オプションFXとは

チャートで練習問題

チャートで練習問題
すなわち、 「数学が出来るようになるために身に付けるべき”力”とは何なのか」 を理解し、その上で是非ともこのやり方を1度真似してみて下さい。

チャート式基礎からの数学ⅠAの効果的な使い方と勉強法

①解法パターンの理解型暗記をせよ
チャート式はインプット系の参考書である。これを初見で解ける人はそういない。
問題を解いていて、「先生みたいに、答えがひらめかない!」と言う生徒がよくいるが。そのような人にまず言わせてもらうと、数学は決して「ひらめき」ではない!ということ。
数学が出来る人と言うのは過去に経験したことのある解法パターンを組み合わせて解いているだけである。それこそ覚えているものを引っ張ってきているだけなのである。

ひらめきというのは、想像を絶するほどに勉学に時間を割き、そして公式を生み出したり、偉大なことを成し遂げるような天才だけに振ってくるものであり受験においてはそのようなひらめきは全く必要でない。
受験生に必要な数学力は簡単にいうと「解法パターンの暗記⇒解法パターンの組み合わせの練習」で身につく。

このチャート式では、第一段階である「解法パターンの暗記」に励むのだ。
その際、ただただ解法を丸覚えするのでなく、「なぜ」に着目した暗記をしてほしい。なぜその式変形が必要なのか、なぜそこに補助線をひくのか等々、答えの暗記でなく答えに至るまでの過程を理解し暗記せよ。

②例題だけを解け
理由は「周回スピードを速くするため」である。
このチャート式は問題掲載数が1000問以上あり、一周するのに膨大な時間を要する。 しかし、例題だけに絞るとその量は200問~300問程度に絞られるので、単純に一周に要する時間が大幅に減ることが分かるだろう。

練習問題や演習問題は所詮は例題の類似問題である。
数学に限らず、どの教科にも言えることだが、まずは「全体像を把握すること」が大事であり、単元ごとに基礎から発展までやるのでなく、まずは基礎レベルで全体を通してみる。そして周回するごとに少しずつ深く深く内容を掘っていくのだ。

だから練習問題や演習問題に取り組むのは最後でいい。まずは例題だけを何周もしていくことを勧める。

③ひたすら周回せよ
上の②でも述べたが、周回することが暗記においては最重要である。特にチャート式のように一周に時間のかかるものは、とにかくスピードを上げて先へ先へと進むこと。
一周目ですべてを理解・暗記する必要は全くない。

3周目4周目になってようやく「あ、そういうことか!」となることも多々ある。さらに周回数を重ねるごとにスピードは上がってくるので、1周目より2周目、2周目より3周目、と1周にかかる時間が短くなっていくだろう。
関連:他の受験生と差をつける最も効率的な暗記・復習方法

【使用時の注意点】

それは1問にこだわりすぎないこと。使い方でも述べたが、チャート式は暗記でありスピードが命である。
1問に20分、30分も考え込むのでなく、問題を見て解法が浮かばない場合はすぐに答えを見る。
これくらいの意識で取り組んで欲しい。

心構えとしては1周目、2周目は「数学に慣れよう・数学の全体を見てみよう」という気持ちで構わない。
はじめは全く解けなくて辛いだろうが、周回数を重ねるごとに数学が出来る実感が湧いてくるはずだ。
関連:難関私大を攻略する数学の勉強法はコチラ!

専業でなくても勝てるトレード手法が練習問題と解説で身につく!『世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スイングトレード編』2021年10月21日発刊

ニコニコニュースオリジナル


スイングトレード エントリー 問題例 チャートで練習問題
スイングトレード エントリー 解説例

ロスカットのスキルが身につく 問題と解説 例 ※本書より抜粋


スイングトレード ロスカット 問題例
スイングトレード ロスカット 解説例



Chapter1 スイングトレードを始めよう!
Chapter2 スイングトレードで使うチャート
Chapter3 MTF 高値切り下げライン・安値切り上げライン手法の解説
Chapter4 スイングトレードの基礎力をつける10問
Chapter5 スイングトレードの応用力をつける10問
Chapter6 スイングトレードの勝率を上げる判断力が身につく5問
Chapter7 ロスカットで資産を守る
Chapter8 ロスカットのスキルが身につく5問
Chapter9 MTF200MA反発手法
Chapter10 リスクを抑えたスイングトレードのスキルが身につく10問

著者プロフィール

二階堂重人(にかいどう しげと)
専業トレーダー。テクニカル分析を駆使したデイトレードやスイングトレードが中心。株、FXの双方で月間ベースでは8割以上という驚異の勝率を叩き出し、波乱の相場環境でも着実に利益を重ねている。著者累計96万部。常勝トレーダーとして、50冊以上の著書がある。主な著書に、『世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 スキャルピング編』『世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 トレンドライン編』(あさ出版)など。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる