FX入門

株式逆指値注文

株式逆指値注文
>翌日GDで寄り付きが970円だった場合、約定されませんよね?

約定する場合としない場合があります。

【約定する場合】
逆指値価格(トリガー価格):980円
トリガーを下回った処理:成行き
→株価が980円を下回った時点で、成行き売りが発動するので約定します

【約定しない場合】
逆指値価格(トリガー価格):980円
トリガーを下回った処理:指値980円 株式逆指値注文
→株価が980円を下回った時点で、指値980円の売りが発動するので約定しません
その後、980円より上がれば約定します

注意:逆指値の有効期間にご注意下さい

ご注文時の、各種条件指定方法、及びご注意事項

■信用取引
・新規建て・・・成行注文の場合は制限値幅の上限、指値による買建の場合は指値、指値による売建の場合は指値と時価の高い方、に株数を乗じて算出した額が、信用新規建て可能額より拘束されます。
※「通常+逆指値」注文の場合には、「通常」注文の単価と「逆指値」注文の単価を比較して概算代金が高い方で拘束され、逆指値条件に到達して「逆指値」注文が発注された場合には、「逆指値」注文の単価により算出した概算代金で拘束されます。

  • 「逆指値」注文については、注文入力時には執行条件の設定ができません。逆指値条件に到達して市場へ発注されてから「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 「通常+逆指値」注文については、注文入力時に「無条件」、「不出来引け成行」の設定が可能です。逆指値条件に到達して市場へ発注されてからは「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 当日(当日が非営業日の場合は、翌営業日)を1営業日目として、10営業日目までご指定可能です。ただし、「通常」注文と同じく下記に該当する場合には注文の繰り越しは行いません。
  • 翌日に注文を繰り越す時点で値幅制限を超えた指値となった場合

※システム変更等により、注文の繰越処理を行わない場合があります。(ログイン画面等でご案内いたします。)
※注文を翌日に繰り越すための値幅チェック(繰越処理)は、毎営業日18:00頃完了します。この値幅チェックが完了するまでの間、対象となる注文の訂正・取消はご入力いただけません。
また、繰越処理において注文単価が制限値幅を超えた指値となった場合は、その注文は失効となります。なお、16:00~18:00の間は、出合注文にかかる可能額・株数の拘束が一旦解除になり、繰越処理が完了した時点で、再度可能額・株数の拘束を行います。この16:00~18:00の時間帯に他の注文を発注されて、元々発注されていた注文を繰り越すことにより可能額・株数が不足する場合には、元々発注分の繰り越しは行わず、失効となります。

■その他、繰越注文が失効となる場合
以下ケースの銘柄については、翌朝バッチ処理(午前3:30~午前5:30)で、’受付エラー’表示により失効となります。
株式分割、株式併合の権利落ち(配当落ちのみの場合は除く)が発生する場合…「権利落ちのため」
売買単位の変更がある場合…「売買単位変更のため」
※上記以外に通常の以下ケースの’受付エラー’表示による失効もあります。
各営業日の繰越処理時(15:40、17:40頃)、および翌朝バッチ処理時(午前3:30~午前5:30)で以下条件に該当した場合に失効となります。

逆指値注文の活用方法

忙しくても一度セットするだけで利益・損失をコントロール可能!「逆指値注文」

逆指値注文

こんな経験のある方におススメ

「逆指値注文」の主な活用方法

1.利益確保

注文を出すメリット 当初の予想通り上値を追いつつ、一定の利益を確保することが可能

上記注文例の注文入力内容(日本株Web取引画面)

注文入力内容

注文期間

2.損失限定

注文を出すメリット 損失を一定の範囲に抑えることができ、塩漬けを回避することができる

上記注文例の注文入力内容(日本株Web取引画面)

注文入力内容

3.順張り(上値追い、下値追い)

ボックス圏で動いている銘柄でテクニカル的に煮詰まってきており、今後、上下どちらか方向に弾みがつく(=トレンドが発生する)銘柄に投資する際にも逆指値注文は有効な注文となります。
例えば買いの場合、上昇トレンドが発生すると予想する株価を逆指値発動値として指定した注文を発注すれば、チャンスを逃すことなく投資することが可能です。
この注文方法は、テクニカル分析を重視した取引をされる方に有効な注文方法となります。

注文を出すメリット 株価をチェックし続けなくても、シナリオ通りの投資が可能

上記注文例の注文入力内容(日本株Web取引画面)

注文入力内容

4.日本株Web取引画面以外の注文方法

岡三かんたん発注(買いの場合)

注文入力内容

岡三ネットトレーダーWEB2(買いの場合)

注文入力内容

岡三ネットトレーダープレミアム(買いの場合)

注文入力内容

※ 岡三ネットトレーダープレミアムおよび岡三ネットトレーダーライトの注文方法は、「岡三ネットトレーダーシリーズ特設サイト」または「特殊注文マニュアル 」をあわせてご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる