無料セミナー

GMOクリック証券の売買手数料の安さが生きる

GMOクリック証券の売買手数料の安さが生きる

出典元:プライムチャート

BMWがミドルクラスSUVにEVモデルの「iX3」を新設定。航続可能距離はWLTPサイクルで最大460kmを達成


基本骨格にはX3に採用するCLAR(Cluster Architecture)プラットフォームをベースに、リア回りに専用設計のサブフレームを設置。この上にeDriveの根幹をなす電気モーター/400Vパワーエレクトロニクス/トランスミッションを1つのハウジング内に格納して搭載する。新設計の電気モーターは最高出力210kW、最大トルク400Nmを発生し、後輪を駆動。ドライブモードとして、COMFORTモードやECO PROモード、SPORTモードなどを設定した。232Ah/80kWhの容量を確保する駆動用リチウムイオンバッテリーは、個別の制御が可能な188個のセルおよび10ピースのモジュールで構成し、車体中央のフロア下に集中して配置。また、3段階の切り替えが可能で効率性も高めたエネルギー回生システム、より厳密化した冷却/加熱システムなども採用する。航続距離はWLTPサイクルで最大460km、NEDCサイクルで最大520kmを達成し、性能面では0→100km/h加速が6.8秒、最高速度が電子制御リミッターの作動で180km/hと公表した。


充電に関しては、CCU(Combined Charging Unit)と呼称する新開発の充電ユニットを採用し、世界市場の充電ステーションに対応。交流(AC)では単相充電で最大7.4kW、三相充電で最大11kWでの充電ができ、また直流(DC)の急速充電や150kWの高出力充電ステーションの使用も可能とする。充電に要する時間は、交流の家庭用充電器で0%から100%までを約7.5時間、直流の急速充電で0%から80%までを34分で充電。急速充電を使用した際は、10分間の充電で約100km走行分(WLTPサイクル)の電力が確保できるという。


エクステリアについては、基本的にX3のデザインを踏襲しながら、細部に独自のアレンジを施す。まず外装では、フロントグリルやサイドアンダーガーニッシュ、リアディフューザー部にブルーのアクセントを採用。フロントはクローズドしたグリル内部、サイドはEVパワートレインの搭載、リアはエグゾーストパイプの未装備などを象徴する。ボディサイズは全長4734×全幅1891×全高1668mm/ホイールベース2864mm、車重は2185kg(DIN、前後重量配分は43:57)に設定し、グランドクリアランスは179mmを確保した。また、足回りには電子制御ダンパーを備えたアダプティブサスペンションをセット。シューズには専用デザインの7.5J×19アルミホイールに、245/50R19 105W XLタイヤを組み合わせている。

【GMOコインがアンケート調査を実施(2022年)】暗号資産の今後に期待している人が2年連続で9割以上!GMOコインの利用理由は「手数料の安さ」が第1位!

ニコニコニュースオリジナル

【調査背景】
2021年の暗号資産業界は、11月にビットコインとイーサリアムが過去最高値を更新し、それに伴い暗号資産の時価総額が史上最高値を更新。GMOコインとしては、ステーキングなど新サービスが拡充し、また取扱銘柄も増加し、2022年には国内最多の20銘柄となっております。
これを踏まえGMOコインでは、2019年~2021年に引き続き、実際に暗号資産取引をされているユーザーの方々のリアルな声を調査すべく、GMOコインのユーザーを対象としたアンケートを実施いたしました。

    の今後に期待している人が2年連続9割以上! 、ビットコイン最高値が今より上昇(600万円以上)すると予想している人が約9割! 、1番価格上昇に期待する暗号資産は昨年同様に「ビットコイン」が第1位!
  • 「イーサリアム」の価格上昇に期待している割合が昨年より上昇し、単独第2位に の魅力は「高いリターン」が2年連続で第1位!
  • 8割以上のユーザーは「長期保有」を目的に暗号資産を活用
    コインの利用理由は「手数料の安さ」が第1位に!
  • 「取扱銘柄の豊富さ」も11.7pt増加 コインユーザーが一番利用しているサービスは「取引所(現物取引)」
  • 「つみたて暗号資産」を利用したことがある人が7%から17%に10pt上昇 コインのサービス満足度は約7割 コインを親しい友人にお勧めしたいと回答したユーザーは約8割!


<GMOコインの利用理由・推薦意向>
1.GMOコインの利用理由は「手数料の安さ」が第1位に!
「取引銘柄の豊富さ」も11.7pt増加。取扱銘柄数国内No.1となったことが支持されています。
(2022年4月28日時点)

GMOコインでは、ビットコインはもちろん人気のアルトコインも含め20銘柄を取り扱っており、取扱銘柄数国内No.1。※1また、手数料の安さや使いやすさが評価され、満足度も本調査で約7割を獲得。そして、2022年4月1日(金)に発表された「2022年 オリコン顧客満足度(R)GMOクリック証券の売買手数料の安さが生きる 調査 暗号資産取引所 現物取引」において総合第1位※2 を獲得し、2年連続でNo.1となりました。

※1 JVCEA「取扱暗号資産及び暗号資産概要説明書」(2022年4月18日時点)をもとに算出
※2 オリコン顧客満足度(R) 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

■GMOコインでは、お取引の参考となる暗号資産情報を配信中
GMOコインのHPでは、全ての取扱銘柄において、価格やチャート、騰落率など相場に関する情報をリアルタイムに配信しております。また、銘柄ごとに関連性のあるニュースも掲載しておりますので、より効率的に情報を収集いただけます。ぜひご覧ください。

ネット証券会社の選び方ランキング

スライド22

こんにちは、株アカデミーの小野寺です。

ネット証券会社とは

スライド23

ネット証券会社の特徴

5-1-1ネット証券会社の特徴

ネット証券会社のメリット

手数料が圧倒的な安さ

5-1-2-1手数料

月に1回、 年に12回それぞれで50万円分の取引をしたとすると、それだけで約82,000円の差が出てきます。 50万円のうち82,GMOクリック証券の売買手数料の安さが生きる 000円ということは約 16% です。それだけの収益を株であげようと思うとどれだけのリスクを取るか、大金をつぎ込まないといけないのでしょうか。

時間と場所を選ぶずに取引ができる

5-1-2-2時間と場所を選ばずに取引ができる-min

投資に関わる情報を無料で入手することができる

5-1-2-3無料で-min

ネット証券会社のデメリット

5-1-2-4ネット証券会社メリット-min

誤発注というリスク

5-1-3-1誤発注というリスク-min

誰もアドバイスしてくれない

5-1-3-2誰もアドバイスしてくれない-min

パソコン・スマートフォンが使えることは前提

5-1-3-3スマートフォンが使えることが前提-min

例えば、SBI証券で日本株50万円を取引するとしたら、ネット注文の手数料は293円ですが、電話注文の手数料は2160円になります。 10倍近い差 です。

システム障害

5-3-4システム障害-min

そして最も多いシステム障害は持っている ご自身の パソコンやスマートフォン側です。

リアル店舗の証券会社の特徴

5-1-4店舗-min

実店舗を持っているような証券会社は野村證券や大和証券のような大手総合証券会社です。 口座を開設すれば専任の担当者がついて、 投資に関するアドバイスや金融商品の紹介などを受けることができます。もちろんその分手数料は高くなってしまいます。

また証券会社からのアドバイスは鵜呑みにできないという事情もあります。 これは、証券会社の営業担当者は取引の売買手数料で給料をもらっているからです。 そのため、取引回数を増やすためにたとえ良いものでなくても売買を進めてくる担当者がいるのも事実です。そういう人が担当になってしまった場合は、担当替えしてもらえるように証券会社に伝えましょう。

アメリカドル(米ドル)のスワップポイント比較【毎週更新】


出典元:外為ドットコム

アメリカドル(米ドル)の為替チャート


出典元:プライムチャート

アメリカドル(米ドル)のスワップ投資のポイント

証拠金の設定

つまり、仮に現在の為替レートから過去最安値までの35円下がっても、ロスカットされないようにしておきたいです。
この場合は、証拠金は1万通貨購入あたり350,GMOクリック証券の売買手数料の安さが生きる 000円(+必要証拠金)が必要となります。

利益に関しては、アメリカドル(米ドル)を1万通貨分保有することで、1年で27,375円もらえます。
つまり、 年利としては7.82% となります。

初期一括投資での見込み収益

  • 初期投資:35万円
  • 為替レート:110円で固定
  • スワップポイント:1日75円で固定
  • レバレッジ:約3.2倍(1万通貨を35万円で購入)

1年後は、27,GMOクリック証券の売買手数料の安さが生きる 375円のスワップ収益が獲得できます。

スワップポイントの変動も少なく安定したスワップポイントを提供してくれるのが魅力です。
取扱会社例:GMOクリック証券

BMWがミドルクラスSUVにEVモデルの「iX3」を新設定。航続可能距離はWLTPサイクルで最大460kmを達成


基本骨格にはX3に採用するCLAR(Cluster Architecture)プラットフォームをベースに、リア回りに専用設計のサブフレームを設置。この上にeDriveの根幹をなす電気モーター/400Vパワーエレクトロニクス/トランスミッションを1つのハウジング内に格納して搭載する。新設計の電気モーターは最高出力210kW、最大トルク400Nmを発生し、後輪を駆動。ドライブモードとして、COMFORTモードやECO PROモード、SPORTモードなどを設定した。232Ah/80kWhの容量を確保する駆動用リチウムイオンバッテリーは、個別の制御が可能な188個のセルおよび10ピースのモジュールで構成し、車体中央のフロア下に集中して配置。また、3段階の切り替えが可能で効率性も高めたエネルギー回生システム、より厳密化した冷却/加熱システムなども採用する。航続距離はWLTPサイクルで最大460km、NEDCサイクルで最大520kmを達成し、性能面では0→100km/h加速が6.8秒、最高速度が電子制御リミッターの作動で180km/hと公表した。


充電に関しては、CCU(Combined Charging Unit)と呼称する新開発の充電ユニットを採用し、世界市場の充電ステーションに対応。交流(AC)では単相充電で最大7.4kW、三相充電で最大11kWでの充電ができ、また直流(DC)の急速充電や150kWの高出力充電ステーションの使用も可能とする。充電に要する時間は、交流の家庭用充電器で0%から100%までを約7.5時間、直流の急速充電で0%から80%までを34分で充電。急速充電を使用した際は、10分間の充電で約100km走行分(WLTPサイクル)の電力が確保できるという。


エクステリアについては、基本的にX3のデザインを踏襲しながら、細部に独自のアレンジを施す。まず外装では、フロントグリルやサイドアンダーガーニッシュ、リアディフューザー部にブルーのアクセントを採用。フロントはクローズドしたグリル内部、サイドはEVパワートレインの搭載、リアはエグゾーストパイプの未装備などを象徴する。ボディサイズは全長4734×全幅1891×全高1668mm/ホイールベース2864mm、車重は2185kg(DIN、前後重量配分は43:57)に設定し、グランドクリアランスは179mmを確保した。また、足回りには電子制御ダンパーを備えたアダプティブサスペンションをセット。シューズには専用デザインの7.5J×19アルミホイールに、245/50R19 105W XLタイヤを組み合わせている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる