ストラテジーの探し方

売るタイミングと長期投資のメリット

売るタイミングと長期投資のメリット
左近充 崇人

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the 売るタイミングと長期投資のメリット page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This 売るタイミングと長期投資のメリット website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for 売るタイミングと長期投資のメリット sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not 売るタイミングと長期投資のメリット constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute 売るタイミングと長期投資のメリット an offer to sell or the solicitation 売るタイミングと長期投資のメリット of an offer to buy securities 売るタイミングと長期投資のメリット by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information 売るタイミングと長期投資のメリット on this website is not made 売るタイミングと長期投資のメリット or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an 売るタイミングと長期投資のメリット offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information 売るタイミングと長期投資のメリット on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be 売るタイミングと長期投資のメリット deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United 売るタイミングと長期投資のメリット States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the 売るタイミングと長期投資のメリット United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』

澤上 龍

江藤 香織

村瀬 翔

中島 真吾

大野 敦久

岡澤 正信

小宮山 蓉子

左近充 崇人

金高 由典

柴山 拓也

正木 準也

荒川 孝希

前野 宏明

新野 栄一

米国株投資は長期と短期、どちらが有利か?

投資をする上で、「長期投資」と「短期投資」のどちらのスタイルで取り組むべきか迷ってしまうことがあるかと思います。
よくある疑問ですが、これには正解があるわけではありません。
基本的に、長期と短期のどちらが優れているのか、有利なのかというのはなく、双方にメリット・デメリットがあり、特徴を見極めた上で自分に合っている投資スタイルを選ぶ必要があります。
ただ、米国株投資においては長期投資の方が適しているといえるかもしれんせん。
米国株のマーケットは長期的な成長を続けており、仮に今後も成長が続くのであれば長期で運用した方が資産を増やせる可能性が高いからです。
以下で長期投資と短期投資のメリット・デメリットを紹介します。 売るタイミングと長期投資のメリット
総合的に判断して、それぞれご自身に適した投資スタイルを検討してみてください。
なお、長期や短期の基準は明確ではないものの、ここでは保有期間1年以下の投資を短期投資、1年を超えて継続保有する投資を長期投資と定義し進めていきます。

長期投資のメリット・デメリット

<長期投資のメリット>

複利効果を発揮しやすい

長期投資のメリットは、何といっても「複利効果」を活かせる点です。
複利効果とは、投資によって得られた利益をそのまま再投資することで、利益が利益を呼び雪だるま式に膨らんでいく効果のことを指します。
投資期間が長ければ長いほど複利効果は大きくなる傾向にあり、その恩恵を受けることが可能です。
たとえば、1991年始値~2020年終値までの30年間、投資資金1万ドルでS&P500指数に投資をします。
複利効果の運用と非複利効果の運用を比較してみましょう。

  • ① 複利効果の運用
    その年の始値で1万ドル買付し、その年の終値で売却するという売買を30回繰り返す。
    2020年終値時点での利益:28,457ドル
  • ② 非複利効果の運用
    1991年の始値で1万ドル買付し、2020年終値まで継続保有する。
    2020年終値時点での利益:105,058ドル
    • ※ QUICKのデータをもとにauカブコム証券が調査
      手数料、譲渡益税、その他費用考慮せず。

    収益が安定化しやすい

    米国株投資では、短期的に見ると収益は大きなプラスもしくはマイナスになることがありますが、長期で運用を続けていると、1年あたりの平均的な収益は安定する傾向にあります。
    たとえば、先ほどの例と同じく1991年始値~2020年終値までの30年間、S&P500指数に投資をします。
    単年で見ると2008年には-37.6%、2002年には-23.8%など、大きな損失を抱える年もありました。
    しかし30年間の平均騰落率は9.5%となってました。(※QUICKのデータをもとにauカブコム証券が調査。手数料、譲渡益税、その他費用考慮せず。)
    投資期間を長くすることにより、運用成績の良い時期と悪い時期がならされ、収益が安定してくるので失敗しにくくなる可能性もありそうです。

    インカムゲイン(配当金)を狙える

    精神的負担が少ない

    長期投資では、長期的に見て株価が値上がりするかどうかが重要なので、四六時中マーケットに張り付いて値動きを確認しなくて済みます。
    短期的な値動きに一喜一憂する必要がないので、精神的負担が少なくなるのがメリットです。
    長期投資は時間に拘束されにくく、忙しい方でも無理なく投資を続けることができます。

    <長期投資のデメリット>

    不確実性リスクが増大する

    資金効率悪化の可能性も

    資金効率が悪くなるのも長期投資のデメリットです。
    例えば、100万円の資金を用意してそれを全て1つの銘柄に投資し、10年間運用した場合、その間ずっと資金を寝かせることになります。
    短い期間で利益を上げ、その利益をすぐに別の銘柄の購入に回せる短期投資と比較すると、資金効率は圧倒的に悪いです。

    すぐに利益を得られない

    短期投資のメリット・デメリット

    長期投資とは対象的に、短期間の売買で値上がり益を追求するのが「短期投資」です。
    長期投資は会社の成長を通じて利益を得ようとするスタイルですが、短期投資は会社の成長というよりも、目先の株価の変化に着目して利益を得ようとするスタイルといえます。
    将来的に成長が期待できる会社でなくても、買い手が多ければ株価は上昇するため、その動きを捉えて売買すれば短期的に利益を上げることが可能です。

    <短期投資のメリット>

    損益がすぐに確定する

    短期投資は投資期間が短く、すぐに損益が確定するのがメリットです。
    購入後に早い段階で値上がりすれば、短期間で利益を得ることができます。
    また、購入後に値下がりしても短期間ですぐに売却できるので、損失を最小限に食い止めることが可能です。
    短期投資では、含み損を抱え込んだまま資金が塩漬けになるリスクはほとんどありません。

    資金を効率的に使える

    短期投資は、長期投資と比べると資金効率に優れています。
    購入していた銘柄を売却すれば、戻ってきた資金で別の銘柄へすぐに投資できるので、資金が取引に使われない期間が短くなります。
    短い期間で売買を繰り返すことで、限られた資金を効率的に使える可能性もあるのです。

    不確実性リスクを回避しやすい

    <短期投資のデメリット>

    大きな利益は期待しづらい

    短期投資は何度も売買を繰り返しながら、小さな利益をコツコツと積み上げていくスタイルです。
    短期間での株価の変動幅は限られているため、一度の取引で大きな利益はあまり期待できません。
    長期的なスパンで見れば、株価が買値の10倍ほど値上がりするケースもありますが、短期間でそれは難しいです。

    インカムゲイン(配当金)が得られない場合もある

    取引コストが嵩みやすい

    米国株を購入または売却する際には手数料がかかります。
    そのコストは日本株よりも割高で、短期間のうちに何度も取引を繰り返す短期投資では、取引コストが膨らむ傾向にあります。
    コストが多くかかってしまうと利益を圧迫し、思うように資金が増えない場合もあるので注意が必要です。

    売るタイミングと長期投資のメリット

    長期投資とは、名称のとおり長期間金融資産を保有し続ける投資方法です。
    「長期」の明確な定義はありませんが、少なくとも3年超、できれば10年以上を目安に、同じ金融商品を保有し運用することを指します。
    言い換えれば、目先の利益にとらわれず、平均的な収益を安定させることに主眼を置き、時間を味方につけ、無理のない資産形成を目指す投資方法といえるでしょう。

    長期投資と短期投資の違いとは?

    長期投資とは対照的に、短い期間で収益を上げることを目的とするのが「短期投資」です。
    こちらも投資の期間に明確な定義はありませんが、1日から数週間、長くても1年未満で、場合によっては数時間で売買を行うこともあります。
    いずれにしても、保有する金融商品の目先の値動きを常に予測し、値上がりしたらすくに売却して収益を上げる投資方法です。

    長期投資のメリットは何?

    投資では、長期で運用を続けた場合、運用期間中に大きくマイナスやプラスに動くこともありますが、平均すれば収益率が安定していく傾向があります。 売るタイミングと長期投資のメリット
    これは、リターンの振れ幅が時間とともに小さくなっていくことで、収益率の最高と最低の開きが段々なくなっていき、概ねプラスの値で落ち着くことを意味します。
    もちろん、ある金融商品を長期で保有すれば必ず運用成果が上がるわけではありませんが、短期投資と比較した場合、安定した運用を期待してもいいでしょう。

    長期投資のデメリットは何?

    短期投資に比べ、時間もとられず、精神的な負担も軽い長期投資。
    5年、10年といった単位での運用を前提としますが、これにはメリットばかりでなくデメリットもあります。
    ここでは、事前に心得ておきたい、長期投資のデメリットを解説します。

    例えば、株式投資であっても、短期投資とは目のつけどころが大きく異なります。
    長期投資では、投資先の会社の将来的な成長を見込むので、利益が生まれるまでには数年の年月が必要です。
    短期間で大きく資産を増やすことには向いていないといわれています。

    収益を上げるまでの投資期間が長いということは、将来の動向を予測して投資をするということです。
    しかし、人は誰しも未来を確実に予測することはできません。
    1年先の動向であれば多少の予測もできるかもしれませんが、5年先、10年先とスパンが長くなればなるほど不確実性は増します。

    考えられる事態としては、投資先の倒産、業界全体の衰退、市場規模の縮小、大規模な災害の発生といった、多くの要素が考えられます。
    長期投資を行っても、成果が上がらずに終わる可能性も無きにしもあらず。
    そうなった場合は、実際の損失だけでなく、他の方法で投資をする機会を逃したことにもなります。

    長期投資の対象商品とは?


    それでは、長期投資のメリットを活かせる投資対象には、どのようなものがあるのでしょう。
    ここでは投資先となる主な金融商品を紹介します。

    2|投資信託

    3|REIT

    国債とは、国が公共事業等に必要な資金を国民から借り入れ、その際に発行する証明書のことです。
    購入後、一定期間ごとに利息が受け取れ、満期(5年後)には元本が戻ってくる仕組みです。
    発行元が国であるため、元本割れの心配がかなり少ないのがメリットです。
    また、0.05%(年率)の最低金利保証も付いています。ただ、現在の銀行預金の利率よりは高利回りとはいえ、リターンはごくわずかです。

    長期投資の不安を解決してくれるのが不動産投資


    不動産投資は、アパートやマンションなどを購入して利益を得る投資方法です。
    利益を得る方法は、家賃収入(インカムゲイン)と不動産を売却したときの利益(キャピタルゲイン)の2種類からなります。

    不動産投資では、物件購入に際してのローンを完済できれば現物資産が手元に残ります。
    その後は、物件から得られる家賃収入は自由に使うことが可能です。
    また、家賃収入を使っても資産を切り崩すことがないのも、ほかの金融商品にはない大きなメリットです。
    また、株式投資では、投資先企業の業績や経済状況などで短期間の急激な株価変動に見舞われることがありますが、不動産投資は株式ほど急激な価格変動によるリスクはありません。

    まとめ|長期投資は期間を決めて計画的に運用する

    長期投資における、さまざまなメリットとデメリット、短期投資との違いをご紹介してきました。最後に、これらの内容を踏まえたうえで、長期投資を成功させるためのポイントを解説します。
    第一のポイントは、運用期間を決めてから運用することです。
    短期投資では、相場の上下や価格変動で売買のタイミングが決まりますが、長期投資には運用期間の決まった目安がありません。
    自分のライフプランに合わせて資産を増やす期間と活用する期間を決めることが肝心です。投資の期間を設ければ、計画的な長期投資が始められるでしょう。
    第二のポイントは余剰資金で投資をすること。
    長期投資において資産を形成する期間は、結婚や出産、子育て、マイホーム購入など様々なライフイベントのある時期でもあります。
    手持ちの資金のほとんどを投資に回してしまうと、実生活でお金が必要になったときに困ります。長期投資は、家計に悪影響を与えない余剰資金で行いましょう。
    第三のポイントは分散投資をすること。
    長期投資はリスクを抑えた堅実な運用ではありますが、損失が発生するリスクが全く無いわけではありません。
    株式や投資信託、REIT、不動産などから複数の投資先を選び、分散投資することでリスクを抑えましょう。
    そして最後に、損切りするポイントを決めておくこと。
    長期投資では、一時的な相場の上下で行動を起こすのでなく、あくまで長期の運用で安定した収益を目指します。
    とはいえ、状況によっては資産と時間を無駄にすることもあります。
    「株価が○○円まで下がった売却する」といった損失を確定させるポイントを設けることも大切です。

    もっと手軽に、もっと身近に!1万円から始められる次世代の不動産クラウドファンディング「利回り不動産」

    多額の資金が必要となる不動産物件を小口化させて、短期間で投資ができる不動産クラウドファンディング。 売るタイミングと長期投資のメリット
    「将来のために資産形成をしたい」「少額で不動産投資を始めたい」「中長期的な資産形成に挑戦したい」
    「利回り不動産」では、運用実績が豊富な投資のプロが、みなさまからの資金で一定の期間不動産を運用し、家賃収入や売却益などを還元。
    1万円から投資ができ、不動産投資に申し込みから分配金の受け取りまで、すべてインターネット上で行うことができます。

    たったこれだけ抑えれば100万円でも株で成功する2つの投資手法

    author-avatar

    小林 俊司 資産運用コンサルタント・商品開発部運営課

    • 100万円でそもそも株式投資はできるのか?
    • どうやったら儲かるのか?
    • 売るタイミングと長期投資のメリット
    • どのくらい損失があるのか?

    このような不明点や不安があって、躊躇してしまっている方が多いのではないかと思います。
    実際は、 100万円から株式投資はできます。

    私は、かれこれ7年以上株式投資を行っていますが、100万円から 数十万円の利益を出した経験を何回もしております。
    そこで本記事では、 私の経験を基に株式投資初心者の方でも参考にできるよう惜しみなくポイントを解説していきます。

    • 初心者の方でも100万円から株式投資を行い利益を出すために最もおすすめの方法
    • 100万円から株式投資を行い成功する人の特徴

    これから株式投資を始めようとしている方に おすすめなのが、弊社サービス 「投資の達人になる投資講座」 です。
    たった2時間の動画で「投資の本質」や「投資をする際の考え方」を学ぶことができます
    勉強せずに株を始めることもできますが、株式投資で利益を出し続けるためには、投資の知識が必要不可欠です
    こちらの記事と合わせて「投資の達人になる投資講座」も受講することで、さらに投資の知識を深めることができます 。 売るタイミングと長期投資のメリット

    資金100万円で始める株式投資おすすめの方法

    1.1 おすすめは中長期投資とスイングトレード

    株式投資には様々な投資法があります。
    主に、以下の4つです
    ・中長期投資
    ・スイングトレード
    ・デイトレード
    ・スキャルピング

    私は 「中長期投資」 と 「スイングトレード」 という
    2つの投資法をオススメします。 売るタイミングと長期投資のメリット 売るタイミングと長期投資のメリット
    なぜなら、この2つの投資法は
    ・難易度が低い
    ・会社員でも行いやすい
    ・100万円からの投資でも比較的大きな利益を出せる
    という特徴があるからです。

    それぞれの特徴を比較しながら下記でご紹介します。

    対して、
    中長期投資とスイングトレードは
    利益が出しやすく、投資に費やす日中の消費時間も少なくてすみます。

    1.2 あなたに合った投資方法が分かる比較表

    100万円の資金で始める株式投資で、おすすめの投資法としてご紹介する
    「中長期投資」と「スイングトレード」ですが
    あなたに合っているのはどちらの投資法でしょうか。
    ここで簡単に、どちらの投資法があなたに合っているのかが分かる
    比較表をご用意しました。

    あなたに合った投資法はどちらでしたか?
    次章では、
    「中長期投資」と「スイングトレード」それぞれの特徴やメリット・デメリット、
    実際に利益を出していくポイント等をご紹介していきます。

    中長期投資・スイングトレードの特徴

    2.1 投資期間の定義

    投資期間は「短期」「中期」「長期」の3つに分けられます。
    私は以下のように投資期間を考えています。
    短期・・・数分〜1日
    中期・・・数日〜数ヶ月
    長期・・・1年以上

    2.2 中長期投資

    【特徴】
    ・買った株式を数ヶ月から数年の間保有し続け、株価が2倍〜3倍といった
    大きな値上がりを狙った投資手法です。

    【メリット】
    ・1回の取引で大きな利益をあげることができます。
    ・長期間の保有を前提としているため、日中に株価の上下を監視する必要が無く
    平日の昼間にお仕事がある会社員の方でも不利になりません。

    【デメリット】
    ・長期間株式を保有するため、その期間、資金を他の投資に回すことができません。
    ・株価が上がらない株式を買った場合は機会損失となります。

    2.3 スイングトレード

    【特徴】
    ・買った株式を数日〜数カ月間保有し、株価が上がったところで売却する投資手法です。
    中長期投資と比較すると狙える利益は少ないですが、 その分早く投資成果が出ます。

    【メリット】
    ・中長期投資と比較すると株式の保有期間が短いので
    資金効率が良いです。
    ・中長期投資と同じく、日中に株価を常に監視しておく必要が無く、
    お仕事をしている会社員の方におすすめです。
    しかし、中長期投資と比較すると投資を終わらせる期間が早いため
    1日1回は株価を確認しておくと良いでしょう。

    【デメリット】
    ・少ない利益を何回も積み重ねて資産を増やしていくため、 中長期投資と比較すると1回の利益が小さいです。

    【投資法別】100万円の株式投資で利益を出している人が行っているポイント

    • 成長しそうな株を探す
    • ファンダメンタルズ分析を行う
    • 株価の上下に一喜一憂しない
    • 時価総額が大きく流動性の高い株を狙う
    • 株価が右肩上がりの時を狙う
    • 分散投資をしすぎない

    3.1 売るタイミングと長期投資のメリット 売るタイミングと長期投資のメリット 中長期投資

    【成長しそうな株を探す】

    数年で株価2〜3倍になりそうな企業を探します。
    株式市場に上場している企業は、約4000社です。
    すべてを1つ1つ分析することはできませんので、ある条件で絞り込むことから始めます、
    私がオススメする条件は以下3つです。
    ・時価総額500億円以下
    ・上場して10年以内
    ・社長が創業社長であること(役員保有率30%以上)

    時価総額が1兆円など、大きく成熟した企業がそこから売上をさらに伸ばして株価2倍、3倍にしていくのは容易ではありません。
    しかし、まだ若くて成長期にある小さい会社は株価が数年で2倍になることは珍しくはありません。
    これまでの経験から、私は「時価総額500億円以下」「上場10年以内」を1つの目安としています。

    【ファンダメンタルズ分析を行う】

    ファンダメンタルズ分析とは、
    財務状況や業績状況から企業の価値を分析する方法 です。
    今の株価が割安かどうか?今後の成長が期待できるかどうか?等を分析します。
    調べる方法は、四季報や企業が出しているIR情報(決算説明資料や、有価証券報告書など)をみたり、実際にその企業の商品やサービスに触れてみる、口コミを見たり、です。 売るタイミングと長期投資のメリット

    ROEとは
    「投資家が投資した金額に対し会社がどれだけ利益をあげられるのか」を
    表した指標であり、投資家から重要視される指標です。

    【株価の上下に一喜一憂しない】

    中長期投資を行う場合は、2倍3倍といった大きなリターンを狙うことになります
    そのようなリターンを待つ間に株価は多少上下します。
    株価が上がったり下がったりするのはドキドキしますが 我慢して保有しましょう。
    中長期投資では、そのような目先の上下ではなく時間をかけて 大きな株価上昇を狙います。

    3.2 スイングトレード

    【時価総額が大きく流動性の高い株を狙う】

    スイングトレードで狙う株のオススメは
    ・時価総額の大きい株
    ・流動性の高い株
    という条件です。

    流動性とは
    市場に出回る株式の売買がどれだけ活発におこなわれているかを表すもの。
    金融商品の売り買いが成立しやすい状況にあるか否かを判断する指標。

    【株価が右肩上がりの時を狙う】

    スイングトレードは数日〜数ヶ月といった比較的短い期間で
    株価の波に乗って利益をあげます。
    株価が順調に右肩上がりになっている場合は積極的に株式を購入しましょう。 売るタイミングと長期投資のメリット

    下記は、セブン&アイホールディングスの株価チャートです。
    (青丸が株式の購入箇所、赤丸が株式の売却箇所)
    株価が上昇を始めたタイミングで株式を購入し、見込んでいた利益が取れる価格まできたら売却をします。
    スイングトレードでは株価の波に乗ることが大切です。
    出来高が少ない銘柄では株価が極端に乱高下し、チャートの形も複雑になりスイングトレードが難しくなります。
    上述したTOPIX100の構成銘柄なら出来高が多いため、株価の乱高下の心配が少なくチャートも比較的見やすいため株価の波に乗りやすいです。

    【分散投資をしすぎない】

    100万円から株式投資を行い成功する人2つの特徴

    4.1 マイルールを持っている

    感情に流されずにマイルールを貫徹し、取引に一貫性を持たせることが株式投資で利益を積み上げていく上で大切です。
    マイルールはご自身で自由に決めるものですが、
    具体例を出すと 売るタイミングと長期投資のメリット
    ・利益確定や損切りの水準を守る
    ・上述したファンダメンタルズチェック表の項目が全て当てはまるものにのみ投資をする。
    ・気分が良い時やお酒を飲んだ時は投資を控える
    ・負けてしまったからといってムキになって取り返そうとしない
    ・他人のおすすめする銘柄をそのまま何の分析もせずに買わない

    損切りとは
    自身がルールで売ると決めた水準まで株価が下がった時、それ以上の損失を防ぐため株式を見切って売却すること。
    などです。

    4.2 利大損小を徹底できる

    利大損小とは 「利益を大きく、損失を小さく」 という意味です。
    株式投資において100戦100勝ということはどんなプロでもありえません。

    オススメの損切り水準は
    ・中長期投資ではマイナス10%〜マイナス15%
    ・スイングトレードではマイナス5%
    です。
    例)100万円を投資したならば
    ・中長期投資では90万円〜85万円
    ・スイングトレードでは95万円
    になってしまった時点で損切りを行いましょう。

    株の勉強が不十分で起きた3つの失敗談

    株式投資の経験が7年以上ある私でも最初の頃は勉強しなかったために様々な失敗を経験しました。 株式投資で失敗しないためには勉強は不可欠だということを私自身も痛感しております。 ここでは勉強を怠ったために私が実際にしてしまった失敗を参考までに記載します。

    5.1 損切りができない

    買った株の株価が下がっても、いつか上がるだろうと思いずっと株式を持ち続けていたことがあります。
    結局、株価はその後も下がり続け私は大きく投資資金を失ってしまいました。
    勉強することによってどこで損切りが必要なのかが分かり今では適切な損切りを行えるようになりました。

    5.2 株価の上下にうろたえる

    5.3 企業の業績をチェックしない

    株を始めた当初、 財務分析がよく分からず 企業の業績をチェックするのが面倒だった私は、自分の感覚だけで株を買うということをしていました。当然結果が出るわけもなく株価が上がらない株式ばかりを購入していました。

    株式投資で利益を出すには勉強が必要

    5章で解説した失敗は株式投資を始めたばかりの方であればよく当てはまる失敗だと思います。
    失敗をなるべく減らし株式投資で成功するためにはとにかく勉強が必要です。
    勉強する方法は色々ありますが、株式投資に精通したセミナーに参加するのもひとつの手です。

    そこでおすすめのセミナーとして弊社(株)Free Life Consultingが公開している「 投資の達人になる投資講座」をご紹介します。
    「投資の達人になる投資講座」に参加することで下記のような内容を学ぶことができます。

    • 100万円でも勝率の高い株式投資手法
    • 実績あるプロの株式投資家の考え方や戦略
    • 株式投資の失敗を減らす立ちまわり方

    投資の達人講座


    無料で講座を視聴する

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる