安定した取引システム

移動平均線の見方と使い方

移動平均線の見方と使い方

移動平均線の正しい仕組みと使い方を学ぼう!

移動平均線は有名なテクニカル指標なので、多くの投資家が見ています。そのため移動平均線の売買ポイント通りに株価が動くことが多くなります。ですから、移動平均線の正しい仕組みを理解することは大切です。テクニカル分析とは値動きを表すチャートから株価の動きを読み取り、将来の株価を予想するための分析手法です。主に「トレンド系」と「オシレーター系」の二つに分けられます。移動平均線はトレンド系の代表的な指標となります。

移動平均線(単純移動平均線)とは

  • 9月3日の終値 515円
  • 9月4日の終値 528円
  • 9月5日の終値 503円
  • 9月6日の終値 498円
  • 9月7日の終値 528円

この場合は、(515 + 528 移動平均線の見方と使い方 + 503 + 498 + 528) ÷ 5 = 514.4円

移動平均線の分類

  • 5日移動平均線(緑)
  • 25日移動平均線(紫)
  • 75日移動平均線(赤)

  • 13週移動平均線 (緑)
  • 26週移動平均線(紫)

  • 12ヶ月移動平均線(緑)
  • 24ヶ月移動平均線 (紫)

移動平均線と株価の関係

移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下落トレンドと判断します。さらに株価と移動平均線の位置関係も大切です。 株価が移動平均線の上にある場合はその期間の平均よりも 株が買われていることを示し、買いの勢いが強くなっている状態といえます。逆に移動平均線より株価が下にあった場合には株価が売られていることを示しています。

支持線(サポートライン)と抵抗線(レジスタンスライン)

移動平均線の種類

単純移動平均

加重移動平均

指数平滑移動平均

移動平均線のメリット・デメリット

移動平均線のメリット

移動平均線のデメリット

反応が遅い

レンジ相場ではあまり機能しない

移動平均線の使い方

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均乖離率

(1000-900) ÷ 900 = 0.11

25日移動平均線マイナス乖離率トップはTATERU(証券コード:1435)になっています。

25日移動平均線プラス乖離率トップは地域新聞社(証券コード:2164)となりました。乖離率はプラス155.66%に達しています。明確な材料もなく仕手化しているものと考えられます。地域新聞社は9月14日に日々公表銘柄に指定されました。ここで注意しなければいけないのは日々公表銘柄に指定されて3営業日連続して25日移動平均株価との乖離率が30%以上だと、増担保規制になる可能性が高まるということです。増担保規制が入ると通常の信用取引における委託保証金率30%以上が50%以上になります。つまり過熱感を防ごうという処置です。増担保規制により必ず株価が下がるというわけではありませんが、いったん高値をつけることも多いので注意しましょう。

【図解でわかる】ローソク足の見方とは?基本パターン9種類を徹底解説

ローソク足の見方(アイキャッチ画像)

“ 【図解でわかる】ローソク足の見方とは?基本パターン9種類を徹底解説 ” に対して3件のコメントがあります。

Hi, Thank you for your information. I want to know Do you know any type 移動平均線の見方と使い方 of candlestick which works with the weight of candle and differences between two shadows and legs of candle and so on. If you know this type please inform me. Thank 移動平均線の見方と使い方 you

こちらに来るまで多種サイト見て来ましたが
これまでで1番分かり易いと思いました。
他にも、初心者入門で、たくさん搭載されて欲しいです。
ありがとうございました。

米国株投資_記事まとめ_アイキャッチ

【記事まとめ】米国株投資で知っておきたい知識4選

東証再編TOPIXアイキャッチ

東証再編のTOPIXへの影響は?構成銘柄の変化やスケジュールを解説!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

不動産投資成功率アイキャッチ

イオンカードミニオンズのアイキャッチ

ETF おすすめ(アイキャッチ)

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる