FX取引の魅力とは

リスク説明

リスク説明
金融商品取引業者等は、金融商品取引法により、信用格付業者以外の信用格付業を行う者の付与した信用格付を利用して勧誘を行う場合には、当該信用格付を付与した者が同法第六十六条の二十七の登録を受けていない者である旨及び登録の意義等を顧客に告げなければならないこととされています。
(登録の意義)
登録を受けた信用格付業者は、①誠実義務、②利益相反防止・格付プロセスの公正性確保等の業務管理体制の整備義務、③格付対象の証券を保有している場合の格付付与の禁止、④格付方針等の作成及び公表・説明書類の公衆縦覧等の情報開示義務等の規制等、金融庁の監督を受けることとなりますが、特定関係法人及びその他無登録格付業者は、これらの規制・監督を受けておりません。

プロジェクトリスクマネジメント

NHKのプロジェクトXのヒットのおかげで、プロジェクトには縁の無かった方々にも「プロジェクトとはどんなものなのか」についてのイメージが受け入れられやすくなっている。
プロジェクトとは、「到達すべき目的」の実現に向けて行われる、期間及びコストの制限のもとで複数の人間により実施される一連の活動と定義できる。到達すべき目的には、「新製品の開発」であったり、「新しい情報システムの構築」であったりする。最近では「J-SOX対応プロジェクト」を立ち上げた企業も多いことと思う。
プロジェクトリスクとは「到達すべき目的」が達成できないことで、プロジェクトが中断することだけでなく、完成はしても期間やコストの超過や、一部の目的が未達成となる場合なども含まれる。表題の「プロジェクトリスクマネジメント」の目的は、当初の期間とコストで予定した目的(機能・品質など)を実現するために、プロジェクトの目的達成に対する阻害要因を排除することである。

米国プロジェクトマネジメント協会が提唱するPMBOK(Project Management Body of Knowledge)が、プロジェクトマネジメントに必要と考えられる基本的な知識の体系としての事実上の標準として広く受け入れられている。PMBOKでは、プロジェクトを遂行する際には、「スコープ(目的と範囲)」、「時間」、「コスト」、「品質」、「人的資源」、「コミュニケーション」、「リスク」、「調達」、「統合管理」の9つの観点に対するマネジメントが必要であるとしている。
つまり、「プロジェクトを成功に導くためのマネジメント」を行うことには、「プロジェクトのリスクマネジメント」を行うことが含まれており、かつプロジェクトを成功させるための重要な観点であると認識されている。

リスクの識別

好機となるリスク

予想されるリスクを許容範囲内と判断した場合、 先行するフェーズの成果物が承認される前に 後続のフェーズを開始することがある(ファストトラッキング)。 前後のフェーズを重ねることによるリスク(品質低下の可能性)とその結果として得られる見返り(工期短縮の可能性)を比較して、リスクを受容できると判断した結果である。

プロジェクトリスクマネジメント

NHKのプロジェクトXのヒットのおかげで、プロジェクトには縁の無かった方々にも「プロジェクトとはどんなものなのか」についてのイメージが受け入れられやすくなっている。
プロジェクトとは、「到達すべき目的」の実現に向けて行われる、期間及びコストの制限のもとで複数の人間により実施される一連の活動と定義できる。到達すべき目的には、「新製品の開発」であったり、「新しい情報システムの構築」であったりする。最近では「J-SOX対応プロジェクト」を立ち上げた企業も多いことと思う。
プロジェクトリスクとは「到達すべき目的」が達成できないことで、プロジェクトが中断することだけでなく、完成はしても期間やコストの超過や、一部の目的が未達成となる場合なども含まれる。表題の「プロジェクトリスクマネジメント」の目的は、当初の期間とコストで予定した目的(機能・品質など)を実現するために、プロジェクトの目的達成に対する阻害要因を排除することである。

米国プロジェクトマネジメント協会が提唱するPMBOK(Project Management Body of Knowledge)が、プロジェクトマネジメントに必要と考えられる基本的な知識の体系としての事実上の標準として広く受け入れられている。PMBOKでは、プロジェクトを遂行する際には、「スコープ(目的と範囲)」、「時間」、「コスト」、「品質」、「人的資源」、「コミュニケーション」、「リスク」、「調達」、「統合管理」の9つの観点に対するマネジメントが必要であるとしている。
つまり、「プロジェクトを成功に導くためのマネジメント」を行うことには、「プロジェクトのリスクマネジメント」を行うことが含まれており、かつプロジェクトを成功させるための重要な観点であると認識されている。

リスクの識別

好機となるリスク

予想されるリスクを許容範囲内と判断した場合、 先行するフェーズの成果物が承認される前に 後続のフェーズを開始することがある(ファストトラッキング)。 前後のフェーズを重ねることによるリスク(品質低下の可能性)とその結果として得られる見返り(工期短縮の可能性)を比較して、リスクを受容できると判断した結果である。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる