッチ数列の数値を1つ前の数値で割ると、1.618という数値になる)。
    ※ 数値が大きくなればなるほど、1.トレンドの定義 618に近づく。
    〈例〉13÷8=1.625、 21÷13=1.615、 55÷34=1.6176、 144÷89=1.6179
  • 3 . どの数もその上位の数に対しては0.618倍
    (1つ後の数値で割ると、0.618という数値になる)
    ※ 数値が大きくなればなるほど、0.618に近づく。
    〈例〉8÷13=0.6153、 13÷21=0.6190、 34÷55=0.6181、 89÷144=0.6180
  • 4 . どの数も2つ下位の数に対しては2.618倍
    (フィボナッチの系列の数値を2つ前の数値で割ると、2.618という数値になる)。
    〈例〉34÷13=2.6153、 55÷21=2.6190、 89÷34=2.6176、 144÷55=2.6181
  • 5 . どの数も2つ上位の数に対しては0.382倍
    (2つ後の数値で割ると、0.382という数値になる)。
    〈例〉34÷89=0.3820、 21÷55=0.3818、 34÷89=0.3820、 55÷144=0.3819
  • 6 . 0.618を2乗すると0.382、1.618を2乗すると2.618となる。
    1.トレンドの定義 618や0.618、0.382といった数値は、黄金分割とか黄金比率、平均律と呼ばれた数値です。その比率はピラミッドや古代ギリシャのパルティノン神殿の建築様式にも使用されています。
    この比率は、エリオット波動理論では目標値を定めるのに欠かせない数値です。日本でも昔から2/3戻し(0.618=61.8%)1/3戻し(0.382=38.2%)といった様に使用されています。
    その他に重要な数値は、1÷2(0.5=50%)、1÷1(1.00=100%)。これらの数値は、重要なサポートやレジスタンスとなります。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

トレンドの定義

テクニカル分析では、トレンドがトレンドライン、または値動きによって識別されます。価格がより高い高値(ハイヤーハイ、英:Higher high)、より高い安値(ハイヤーロー、英:Higher low)を更新していく場合は、上昇トレンドを示します。または、価格がより安い安値(ロウワーロウ、英:Lower low)、より安い高値(ロウワーハイ、英:Lower high)を更新していく場合は、下降トレンドを示します。通常、テクニカル分析を行うトレーダーは、上昇相場、下落相場、持ち合い相場を視覚化できるようにトレンドラインを描きます。トレンドラインは、ローソク足の2つ以上の安値を結び、サポートライン(支持線)もしくはレジスタンスライン(上値抵抗線)としてその線をさらに延長する直線のことを言います。

トレンドの仕組み:

トレーダーは、トレンドライン、値動き、テクニカル指標など、様々な形式のテクニカル分析を使用してトレンドを特定できます。たとえば、トレンドラインはトレンドの方向を示し、相対力指数(英:Relative Strength Index、RSI)は特定の時点でのトレンドの強度を示すように設計されています。

トレンドは、ファンダメンタル分析に焦点を当てた投資家によっても使用される場合があります。この形式の分析では、収益、またはその他のビジネスまたは経済指標の変化に注目します。たとえば、ファンダメンタルアナリストは、1株当たり利益(EPS:Earnings Per Share)と収益成長率を調べることができます。過去4四半期の収益が増加した場合、プラス傾向を表しています。ただし、過去4四半期に収益が減少した場合は、マイナス傾向を示しています。

主要ポイント:

    トレンドの定義
  • トレンドとは、市場、資産、または指標の一般的な方向です。
  • 上昇トレンド、下降トレンド、または保ち合い(トレンドのない期間)があります。
  • 上昇トレンドは、より高いスイングハイ、より高いスイングローなどの上昇傾向のデータポイントによって示されます。
  • 下降トレンドは、より低スイングローおよびより低スイングハイなどの下降傾向のデータポイントによってマークされます。
  • 多くのトレーダーは、トレンドと同じ方向で取引することを選択し、そのトレンドの継続から利益を得ようとします。
  • 値動き、トレンドライン、およびテクニカル指標はすべて、トレンドを特定し、トレンドが反転しているときに警告するのに役立つツールです。

トレンドラインの使用

トレンドを識別する一般的な方法では、一連の高値(下降トレンド)または低値(上昇トレンド)を結ぶトレンドラインを使用します。上昇トレンドは一連のより高い安値(ハイヤーロー、英:Higher low)を結び付け、将来の価格変動に対するサポートレベルを作成します。下降トレンドは一連のより安い高値(ロウワーハイ、英:Lower high)をつなぎ、将来の価格変動に対するレジスタンスレベルを生み出します。サポートレベルとレジスタンスレベルに加えて、これらのトレンドラインはトレンドの全体的な方向を示しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる