FXのチャートの見方

テクニカル指標って何

テクニカル指標って何
詳しくみる

テクニカル指標 - レッスン9

おそらくトレーダーが利用できる最も魅力的で魅力的なテクニカル分析形式はテクニカル指標に関するものです。 MACD、RSI、PASR、ボリンジャーバンド、DMI、ATX、確率論などは、あらゆるレベルの経験を持つトレーダーにとって魅力的な現象です。 インディケータの魅力は、経験の浅い人にとってトレーディングが非常に簡単に見えることです。インディケータがシグナルを送信したときに入力、終了、または変更するだけです。

トレンド指標

資産のトレンドは、下方(弱気トレンド)、上方(強気トレンド)、または横方向(明確な方向性なし)のいずれかです。 トレンドフォロワーは、トレンドインディケータを使用して市場を分析するトレーダーの例です。 移動平均、MACD、ADX(平均方向指数)、放物線SARは、トレンド指標の例です。

モメンタム指標

運動量とは、証券の価値が一定期間にわたって変化する速度の尺度です。 勢いのあるトレーダーは、大量のために一方向に大きく動いている証券に焦点を当てます。 運動量指標の例は、RSI、Stochastics、CCI(Commodity Channel Index)です。

ボラティリティ指標

ボラティリティは、証券の価格が(上下に)動く相対的なレートです。 短期間で価格が急速に上下すると、高いボラティリティが発生します。 価格がゆっくり動くならば、我々は特定の証券が低いボラティリティ率を持っていると考えることができます。

ボリュームインジケーター

市場で執行されている取引の量は、取引の際に非常に重要な要素です。 たとえば、証券の方向性の継続や変更を確認または無効にするために使用できます。 多くの指標は数量に基づいています。 例えば、Money Flow Indexは出来高にリンクされたオシレータで、価格と出来高の両方を使って売買圧力を測定します。 その他の数量指標には、移動のしやすさ、Chaikinの資金の流れ、需要指数、および力指数が含まれます。

FX Central Clearing Ltd(www.fxcc.com/eu)は、キプロス証券取引委員会(CySEC)によってCIFライセンス番号121 / 10で規制されています。

Central Clearing Ltd(www.fxcc.com&www.fxcc.net)は、バヌアツ共和国の国際会社法[CAP 222]に基づいて登録番号14576で登録されています。

リスク警告:レバレッジ商品である外国為替および差額契約(CFD)の取引は、非常に投機的であり、大きな損失リスクを伴います。 投資された初期資本をすべて失う可能性があります。 したがって、ForexとCFDはすべての投資家に適しているとは限りません。 あなたが失う余裕があるお金だけで投資しなさい。 だからあなたが完全に理解していることを確認してください 関与するリスク。 必要ならば、独立した助言を求める。

テクニカル指標って何

MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、直訳すると「移動平均・収束拡散トレード法」となります。

MACD

通常の日足分析においては、短期EMA期間は9、長期EMA期間は26とするのが一般的です
また、MACDの移動平均であるシグナルとともに2本の線で分析することが多く、シグナルの平均期間は9が一般的です。
MACDとシグナルの位置関係を視覚的にわかりやすくしたものがヒストグラムと呼ばれ以下の計算式で算出されます。

MACD

MACDの利用方法

1.MACDとシグナルの交差

1.MACDとシグナルの交差

2.MACD,シグナルとゼロラインの交差

MACD,シグナルとゼロラインの交差

3.ダイバージェンス

ダイバージェンスとはもともと「相違がみられること」という意味で、テクニカル分析では、相場のトレンドとテクニカル指標のトレンドが逆行することを言います。
MACDでのダイバージェンスとは、相場が上昇トレンドにあるときに、MACDのトレンドラインが下降トレンドを示しているような場合をいいます。
ダイバージェンスは相場の転換を暗示するものとされており、MACDのダイバージェンスも相場の天底の出現を示唆する可能性が高いサインです。

MACD利用の注意点

MACDは移動平均線を加工したものであるため、基本的にはトレンド系に分類されるテクニカル指標です。 そのため、ボックス相場(トレンドレス)には弱い傾向があり、だましが多く発生するリスクがあります。
また、トレンド転換し次のトレンドが発生する前のトレンド終盤にはトレンドレスになることが多いことから、 MACDは新規売買には有効でも手仕舞いのサインが遅くなる傾向もあることには注意が必要なところでしょう。

RCI (Rank Correlation Index)

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

【初心者必読】テクニカル分析を使いこなすうえで重要なことをわかりやすく解説!

テクニカル分析とは、 株価などの変動の推移を、図式化したものを用いて、 株価の動きを分析すること」 のことです。多くの人が「投資」といえば、上記の画像のような「チャート(図表・グラフ)」をイメージするかと思います。代表的なテクニカル分析でもある、「ローソク足」や「移動平均線」などのほか、世界中に様々なテクニカル分析が生み出されてきました。ひらたくいえば、「今までの株価をグラフにしたものを使って、現在の株価や将来の株価の動きを推測する」株価の分析方法が、テクニカル分析です。

☝それぞれのテクニカル分析に「一般的な買いサイン・売りサイン」がある

グランビル買➀

それぞれのテクニカル分析には 「このようになったら買いサイン」「このようになったら売りサイン」というような、「売買シグナル」が存在します。 しかし、全員がその通りにやって簡単に利益を上げることができるのであれば、だれでも億万長者です。

テクニカル分析において売買サインが出たものの、そのサインとは全く逆方向に動いていくことを「ダマシ」といい、相場と関わる限り、永遠に付き合うことになります。
しかし、テクニカル分析の「シグナル」が出るのが早いものであればあればあるほど、「ダマシ」となることは多いです。逆に「ダマシ」となる可能性をひくくすればするほど、「シグナル」が出るのが遅いです。 「シグナルの出るスピードと、ダマシとなる可能性は相反する」 ということは、ここでは把握しておきましょう。

テクニカル分析によって「世界中の出来事」を知ることができる

テクニカル分析を使いこなすことで、自分が普段で生活しているだけでは気づくことができない、世界中の出来事を把握することができます。

相場の急落

アメリカの突発的なテロのニュースを、ニュースをみることができる状態になければ、そのことを知ることができません。しかし、上記のような急落のチャートを見れば、 「市場が想定していなかった、新しい悪材料が出てきた」 とことだけはわかります。

様々な株価は、世界中の人や機械などが売買して、価格を形成しています。
その株価の動きをもとに作られているテクニカル分析は、 世界中の起きている出来事を、察知させてくれるのです。

テクニカル分析は「自分の予想が間違っていたこと」を教えてくれる

テクニカル分析は「自分の予想が間違っていたことを教えてくれるもの」でもあります。上の例では、テロの発生を、株価の下落要因と考えましたが、テロが起きれば必ず株価が下落するとは限りません。今までも「2001年多発テロ」の時は世界中で株価が大きく下落しましたが、「ISIS」関連のテロ事件では、そこまでの大きな下落はしませんでした。 「このニュースは上昇要因だろう」というような、個人の予想や、市場予想と、実際の株価の動きが違うことはよくあります。

これから相場に触れる方や、まだ経験が浅い方は、ピンと来ない方もいるかもしれませんしかし、 株価とは、こういった予想外の動きをする生き物です。 必ず、自分の予想や、市場予想、一般的な常識などが、通用しない場面が出てきます。

テクニカル分析を使用していると「もし自分の予想があっていれば、ここは超えるはずがない・この形にはなるはずがない」というような、「基準」がいくつか存在します。「このようになったら、自分の予想は間違っているよというヒント」を与えてくれるのです。

テクニカル分析は「トレンド系」と「オシレーター系」がある

テクニカル分析には、たくさんの種類があり、それぞれ多くの特徴を持っています。大きく分けて「トレンド系」と「オシレータ系」に分類できます。

「ト レンド系」は、移動平均線に代表されるよう、株価の方向性をつかむことに特化しています。
☞「トレンド系指標とは?知っておくべき基礎知識」

「オシレーター系」は、上がり過ぎ・下がり過ぎといった、相場の過熱感見るため に使用されます。
⇒「オシレ―タ系指標とは?知っておくべき基礎知識」

他にも、「カギ足」などの時間という概念を排除した「非時系列チャート」や、取引量から計算する分析方もあります。

「自分が使用しているテクニカルチャートは、どのように計算されていて、どのような特徴があるのか」は把握するようにしましょう。

テクニカル分析を「組み合わせる」

テクニカル分析の分析法には、それぞれメリット、デメリットが存在します。これに対しての対策として、 テクニカル指標を組み合わせる ことが有効な手段となります。

組み合わせパターンは、かなりの種類が考えられますが、しっかりとそれぞれの特徴を理解し、「弱点を補完し合うような組み合わせ」が基本と言われており、「トレンド系×オシレータ系」での組み合わせがセオリーです。そのため、様々な証券会社の取引ツールでも、メインチャートにトレンド系、サブチャートにオシレータ系となっていることが多いです。

☝都合のいい情報だけ見ないようにする

テクニカル分析を組み合わせていると、1つの分析では買いサイン、他の分析法では、売りサインというような、 それぞれの分析法によって、相場の予想が逆になる状態 があります。

そうなったときに人間は、 自分にとって、都合のいい情報だけを受け入れてしまう という特性があるため、多くのものを見ていると、自分に取って都合のいいものだけを受け入れてしまい、思わぬ大きな損失を出してしまう可能性があります。

そのため、「しっかりと目的に合ったものを選択する」ことが必要です。当サイトでは、各テクニカル指標の特徴や原理、一般的な売買サインまで、詳しく解説しますので、しっかりと理解したうえで、実際にシュミレーションをしてみてください(^^)

そして、その中で、「自分が好きなテクニカル分析」を見つけることが、長期的な利益への近道です。誰にでも、向き不向きがあり、好き嫌いもあるものです。
テクニカル指標って何 それぞれのテクニカル指標の 特徴や原理を理解したうえで、試行錯誤を繰り返し、 「お気に入りの指標」を見つけるようにしましょう。

テクニカル指標は、 「株価の動きを図式化したもの」 であり、

  • 世界中の出来事を表している
  • 「サインの速さ」と「だましの少なさ」はそう反する
  • 自分の予想の間違いを教えてくれる
  • トレンド系・オシレータ系がある
  • 「お気に入り」を見つける
  • 「組み合わせ」を意識する

これらを意識したうえで、 テクニカル分析を学び、 実践をしていくうえで、 これらを意識しているのか、 していないのかでは、 理解のスピードも、 利益が出始める時期も 大幅に異なります 「倍ブル!」では、それぞれの指標の特徴や、具体的な使用法も、 細かく1つ1つ解説していきます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とは?【違いや活用方法についてわかりやす解説】

テクニカル分析

どの株を買うべきか?を考える時に使える分析手法

  • ファンダメンタルズ分析
    企業の業績や財政状態、市場環境等を考慮して、今後成長していくと見込める企業の株式を買う手法。
    株価がどのような動きをしているかというのは考慮しない。
    主に、長期的なスパンの投資に向いていると言われている。
  • テクニカル指標って何
  • テクニカル分析
    過去の株価の変動パータンから、今後株価が上がるか、下がるかを予測する手法。
    会社の業績や財政状態等は考慮しない。
    主に、短期〜中期的なスパンの投資に向いていると言われている。

ファンダメンタルズ分析とは

今後成長が見込める 企業の株を、 できるだけ割安で 買うこと。

確認するもの使う指標
企業の収益性を確認する・株主資本利益率(ROE)
・純資産利益率(ROA)
企業の本業の成長性を確認する・売上高の増加割合
・一株あたり純利益(EPS)の増加割合
企業の安定性を確認する・フリーキャッシュフロー(FCF)
・自己資本比率
現在の株価が割安か割高かを確認する・株価収益率(PER)

そして、その企業が 収益性が十分にあり 、 将来の成長も見込め 、 財務的に安定した 企業であることが確認できたら、次は現在の株価が割安か割高かをPERで確認します。

テクニカル分析とは

移動平均線
移動平均線とは、テクニカル指標の中でも最も一般的な指標です。これは、 過去の一定期間の終値の平均値を算出し、その値をつないだラインのことを指します。
移動平均線の傾きが上向きなら推移は「上昇トレンド(=株価は値上がり方向に動いている)」、下向きなら「下降トレンド(=株価は値下がり方向に動いている)」と判断できます。

ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されており、その名の通り幅(バンド)を示す指標です。価格の変動は、大半がこの幅(バンド)の中に収まるという統計学を応用した指標です。 一般的に株価は移動平均線から離れれば離れるほど反発し、移動平均線側へ戻ってくる可能性が高いといわれております。株価がボリンジャーバンドの幅の下の方にある時は、今後反発して上にいく可能性が高く、逆に幅の上の方にある時は今後反発したときに下落方向に移動していく可能性が高いと言えます。

MACD
MACD(マックディーと読みます)は、移動平均線を応用して編み出された人気のテクニカル指標です。MACDは「MACDライン」と「シグナルライン」と呼ばれる2本の線で表現されます。 一般的に、MACDラインがシグナルラインを下から上へ突き抜けると買いのサイン、逆に上から下へ突き抜けると売りのサインと判断されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる