バイナリ―オプション取引

基本パターン9種類を徹底解説

基本パターン9種類を徹底解説
■仕事の量的負担
A-1 非常にたくさんの仕事をしなければならない
A-2 時間内に仕事が処理しきれない
A-3 一生懸命働かなければならない

【Webテスト:CAB・GAB】総合商社など日系企業で出題!CAB・GABの問題例と対策法を徹底解説

そもそも CAB・GABは2種類あり 、 試験会場に行き紙ベースでテストを受ける形式をCAB・GAB 、 自宅などからパソコンで受験するものをWeb-CAB・Web - GAB と呼びます。Webと紙ベースの違いは制限時間です。ペーパー形式のCABの制限時間が95分なのに対してWeb-CABは72分、ペーパー形式のGABの制限時間が90分なのに対してWeb-GABは80分と、Web形式の時間が短く設定されています。CAB・GABともにWeb版の方が制限時間が短いため、一般的に難易度が高いとされます。以前はコンサルティング業界を中心に行われていましたが、最近では多くの企業の適性検査で使われています。

CAB・GABで出題内容は異なる。GABは言語が出題される点が特徴

CABの能力検査の科目は 暗算・法則性・命令表・暗号・性格判断 です。一方、GABの科目は 言語・計数・性格診断 です。それでは具体的にどのような問題が出題されるか見ていきましょう。

CAB・GABに共通するコツは「処理する速さ」

CAB・GABの対策に共通する点は 処理する速さが重要 という点です。CAB・GABはじっくりと1問ずつ時間を掛ければ解けるように問題難易度が設定されていますが、出題数が多いため素早く処理する必要があります。対策をする段階から「どうしたら早く解けるか」を意識しつつ解いていきましょう。
※以下で紹介する問題は、全てワンキャリ編集部が参考書籍を基に作成いたしました

CAB「暗算・法則性・命令表・暗号」出題例と解答例

CABの中ではもっとも簡単な問題で、内容は基本的な四則演算です。 ペーパー形式のCABは10分間で50問 、1問あたりにかけられる時間は12秒です。 Web-CABは9分に対して50問 と、1問あたりにかけられる時間は10.8秒です。解答は5つの選択肢から選ぶ選択方式です。具体例を見てみましょう。

法則性の問題は、 ペーパー形式のCABの場合は40問を15分で、Web-CABの場合は30問を12分で解答 します。Webの問題の方が難しい傾向があるので練習を重ねておきましょう。よく現れる法則としては次の4パターンがあります。

基本パターン9種類を徹底解説

Google動画広告とは?広告のメリット、効果の上がりやすいクリエイティブ

コンバージョン改善や売上UPの実現を目指したい方へ、これまでKaizen Platformが900社・50,000回以上の改善支援から得た知見や実績に基づいた『 動画広告で成果を上げるノウハウガイド 』をお届けします。

お役立ち資料をダウンロードする

Google動画広告とは

Google広告はディスプレイに配信する広告(アウトストリーム広告)のことを指し、リスティング広告GDN(グーグルディスプレイネットワーク)などのさまざまな種類があります。

そして、今回ご紹介するGoogle動画広告とはディスプレイ広告のことを指します。ディスプレイ広告とは、下図のようなWebサイトやアプリの広告枠に表示する広告です。

こうしたGoogleが提供するディスプレイ広告はGDNと呼ばれ、提携する 200 万以上のウェブサイトに広告を配信できます。

多くのサイトに配信できるGDNはインターネット ユーザーの90% 以上にまでリーチ可能です。

また、GDNではWebサイトだけでなくGoogle Finance、Gmailといったモバイルアプリにも配信できます。GDNのように、Webサイトやアプリの広告枠に配信する動画広告のことをアウトストリーム広告と呼びます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる