FX デモ取引

実質コストがもっとも安いファンドは

実質コストがもっとも安いファンドは
商品

ETFと投資信託の手数料の違いはどれくらい? S&P500・ダウ平均株価・日経平均を直近1年で比較してみた

具体的には、S&P500のETFから「iシェアーズS&P500米国株ETF(以下iシェアーズ)」、S&P500の投資信託から「バンガード・S&P500インデックス・ファンド(以下バンガード)」、ダウ平均のETFから「NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(以下NEXT FUNDS)」、投資信託から「三井住友TAM-SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン(以下三井住友TAM-SMT)」を比較します。

購入 手数料 信託報酬 信託財産 留保額
iシェアーズ 0.0000% 0.0750% 0.0000%
バンガード 0.0000% 0.0938% 0.0000%
NEXT FUNDS 0.0000% 0.4950% 0.0000%
三井住友 TAM-SMT 0.0000% 0.実質コストがもっとも安いファンドは 5500% 0.2000%

ダウ平均の方がETF・投資信託ともに信託報酬がやや高めに設定されています。また、三井住友TAM-SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープンは、信託財産留保額が設定されています。

実質コストがもっとも安いファンドは実質コストがもっとも安いファンドは
1年間 分配金総額
iシェアーズ 12.3% 15円
バンガード 13.6% 0円
NEXT FUNDS 3.0% 295円
三井住友 TAM-SMT 4.5% 0円

実質コストがもっとも安いファンドは
(1)
売却時の元本
(2)
分配金収入
(3)
売却時の手数料
収益
iシェアーズ 112.32万円 0.58万円 0.00万円 12.89万円
バンガード 113.62万円 0.00万円 0.00万円 13.62万円
NEXT FUNDS 102.97万円 0.95万円 0.00万円 3.92万円
三井住友 TAM-SMT 104.50万円 0.00万円0.21万円 4.29万円

S&P500と日経平均株価のインデックス投資の比較

  • MAXIS 日経225上場投信
  • SMDAM 日経225上場投信
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim国内株式(日経平均)
  • ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

日経平均株価・ダウ平均株価・S&P500のETF・投資信託の実績比較

具体的には、S&P500からは先ほど同様iシェアーズとバンガードの商品を参照、日経平均株価からETF「SMDAM 日経225上場投信(以下SMDAM)」、投資信託「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim国内株式(日経平均)(以下eMAXIS Slim)」を参照して比較します。

楽天VTIの実質コストは相対的に低いと推測されます

投資信託・ETF

大人気の楽天VTI

また、2018年1月からスタートした つみたてNISAの対象ファンド でもあります。


(引用元:楽天・全米株式インデックス・ファンド|楽天投信投資顧問 )

2017/9/29の設定以来、純資産総額を順調に伸ばしています。
今年中の純資産総額300億円達成 も、夢ではありませんね。

どちらも人気ですが、楽天VTIのほうが大きく伸びています。
当初予想を覆し、 楽天VTIが人気を集めている のが実態です。

第1期運用報告書から試算される実質コスト

こちらの記載内容を確認しながら、 実質コストを試算 していきます。

第1期目は決算期間が変則的

第1期目における特有の問題ですが、 決算期間には注意が必要 です。
シリーズで決算日を合わせる関係上、設定日から1年未満で決算を締めています。

楽天VTの場合、第1期の決算期間は2017/9/29~2018/7/17です。
おおよそ10ヵ月間くらいであり、正確には 292日間 となります。

1万口当たりの費用明細を確認


(引用元:楽天VTI第1期運用報告書|楽天投信投資顧問 )

前述の通り、この費用明細は1年未満の変則決算に基づく数字です。
この数字は1年間の年率ではないことから、 年換算する必要 があります。

年換算することで、 実質コスト(年率)の推定値 が求められるのです。

実質コストの年換算方法

年換算の計算方法ですが、人によって 様々な考え方 があります。
ワタシの場合は、下記条件で年換算の計算を行うこととします。

  • 交付目論見書の信託報酬年率をそのまま採用
  • 費用明細のうち 信託報酬以外の項目だけ 決算期間で年換算する
    →具体的には292で除算したのち365を乗算して算出する
  • 信託報酬年率に年換算した費用明細(信託報酬除く)年率を加算

信託報酬は、交付目論見書から税込の数字を抜粋します。
信託報酬年率= 0.1296%

費用明細のうち信託報酬以外の項目を決算期間で年換算します。
売買委託手数料年率=0.077/292×365= 0.09625%
有価証券取引税年率= 0.000%
その他費用年率=0.029/292×365= 0.03625%

以上をまとめると、下記の通りとなります。
なお、 表示は小数点第3位まで としています。

実質コストがもっとも安いファンドは
(前述の前提に基づく計算をしたうえで独自作成)

結果、信託報酬を含めた実質コストは年率0.262%と試算されました。
ただ楽天VTIはFoFなので、 VTI本体の経費年率0.04% を加えます。

VTI経費率を加えた、楽天VTIの実質コストは 年率0.302%と推測 します。

楽天VTIの実質コストが高いか低いかを考察

楽天VTIの実質コストは、第1期運用報告書で年率0.302%と推測しました。
このコスト水準が高いのか低いのか、 感じ方は人それぞれ だと思います。


(楽天VTIと同様の計算をしたうえで独自作成)

第1期運用報告書の日数が373日となっている点に注意して計算します。
その結果、iFreeS&P500の実質コストは 0.373%と推測 されました。

少なくとも、iFreeS&P500と比べると 実質コストが低い と言えそうです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と比較してみる


(公開情報より筆者が独自作成)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とiFree S&P500を比較した結果。
連動指数が同一であり、基準価額推移に大差は見られませんでした。

つまり、iFreeとeMAXIS Slimの実質コストはほぼ一緒の水準だと推測されます。
楽天VTIは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)より低コストなハズです。

少なくとも、米国株式のインデックスファンドにおいて。
現時点で、 楽天VTIが最も低コスト と考えて良さそうです。

楽天VTI実質コストへの丁寧な説明資料

こうした声を受け、楽天は補足説明資料 を公表することとなりました。
さらに、FOY2018の投票期間開始直前には追加の実質コスト資料 を発表。

顧客本位の現れか、 FOY2018対策 なのか、真偽は定かではありません。
どちらにしても、丁寧な説明がなされている点は評価すべきでしょう。

  1. 売買委託手数料を協会規則の簡便法で計算している
    → 結果的に大きな数字 となった
  2. 売買委託手数料の実額は今後も同水準程度を想定


(引用元:運用報告書「1万口当たりの費用明細」の内容について|楽天投信投資顧問 )

協会規則の簡便法で計算すると、第1期と第2期で印象が大きく変わります。
実際にかかった費用の実額とは関係なく、 分母が変わってしまうから です。

協会規則では、平均受益権口数を分母として割算する簡便法で計算します。
平均受益権口数が少ない設定当初の決算では、 コスト高に映ってしまう 。

円未満が四捨五入となっているので、 まさに概算値 といったところ。
載っている数字を単純に4倍すれば良い、という性質ではありません。

それでも、実質コストの開示について積極的な姿勢は良いですね。
ただ、今回の発表が 単なるFOY2018対策かどうか がポイントです。

楽天VTIは現時点で相対的に低コストと推測

現時点で公開されている資料およびデータから、推測できる範囲において。
楽天VTIの実質コストは、他ファンドと比べて 相対的に低い と考えます。

米国株式に投資をするのであれば、 楽天VTIは良い選択 となりそうです。

まだ未決算ですが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)も気になります。
純資産総額を順調に伸ばしており、楽天VTIのライバルファンドです。

ところで、楽天VTIの実質コストが今後下がっていくと仮定して。
おそらく、 実質コストがもっとも安いファンドは 0.2%台後半に落ち着 くのではないかと想像しています。

先ほども触れた通り、eMAXIS Slim 実質コストがもっとも安いファンドは 先進国株式の実質コストは0.1%台。
この超低コスト水準は、やはり異次元だったのだと改めて感じるところ。

アクティブファンドなのにインデックスよりも手数料が安いSOMPO123とは

商品

AERA 2022年2月14日号より(dot.)

SOMPO123とは

SOMPO123とは「SOMPOアセットマネジメント」が出したアクティブファンドの商品です。日本を除く先進国の中から約123銘柄の株式を選出し投資しています。MSCIコクサイ・インデックス (日本を除く先進国22ヵ国に上場する大・中型株のうち、約1,300銘柄を採用。市場カバレッジ85%を目標に浮動株調整後時価総額の上位銘柄から採用) に連動するように運用します。信用格付けの低い銘柄は除く等の特徴があります。米国の割合が約74%、組入上位は「アップル、マイクロソフト、アルファベット、アマゾン、メタ」等のインデックス投資でお馴染みの企業となっています。一番の特徴は信託報酬の安さ。投資信託の手数料は、①購入時手数料、②信託報酬、③信託財産留保額があります。このうち、①と③は無料となる証券が多いので、問題は②の信託報酬の手数料です。これは投資信託を保有している間にかかってくる手数料です。手数料が高いと、株価が上昇し利益が出ても、その利益部分が減少してしまいます。信託報酬は近年非常に安くなってきているのですが、アクティブファンドでは、ファドマネージャが銘柄選定をするなど、人件費がかかりますので、どうしてもこの信託報酬が高くなります。そのような中、SOMPO123は、信託報酬が「0.077%」(税込)と破格になっています。信託報酬はいくら安くなったとはいえ、長期間投資し続けると、だいぶかかってきます。例えば、毎月1万円を30年間投資した場合、SOMPO123(0.077%)とB商品(1.077%)では、信託報酬の差が90万円となります。このように長期で考えると、信託報酬のわずかな差が、大きな額となります。よって、 信託報酬の安さ だけをみれば、この商品は 絶対にお得 です。しかしながら、手数料の安さだけでは決められませんので、その他の条件をみて、この商品が投資対象になり得るのかをみていきます。

人気の投資信託商品との比較

積立投資では「eMAXIS」シリーズが人気です。この商品の中から、全世界株式、米国株式(S&P500)、先進国株式、NASDAQ100との比較を行っていきます。
sompo123は、先進国株式に投資する商品であるため、eMAXIS Slim 先進国株式に最も類似しています。

sompo123とeMAXISSlim先進国株式の比較

・sompo123の方がハイテク銘柄の比率が高い
・先進国株は1285銘柄、sompo123は123銘柄 分散効果は薄い 少数精鋭

sompo123の懸念点

ポイント付与率
信託報酬が高い方がポイントの付与率が高くなります。sompo123の方が信託報酬が安いので、ポイント付与率は低くなります。
(SBI証券の場合 so,po123:年率0.022% 先進国株:年率0.0365%)
それでも、信託報酬はsompo123の方が安いので、全体的にみるとsonpo123の方がお得です。
(信託報酬 sompo123 0.077% 先進国株:0.1023%)

今回は、そんなETFで運用した方が投資信託よりも高いコストを支払っているということをお伝えいたします。
具体的に、S&P500に連動するETFであるVOOは経費率が0.03%で業界最低水準です。
一方で、投資信託であるeMAXIS Slim米国株式の経費率は2020年5月現在0.0968%です。
また投資信託には隠れコストがあります。
それを含めた実質コストは0.177%です。(1万口当たりの費用明細の信託報酬以外の諸経費 0.065% × (365日 ÷ 第1期の日数 297日)+ 信託報酬 0.097% 実質コストがもっとも安いファンドは = 0.177%)

S&P500の配当利回りは約2%です。VOOを保有した場合、この配当金に対して米国でまず10%課税されます。その後、日本で20%の二重課税が生じます。
この配当金への累計課税率は28%です。
つまり配当利回りが2%なので、2%の28%だと、運用資産に対して0.56%の課税となります。

一方、eMAXIS Slim米国株式は配当再投資が自動で行われます。
ここで大きく違うのが、日本に送られず再投資されるため、米国内の10%のみの課税となる点です。したがって、日本での二重課税が生じません。
つまり、配当金2%の10%課税のみなので運用資産に対して0.実質コストがもっとも安いファンドは 2%の課税となります。

ここで一旦整理致します。
VOOは、経費率が0.03%ですが、配当金への課税が0.56%掛かります。
つまり配当金再投資条件では、年間0.59%のトータルコストになります。

一方eMAXIS Slim米国株式では経費率が0.177%であり、配当金への課税は0.2%ですので、年間0.377%のトータルコストになります。
更に、通常ETFでは別途売買コストがかかります。(マネックス証券の場合、買付だけ実質無料)
一方、eMAXIS Slim米国株式は売買手数料ゼロです。
この点もコストの差に少なくない影響を与えてきます。

今回はコストについて寄稿しましたが、自動で再投資できる点でも投資信託は優れていると思います。
金融商品の選定に至って大事なことは、コストを下げることが最も大事なことでしょうか?
もちろん、コスト意識は大事ですがそれ以上にご自身に合ったものをお選びいただくことが豊かな人生を歩むポイントではないかと思います。

【会社概要】
株式会社バリューアドバイザーズ
ファイナンシャルアドバイザー 吉村 卓也

<仕事内容>
「価値のある金融コンサルティングの追求」を理念に、資産運用・資産保全・家族信託サービス・相続診断等を行っています。
相続前に有価証券を処分するか迷っている方、有価証券を相続して何から手を付けて良いかわからない方はお気軽にご相談ください。
初回相談無料です。

SBI VTI 業界最安0.0938%手数料 最強VTI投資信託 実質コストがもっとも安いファンドは SBI・V・全米株式インデックスファンド 積立NISA対象認定済み

まよい子

さんぺぐ

今回新しく登場したSBI・V・全米株インデックスファンドは誰もが最も長期で持ちたい全米投資を業界最低水準(0.0938%)のコストで持つことができるというメリットが最大の特徴です。今回は2021年6月に新登場のSBI・V・全米株インデックスファンドについて解説したいと思います。

もしよろしければ、さんぺぐ(@sunpeg1)実質コストがもっとも安いファンドは Twitterのフォローもよろしくお願いします。

SBI・V・全米株インデックスファンドとは?

SBI・V・全米株インデックスファンドは、 全米 (大型株~小型株まで)の株式市場の値動きに連動 する投資成果をめざしています。※指数としては、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動します

CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)とは、 米国株式市場の大型株から小型株までの4000銘柄を対象とし、投資可能銘柄のほぼ100%をカバーした時価総額加重平均型の株価指数です

バンガードが運用する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」を実質的な主要投資対象とするとのことです。

信託報酬率:年率0.0938%(税込)
純資産額:ー(開始前のため)
設定日:2021年06月29日

ベンチマークCRSP US指数
(トータルマーケットインデックス)
S&P500指数
対象米国株式米国株式
株式分類大型・中型・小型大型
銘柄数約4000銘柄上位500銘柄
カバー率約100%約80%
形式時価総額加重平均時価総額加重平均

CRSP US指数のほうが、全米国株式に投資しているということで広く分散がされていて米国100%の力に連動する指数といってよいでしょう。

また、加えて、5年間のCRSP US指数の代表ETFであるVTIとS&P500の代表ETFであるVOOのチャートを見ると下記のようになります。

VTIがやや上回っていますがそこまで大差はありません。全米全体に投資することはいずれにせよ強力な株価上昇につながることは明白でしょう。

実質コストがもっとも安いファンドは さんぺぐ

世界株投資、先進国投資、米国株投資と並べてみるとここ10年のトータルリターンは米国株投資がもっとも大きなリターンを出しています。様々な指数がありますが、長期で見れば、全米指数(CRSP US指数)が今はもっとも強い指数であるというのは誰もが疑わない事実です。

SBI・V・全米株インデックスファンドの特徴とは?

SBI・V・全米株インデックスファンドの特徴とは?

ポイント1.全米投資としては業界最低水準コスト0.0938%(税込み)です。

全米投資信託管理費用
SBI・V・全米株インデックスファンド0.0938%
楽天全米インデックスファンド0.162%

ポイント2.つみたてNISAに認定済み!金融庁お墨付きの投資信託商品であること

つみたてNISA対象商品にSBIアセットの「SBI・V・全米株式」、全米株式対象で最低の運用コスト(2021/06/16 10:36 モーニングスター社より)

金融庁は6月15日、つみたてNISA対象商品のリストを更新し、指定インデックス投資信託に、SBIアセットマネジメントの「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全米株式)」を追加した。

金融庁のつみたてNISA対象商品として選定されるされる基準は、①投資信託、またはETFであること ②信託期間の設定がない、または信託期間が20年以上 ③毎月分配型ではない ④デリバティブ運用ではない ⑤販売手数料:ノーロード ⑥国内資産の対象は信託報酬0.5%以下 などかなり厳しい基準のものとなっています。つまり、その厳しい基準をクリアしていることを認められたSBI・V・全米インデックスファンドは優秀な銘柄であることは現時点では証明されています。

ポイント3SBI証券でのみ購入可能。2021年06/30 より開始のカード積み立て投資と合わせて長期投資が可能です。

このSBI・V・全米インデックスファンドはSBI証券のみで購入が可能です。また06/30より始まるカード積み立てを利用すれば、通常時は0.5%のVポイント還元もあるので長期で投資する先としてはこうしたおまけがあるとしてみたくなりますね。

さんぺぐ

長期で積み立てる上では、商品も重要ですが、積み立てながらなにかしらの恩恵を受けられる仕組みは嬉しいですね。

何を買うべきか? SBI・V・全米株インデックスファンドと楽天全米株式ファンドとETFのVTIの比較について

新登場のSBI・V・全米株インデックスファンド の最大のライバルとして、 楽天全米株式インデックス・ファンド(通称:楽天VTI) があります。今回はそれに加えてETFのVTIを入れて、3つを比較したいと思います。

実質コストがもっとも安いファンドは
SBI・V・全米株インデックスファンド 楽天全米株式インデックス・ファンド(通称:楽天VTI) VTI(バンガード®・トータル・ストック・マーケットETF
連動指数CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)CRSP USトータル・マーケット・インデックス(米ドルベース)
投資商品種別投資信託投資信託ETF
設定日2021年6月29日2017年9月29日2001年5月31日
総資産額まだなし2917億円27兆3900億ドル(2490億ドル)
管理費用 0.0938 0.162%0.03%(経費率)
つみたて
/一般NISA
つみたてNISA可能つみたてNISA可能一般NISAのみ
特徴の違い管理費用が業界最低水準であること
2017年に運用を開始して既に3000億規模の純資産がある信頼感
2001年に運用を開始しておりドル資産としてTOP10に入る人気のETF

どの商品であっても、リターンは同じですので、何を買うべきかは「手数料率」と「投資信託orETF」かという部分が重要かと思います。

1.日本円として資産を長期で持ちたいならSBI・V・全米インデックスファンド(手数料率が最安)
2.ドルで資産を長期で持ちたいならVTI(バンガード®・トータル・ストック・マーケットETF

になるでしょう。

投資信託は、長期投資の大きな味方として自動積立、分配金の再投資、金額指定自由という3つの特徴があることもあり日本円を中心にして持ちたいのであればSBI・V・全米インデックスファンドが適していると思われます。

さんぺぐ

SBI・V・全米インデックスファンドについては、まだ実質コスト(信託報酬+隠れコスト)については不明です。※ちなみに楽天全米株式インデックスファンドは信託報酬0.162%+隠れコスト0.047%=0.209%になります。しかし、SBI・Vシリーズの最低水準を目指すということから、おそらくかなり低いものではないかと思われます。

まとめ:全米株式を新しく積み立てるなら、SBI・V・全米インデックスファンドにすべき!

1.SBI・V・全米株インデックスファンドは、全米(大型株~小型株まで)の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざしています。
2.SBI・V・全米株インデックスファンドの特徴は、ポイント1.全米投資としては業界最低水準コスト0.0938%(税込み) ポイント2.つみたてNISAに認定済み!金融庁お墨付きの投資信託商品であること。ポイント3SBI証券でのみ購入可能。2021年06/30 より開始のカード積み立て投資と合わせて長期投資が可能です。
3.SBI・V・全米株インデックスファンドと投資信託楽天全米株式ファンドとETFのVTIの比較して、日本円として資産を長期で持ちたいならSBI・V・全米インデックスファンド。ドルで資産を長期で持ちたいならVTI(バンガード®・トータル・ストック・マーケットETF)になる。

さんぺぐ

SBI・V・全米株式インデックスファンドは、最も人気なインデックスファンドになる可能性があります。ただ既に楽天全米株式ファンドを持っているのであればそれは換金すると税金を取られることもあり、そのままにして、これから新しく積み立てるようなものであれば、SBI・V・全米株式インデックスファンドを積み立てをしていくのがよいでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる