オプション投資戦略

移動平均線の基礎

移動平均線の基礎
「はじめての自動AIツール」ダウンロード

移動平均線の仕組みと「傾き」と「位置関係」を使った分析法【移動平均線講座①】

MAの図解

相場の世界においては、たくさんの投資家が、様々な材料をもとに、将来の予測を行い、ポジションの変更を行います。その変動する株価と、変化する相場環境を、参加している投資家が分析し、それぞれの売買を行い、結果として適正とされた結果が「終値」ですこれを移動平均線が終値の平均値であることを考えると、「移動平均線はその銘柄の売買された価格の平均」なのです。 「移動平均線は、その銘柄の、 市場全体が適切とした価格かつ、 売買に必要であったコストの平均」 を意味していると、まずは頭の片隅に入れておきましょう。

移動平均線にも種類がある

ここまでの説明は、移動平均線の中でも日本で最もポピュラーなものである「単純移動平均線」について解説してきました。なお、平均線には、その計算方法の違いにより、いくつかの種類に分類されます。いきなり覚える必要はありませんが、他のテクニカルチャートで使用されているものもありますので、「移動平均線にも種類があり、それぞれメリット・デメリットや特徴があると覚えておきましょう。

移動平均線の見方・使い方!

移動平均線の原理を理解したところで、移動平均線の使い方についてみていきましょう。 よく、なお、移動平均線の基本的な使い方として、ゴールデンクロス・デットクロスが説明される場合がありますが、ここでは移動平均線1本を使った方法を見ていきます。

移動平均線の傾きで分析する

移動平均線の傾きの図解

移動平均線の分析方法の1つとして「傾き具合で分析する」という方法があります。 移動平均線が上に傾いていれば、終値が徐々に上昇していることを示すため「上昇トレンド」、移動平均線が下に傾いていれば「下方トレンド」、移動平均線が横這いであれば「もみ合い」と考える ことができます。

なお、「単純移動平均線は設定期間の半分ほど遅れて推移する」と考えられており、設定期間が長ければ長いほど直近の早く反応し、長ければ長いほど緩やかに推移します。 「移動平均線の傾き具合を見ることで、長い目線での相場のトレンドを分析することができる」 と覚えておきましょう。

移動平均線と株価の位置関係で分析する

移動平均線と株価の位置

移動平均線のもう一つの使い型として、 「株価とローソク足の位置関係で分析する」 という手法があります。上記にもあるように、移動平均線は「その銘柄の売買コストの平均」を表しています。つまり、そのときの株価が移動平均線より上にあれば買い方が有利な状況、移動平均線より下にあれば売り方が有利と考えることができます。つまり、株価が移動平均線を交差するときには、その立場が逆転することになります。そのため「移動平均線は支持抵抗線になりやすい」と言い換えることができます。

ゴールド(GOLD/XAUUSD)で移動平均線は効く?

移動平均線(MA)を用いた手法|GOLD/FX/XAUUSD/金相場” width=”移動平均線の基礎 1356″ height=”763″ src=”https://www.youtube.com/embed/5JO8W_Te5hs?start=274&feature=oembed” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen>

移動平均線の基礎/おすすめ設定

移動平均線とは

移動平均線は、 一定期間の終値の平均値を計算してそれを曲線で表示したもの です。上の図にて表示させているのは、期間100、200の平均線です。

重要なのは、 期間の数字が大きいほど平均線の動きが緩慢で、小さいほど敏感 ということです。

この中で、トレーダーが用いている割合が高い平均線は以下の通りです。
・短期:25
・中期: [50] 、75
・長期: [100]、[200]

中でも、[]でくくられている期間に関しては、 80%以上のトレーダーが表示 させています。
[]がない期間でも、50%近くは表示をさせています。

上記の期間である平均線は 相場波形との接触時の意識度が高い です。平均線の期間は自由に設定できますが、 5の倍数 に合わせた平均線がより意識度が高い傾向にあります。

代表的な移動平均線2タイプ

移動平均線には 「SMA」と「EMA」 と呼ばれるものが代表的なタイプとしてあります。

・SMA:投資家/トレーダーの 多数派が使用
・EMA:直近価格に重要度を傾けるタイプのため、 察知は早いがダマシリスク も

どちらの平均線にもメリット/デメリットはありますが、私は SMAをおすすめ しています。

理由はシンプルで、 多数派が利用しているならそのほうが意識度が高まりやすいから 移動平均線の基礎 です。

即実践できる見方/使い方

トレンド把握の最短ルート

移動平均線が描く曲線は、 トレンド方向とほぼ一致する傾向 にあります。

この時、 期間が大きい平均線ほど長期目線、小さいほど短期目線 になります。 なので、自分がその時間足内で長期/短期的どちらでトレンドを見極めているか、ということは把握しておきましょう。

例えば、期間200の平均線で右肩上がりなら、長期目線での上昇トレンドとしてとらえることができます。
そのことを踏まえた際に、 移動平均線のトレンド把握として最も信頼性が高くなる状態 が実はあります。

相場波形が各時間足の平均線よりも外側に位置している状態、それを パーフェクトオーダー と呼びます。この状態の時、 トレンド力が強いという傾向 があり、上の図のように青い〇以降に強い上昇を見せております。

なので、自分が含み益を持っている状態でパーフェクトオーダーが発生したら、ある程度保有してみて 主要平均線を割り込むまで粘ってみると大きな利益 を見込めます。

準トレンドライン

この図のように、移動平均線には 曲がるトレンドラインという特性 があります。

ぶつかれば 基本的に反発して、ブレイクすればその方向に加速する可能性が高まる という可能性が高まります。傾向として、 期間が長い平均線ほど相場波形と接触した際のインパクト度合いが大きい です。

おすすめは、期間100、200は最低限表示をさせておいて、 他のテクニカル指標と合流している優位性が高い瞬間を狙っての注文 です。

反発しない時の相場波形の動き方として、 平均線と波形がしばらく並行して動く というものがあります。

この時、平均線のパワーが不十分で反発をさせきれない、という考え方ができます。そのため、上の図でも上げている通り このパターンが来るとブレイクを警戒する という活用の仕方があります。

◆押さえておくべきこと
・期間100、200を中心に、多くのユーザーが用いる平均線は意識される
・トレンド把握として役に立ち、パーフェクトオーダー時は特にトレンド力高い
・準トレンドラインとしての機能があり、期間が長いほどインパクトが大きくなる

それだけに、 いつ意識度が高そうか ということに気を配る必要があります。

チャート上に4本以上の平均線がある場合、それぞれの平均線が現状意識されているかを把握することは手間です。 自分が情報を消化できる数の平均線を表示させることで、ほかのテクニカル指標と並んで効力を発揮 します。

FX初心者は移動平均線を活用しよう!おすすめの使い方と設定方法

「はじめての自動AIツール」ダウンロード

「チャート分析の方法をいろいろ調べたけど、結局どれを使えばいいのかわからない」
「移動平均線の使い方がよくわからない。。。」

FXを勉強しているあなたは、毎日必ず「移動平均線」を目にしますね。

「移動平均線」は使い方を少し工夫すればとても、役に立つインジケーターです。しかも、非常にシンプルに活用できます。

・移動平均線はどのように使うのか?
・おすすめの設定方法
・エントリーの局面

テクニカル分析で使う移動平均線とは?

MA

移動平均線

移動平均線計算方法

『Moving Average』の直訳である移動平均線は、テクニカル分析のなかでも多くのトレーダーがトレンドを把握するために用いるインジケーターです。

おすすめの移動平均線設定方法は?

みなさんにおすすめする設定は、日足[5・25・75・200]です。

「実際どの期間で移動平均線を設定すればいいのか」と迷う人も多いでしょう。

5日=1週間(月~金の市場時間)
25日=1ヶ月
75日=3ヶ月(四半期)
200日=1年

移動平均線は大きく分けて二つの種類がある

SMAは、「Simple Moving Average」この頭文字を使っています。日本語では、単純移動平均線です。この記事では主に、SMAのことを指して解説しています。

EMAは、「Exponential Moving Average」この頭文字を使っています。日本語では、指数平滑移動平均線です。過去の値動きを考慮し、直近の値の値動きをより多く反映したものになります。

MT4での表示のさせ方

表示方法

詳細設定

移動平均線の基本的な使い方3選

1.ゴールデンクロス・デッドクロス

2.押し目の判定で使用する

3.方向性の確認で使用する

1.ゴールデンクロス・デッドクロス

ゴールデンクロス

デッドクロス

2.押し目の判定で使用する

グランビルの法則!移動平均線をわかりやすく解説!

FXチャートを分析する際、移動平均線は、ないよりもあった方がいいです。別になくてもラインだけで十分に分析はできるのですが、ライン分析の補助ツールという認識で利用することをオススメします。 移動平均線(MA:Moving Average)とは 移動平均線とは、ある一定期間の価格か.

3.方向性の確認で使用する

移動平均線はチャートが上昇しているか、下降しているのか方向性を定める時に使用できます。
(例)
・移動平均線がローソク足の下にあれば、上昇
・移動平均線がローソク足の上にあれば、下降
・移動平均線がローソク足に絡みついていればレンジ

チャート分析法 移動平均線 基礎編

チャート分析

この記事は移動平均線基礎編です。移動平均線はテクニカルの分析において多く投資家たちに用いられているものです。価格が現在どのように推移しているかを確認するために移動平均線は最適なテクニカル指標です。

1.移動平均線とは何か

つまり 期間の終値の合計/期間の日数

終値 5日移動平均線
100
120
110
110
115 111
120

移動平均線(期間別)の種類

日足チャート

週足チャート

月足チャート

移動平均線の種類

①単純移動平均線(MA)

②加重移動平均線(WMA)

③指数平滑移動平均線(EMA)

2.移動平均線の使い方

①トレンドの確認に使用している

移動平均線の特徴として複数の移動平均線を同時に使うことによってより相場観が明確になるというものがあります。日足における移動平均線では三本を同時に用いることが通常です。

それに加え、移動平均線の傾きによってトレンドの強さが表れます。移動平均線が示す傾きが大きければ大きいほどそれは大きなトレンドを表します。

右肩上がりで傾きが急であれば 強い上昇トレンド
右肩下がりで傾きが急であれば 強い下落トレンド

FXの移動平均線の本当の意味やその使い方をプロトレーダーが徹底解説【多くの人は分かっていない】

FX初心者向け

今回は、移動平均線の本当の意味やその使い方について詳しく解説していきます。

せっかく持っている『移動平均線』という武器の長所を全く活かせていないのは、非常にもったいないです。

移動平均線の見方・使い方 が 分からなかっ た ので「 こうやっ て 見るのか!」と目から鱗でし た

FXの移動平均線が表しているもの

「相場の方向(=トレンド)」

  • 売り勢力と買い勢力のどちらが強いのか?

移動平均線の向き(上向き・下向き)から何が分かるのか?

移動平均線が上を向いて走っているということは、その期間内の終値の平均値がどんどん上がっていっているということであり、売るトレーダーより買うトレーダーの方が多い状況が続いているということです。

学校のテストの平均値で移動平均線を考えると分かりやすくなる

テストの平均値が高いということはそれだけクラスの中に頭の良い人が多く高得点を出したからであり、多少頭の悪い人がいてもそんなに平均値は下がりません。

の流れなので、 その流れに合わせて「買いポジションを持つこと」に優位性があるということが分かります。

移動平均線が水平になるということはどういうことか?

このチャートでは移動平均線は「下落」から「水平」になりつつありますが、水平になるということはその期間(本件の場合20期間)のレートの平均値の下落がなくなったことを示しています。

そして、更にその水平になった移動平均線をレートが上抜くということは、その瞬間の価格が平均値を上回ってきたことを示し、売るトレーダーよりも買うトレーダーの人数の方が多くなってきたということです。

「売り勢力と買い勢力のどちらが強いのか?」

移動平均線はトレーダーの「損益分岐点」でもある

移動平均線の基礎 また、移動平均線はその期間におけるトレーダーの「損益分岐点」という考え方もできます。

  • 過去20期間の間、買っているトレーダーは相対的に利益を上げていて
  • 過去20期間の間、売っているトレーダーは相対的に負けている

そうです、「買い注文」です。

1.既に買っていて利益が出ているトレーダーは決済する理由が特にないので売り注文を出さない
2.移動平均線の基礎 上昇しているのを見て買ってくる素人トレーダー達の買い注文が更に入る
3.既に売っていて負けているトレーダー達の決済の買い注文が入る

という3つの理由から、 「売り注文」よりも「買い注文」の方が多くなるため(=注文の集中)、レートは上昇しやすいのです。

移動平均線を多重表示して各時間足の相場の流れを読む

上位足が上昇(上位足移動平均線が上向き)の場合

80期間の移動平均線(中期:赤線)は上方向に向かって伸び続けており、大きな相場の流れ(=トレンド)は「上」だということが分かります。

1.既に買っていて利益が出ているトレーダーは特に決済する理由がないので売り注文を出さない
2.上昇しているのを見て買ってくる素人トレーダー達の買い注文が更に入る
3.既に売っていて負けているトレーダー達の決済の買い注文が入る

という理由から、 売り注文よりも買い注文の方が多くなりレートが上昇しやすいため、上方向へ伸びる可能性が高く、80期間の移動平均線の方向に買いポジションを持つことに優位性があるということが分かります。

相場は大きな流れ(=トレンド)には逆らうことは基本的にできませんから、その大きな流れの方向に小さな流れが合致していくポイントからが最も伸びやすい局面と言えるからです。

上位足が下降(上位足移動平均線が下向き)の場合

目線が下なので、あとは下位足の方向が「下」になる瞬間を狙ってエントリーをかけることができれば、大きな相場の方向に乗って利を得る可能性が高くなります。

1.既に売っていて利益が出ているトレーダーは特に買い戻す理由がないので買い注文を出さない
2.下落しているのを見て売ってくる素人トレーダー達の「新規売り注文」が更に入る
3.既に買っていて負けているトレーダー達の「決済の売り注文」が入る

1.既に売っていて利益が出ているトレーダーは特に買い戻す理由がないので買い注文を出さない
2.4時間足レベルの戻り目の中で1時間足レベルの下降トレンド転換をしてきたことによる「新規売り注文」が入る
3.下落しているのを見て売ってくる素人トレーダー達の「新規売り注文」が更に入る
4.既に買っていて負けているトレーダー達の「決済の売り注文」が入る

このように、大きな流れと小さな流れの方向を示した移動平均線を1つのチャートに重ねて表示させることで、「長期トレーダー」と「短期トレーダー」の思惑や注文の状況が分かるようになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる