FX デモ取引

Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴

Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴

ブレード口座は、スプレッドを基本ゼロにした代わりに手数料が1ロットごとに3.5ドルかかります。
おおむねスタンダード口座より「安あがり」のようで、僕の友人を含めスキャルパーに好まれているようです。

TitanFX(タイタンFX)

TAITAN FXのレバレッジは最大500倍です。
海外FXで100倍を超えるレバレッジは珍しくありませんが、500倍とはかなり高い部類に入るでしょう。
また、レバレッジでの取引の場合、資金以上の損失を被らないようにロスカットというリスクヘッジのシステムが採用されています。
その強制的に決済されるロスカットのタイミングも、TAITAN FXがほかの業者と異なる特徴です。
ロスカットのタイミングは証拠金維持率によって決まり、その率はFX業者によって違いますが、証拠金維持率の高い業者では100%というところもあります。
一般的には70%程度が平均でしょう。その点、TAITAN FXでは証拠金維持率が20%なのです。これだけ低いと、多少含み損が出たとしてもロスカットを気にせず余裕のある取引ができるでしょう。

ゼロカットルールを採用

レバレッジの取引では、資金以上の損失を防ぐためにロスカットのシステムが採用されていますが、相場の急変によってはそれが追い付かないこともあります。
ロスカットされなければ自分の資金以上の損失を被る可能性もあるということですが、そういう事態が発生した場合、トレーダーはマイナスとなった分を追加で入金しなければならないのが通常のやり方です。
ところが、TAITAN FXではゼロカットというルールを採用しているため、資金以上の損失を負担しなくてもよくなっています。

具体的な例を挙げると、たとえば証拠金が20万円の時にレバレッジで規模の大きな取引をしていたとします。
この時、相場の急変で50万円のマイナスとなった場合、通常なら差額の30万円が追証として発生するところ、ゼロカットルールによりそれがトレーダー負担になりません。
差額の30万円分の損失はTAITAN FXが代わりに負担してくれます。
このため、ハイレバレッジでの取引だとしても、最悪の場合でも証拠金を全部失うだけで済み、トレーダーが借金を背負うようなことはないのです。

低スプレッドの口座がある

TAITAN FXでは2種類の口座タイプが選べます。
「Zeroスタンダード口座」というスタンダードなタイプの口座と、スプレッドの狭い「Zeroブレード口座」の2種類です。
前者はスプレッドに特筆すべきものはないですが、手数料がかからないというメリットがあります。
後者は片道手数料が3.5ドル必要ですが、スプレッドの狭さは業界トップレベルです。 Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
中級者以上の方ならブレード口座をおすすめします。初心者のうちはスタンダード口座で取引に慣れるところから始めるのがよいでしょう。

高い約定力

TAITAN FXは注文が確定するまでのスピードがとにかく速いです。
約定スピードは0.45秒と言われていますが、それは、海外だけでなく東京にも高速サーバーを設置しているからです。
そのため、海外FXですが日本国内のトレーダーは有利な取引ができます。約定に時間がかかると、注文した時と確定した時のレートが変わってしまうスリッページが起こってしまいますが、そうなるとトレーダーに不利な取引になりやすいです。 Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
TAITAN FXではスリッページがまず発生しないため、成行注文で思った通りのトレードができます。

自動売買の最強取引ツールがある
TAITAN Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 FXでは「MT4(メタトレーダー)」という取引ツールを使っています。
このツールには多彩な注文方法やカスタマイズなどの特徴があって人気なのですが、特に便利なのが自動売買のプログラムがあることです。
また、「VPS」という仮想自動売買サーバーなるものを提供してくれるため、パソコンの電源を落としている時でもトレードが可能になります。
寝ていても自分のスタイルに合うように勝手に売買してくれるわけですから、初心者や時間のない方には強力な武器となってくれることでしょう。

サポートは日本語にも対応

バヌアツが拠点のFX業者ですが、TAITAN FXには日本語ができるサポートデスクが準備されています。
しかも、月曜朝7時の取引開始から土曜日の午前0時まで24時間体制でのサポートですので、時差を気にすることなく何かあった時に気軽にサポートが受けられます。
なお、TAITAN FXはアメリカの時間を基準にしているため、夏時間と冬時間で取引の時間が日本時間と異なることに注意しましょう。
3月と11月に1時間ずれるので、TAITAN Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 FXで取引を始めたら、この時期の時間変更に気を付けてください。

その他おすすめ海外FX業者

詳細ページ 公式サイト 口座開設で3000円分の証拠金プレゼント。
さらに最大50万円の入金ボーナス!

Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
888倍 1.7pips20%以下
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり
上記はスタンダード口座・マイクロ口座の内容です。他口座につきましては公式サイトをご確認ください。

最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
400倍 1.0pips 20%以下
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり なし
上記はナノスプレッド口座の内容です。他口座につきましては公式サイトをご確認ください。

詳細ページ 公式サイト 最大1000万円分の100%入金ボーナス

最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
500倍 1.1pips 20%以下
Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり あり

詳細ページ 公式サイト 1000ドルまで入金100%ボーナスあり

Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
400倍 1.8pips0%以下
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり あり

Tradeview Forexは、スプレッドの狭さに定評がある海外FXブローカーです。ILC(Innovative Liquidity Connector)口座の狭スプレッドは海外FX業者の中でもトップクラス。最低入金額が10万から、ロスカット水準が100%と.

Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

https://fx-tm.com/wp-content/uploads/2021/01/prof3.jpg

僕が理解しているNDD方式は、スタンダード口座の「STP(Straight Through Processing)Instant Market 方式」の方です。
ブレード口座の「ECN(Electronic Communications Network、電子証券取引ネットワーク)方式」に関しては、株の証券取引所のような仕組みだということは理解してるのですが、情報もすくなく、個人的には通常のインターバンク市場を介した取引の方がなんとなく安心できます。ただ、ECNも、国内FX業者のような意図的に為替レートを操作できる仕組みではないようです。

スタンダード口座

スタンダード口座


すでにお話ししたように、僕の使っているのがスタンダード口座です。
スプレッドも1.1〜1.3ぐらいと狭いですし、トレーダーの注文を直接インターバンク市場に流すNDD(ノンディーリングデスク)方式という点も気に入っている理由です。

ブレード口座

ブレード口座

Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
ブレード口座は、スプレッドを基本ゼロにした代わりに手数料が1ロットごとに3.5ドルかかります。
おおむねスタンダード口座より「安あがり」のようで、僕の友人を含めスキャルパーに好まれているようです。

「スタンダード口座」を使う僕は少数派?

先物取引会社時代の同僚を含め、僕のまわりのTitan FX(タイタンFX)ユーザーは「ブレード口座」を開設する人の方が多いようです。
特にスキャルパーは、MT4の建値に表示されるラインがちょっとでも離れた位置にあるのを嫌うのでしょう。

ただ、はじめは「ブレード口座」を開設した人が、そのあと「スタンダード口座」に変更するケースが目立ちます。
おそらくですが、1ロットごとの3.5ドルかかるブレード口座の手数料が、「往復で7ドルかかる」ことに後から気づいた人が、「スタンダード口座」に乗り換えているような気がします。

Titan FX(タイタンFX)のトレーディングツール

Titan FXのトレーディングツール

僕が使っているトレーディングツールは、「トレード日記」にあるとおりMT4(メタトレーダー4)です。
Titan FX(タイタンFX)でも、もちろんこの世界最強のトレーディングツールを無料で利用することができます。

MT4 & MT5

MT4 &MT5

https://fx-tm.com/wp-content/uploads/2021/01/prof3.jpg

僕は「海外FX業者+MT4」の組み合わせでトレードするようになってから、格段にFXの収益が向上しましたから。
Titan FXでも他のFX業者でもかまいません、とにかくMT4を使うだけで、あなたのトレード成績が大きく伸びる可能性があります。

Titan FX(タイタンFX)では、FX以外にも日経225・NYダウといった株価指数、原油やゴールドなどもMT4で取引可能

Titan FX(タイタンFX)の入出金方法

Titan FX(タイタンFX)の入出金方法

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード・デビットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)・Skrill(スクリル)・NETELLER(ネッテラー)

このように、Titan FX(タイタンFX)の入出金方法は、いろいろな方法が使えてすごく便利です。
日本国内に在住の方は国内の銀行から送金できますし、海外在住の方でしたら海外銀行からでも送金可能です。

https://fx-tm.com/wp-content/uploads/2021/01/prof3.jpg

でも、僕も利用していて一番便利なのは、クレジットカードやデビットカードを使った入金方法です。
これだと、送金手続きとほぼリアルタイムでTitan FX(タイタンFX)の口座に残高が反映されるので、貴重なトレードのチャンスを逃すことがありません。

国内銀行送金

国内の銀行からTitan FX(タイタンFX)の口座に送金、またはTitan FX(タイタンFX)の口座から国内銀行の口座に送金できます。
銀行の振込み手数料は客の負担となります。
Titan FX(タイタンFX)の口座には、だいたい1時間ぐらいで反映されます。

海外銀行送金

海外の銀行から、電信送金でTitan FX(タイタンFX)の口座に送金、またはTitan FX(タイタンFX)の口座から海外銀行の口座に送金できます。 Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
送金できる通貨は、日本円・米ドル・ユーロ・豪ドル・シンガポールドルで、振込み手数料は客が負担します。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカード、もしくはデビットカードを利用すると、リアルタイムで口座に反映されるうえに、手数料も無料なのでおすすめです。
対応しているカード会社は、「VISA」「mastercard」「JCB」の3種類です。
僕がTitan FX(タイタンFX)の口座に入金する際は、いつもこの方法を使っています。

bitwallet(ビットウォレット)

僕はいつもクレジットカードを利用していますが、ビットウォレットを持っている方でしたら、クレカと同じ利便性で使えます。
クレカ同様、口座への反映がリアルタイムで、かつ手数料もかかりません。
Titan FX(タイタンFX)以外の海外ブローカーも、ビットウォレットに対応しているところが多いので、持っておいて損はないでしょう。

STICPAY(スティックペイ)・Skrill(スクリル)・NETELLER(ネッテラー)

Titan FX(タイタンFX)の口座開設方法

Titan FX(タイタンFX)の口座開設方法

Titan FX(タイタンFX)の口座開設は、業界でも最短クラスの速さで審査が終わります。
AIを使った本人確認システムで、早ければ30分ほどで、口座が開設できてトレードが始められるというんですから驚きです。

でも、僕がTitan FX(タイタンFX)の口座を開設した2017年当時の印象は、「タイタンって細かすぎて面倒だなぁ」というものでした。
書類を揃えることもそうですし、セルフィーの写真の写り具合とか、とにかくなかなかオーケーが出なかった記憶がありました。

Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

https://fx-tm.com/wp-content/uploads/2021/01/prof3.jpg

僕が理解しているNDD方式は、スタンダード口座の「STP(Straight Through Processing)Instant Market 方式」の方です。
ブレード口座の「ECN(Electronic Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 Communications Network、電子証券取引ネットワーク)方式」に関しては、株の証券取引所のような仕組みだということは理解してるのですが、情報もすくなく、個人的には通常のインターバンク市場を介した取引の方がなんとなく安心できます。ただ、ECNも、国内FX業者のような意図的に為替レートを操作できる仕組みではないようです。

スタンダード口座

スタンダード口座


すでにお話ししたように、僕の使っているのがスタンダード口座です。
スプレッドも1.1〜1.3ぐらいと狭いですし、トレーダーの注文を直接インターバンク市場に流すNDD(ノンディーリングデスク)方式という点も気に入っている理由です。

ブレード口座

ブレード口座


ブレード口座は、スプレッドを基本ゼロにした代わりに手数料が1ロットごとに3.5ドルかかります。
おおむねスタンダード口座より「安あがり」のようで、僕の友人を含めスキャルパーに好まれているようです。

「スタンダード口座」を使う僕は少数派?

先物取引会社時代の同僚を含め、僕のまわりのTitan FX(タイタンFX)ユーザーは「ブレード口座」を開設する人の方が多いようです。
特にスキャルパーは、MT4の建値に表示されるラインがちょっとでも離れた位置にあるのを嫌うのでしょう。

ただ、はじめは「ブレード口座」を開設した人が、そのあと「スタンダード口座」に変更するケースが目立ちます。
おそらくですが、1ロットごとの3.5ドルかかるブレード口座の手数料が、「往復で7ドルかかる」ことに後から気づいた人が、「スタンダード口座」に乗り換えているような気がします。

Titan FX(タイタンFX)のトレーディングツール

Titan FXのトレーディングツール

僕が使っているトレーディングツールは、「トレード日記」にあるとおりMT4(メタトレーダー4)です。
Titan FX(タイタンFX)でも、もちろんこの世界最強のトレーディングツールを無料で利用することができます。

MT4 & MT5

MT4 &MT5

https://fx-tm.com/wp-content/uploads/2021/01/prof3.jpg

僕は「海外FX業者+MT4」の組み合わせでトレードするようになってから、格段にFXの収益が向上しましたから。
Titan FXでも他のFX業者でもかまいません、とにかくMT4を使うだけで、あなたのトレード成績が大きく伸びる可能性があります。

Titan FX(タイタンFX)では、FX以外にも日経225・NYダウといった株価指数、原油やゴールドなどもMT4で取引可能

Titan FX(タイタンFX)の入出金方法

Titan FX(タイタンFX)の入出金方法

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード・デビットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)・Skrill(スクリル)・NETELLER(ネッテラー)

このように、Titan FX(タイタンFX)の入出金方法は、いろいろな方法が使えてすごく便利です。
日本国内に在住の方は国内の銀行から送金できますし、海外在住の方でしたら海外銀行からでも送金可能です。

https://fx-tm.com/wp-content/uploads/2021/01/prof3.jpg

でも、僕も利用していて一番便利なのは、クレジットカードやデビットカードを使った入金方法です。
これだと、送金手続きとほぼリアルタイムでTitan FX(タイタンFX)の口座に残高が反映されるので、貴重なトレードのチャンスを逃すことがありません。

国内銀行送金

国内の銀行からTitan FX(タイタンFX)の口座に送金、またはTitan FX(タイタンFX)の口座から国内銀行の口座に送金できます。
銀行の振込み手数料は客の負担となります。
Titan FX(タイタンFX)の口座には、だいたい1時間ぐらいで反映されます。

海外銀行送金

海外の銀行から、電信送金でTitan FX(タイタンFX)の口座に送金、またはTitan FX(タイタンFX)の口座から海外銀行の口座に送金できます。
送金できる通貨は、日本円・米ドル・ユーロ・豪ドル・シンガポールドルで、振込み手数料は客が負担します。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカード、もしくはデビットカードを利用すると、リアルタイムで口座に反映されるうえに、手数料も無料なのでおすすめです。
対応しているカード会社は、「VISA」「mastercard」「JCB」の3種類です。
僕がTitan FX(タイタンFX)の口座に入金する際は、いつもこの方法を使っています。

bitwallet(ビットウォレット)

僕はいつもクレジットカードを利用していますが、ビットウォレットを持っている方でしたら、クレカと同じ利便性で使えます。
クレカ同様、口座への反映がリアルタイムで、かつ手数料もかかりません。
Titan FX(タイタンFX)以外の海外ブローカーも、ビットウォレットに対応しているところが多いので、持っておいて損はないでしょう。

STICPAY(スティックペイ)・Skrill(スクリル)・NETELLER(ネッテラー)

Titan FX(タイタンFX)の口座開設方法

Titan FX(タイタンFX)の口座開設方法

Titan FX(タイタンFX)の口座開設は、業界でも最短クラスの速さで審査が終わります。
AIを使った本人確認システムで、早ければ30分ほどで、口座が開設できてトレードが始められるというんですから驚きです。

でも、僕がTitan FX(タイタンFX)の口座を開設した2017年当時の印象は、「タイタンって細かすぎて面倒だなぁ」というものでした。
書類を揃えることもそうですし、セルフィーの写真の写り具合とか、とにかくなかなかオーケーが出なかった記憶がありました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる