外為オプション取引

危険とされる理由と追証の仕組み

危険とされる理由と追証の仕組み
(前略) 紙での取引に関しては電子で保存する義務ではないですが
電子で保存してもOKという解釈で宜しかったでしょうか? 例えば・・光熱費の明細、領収書など増えてくるので期ごとにPDFにまとめ、
原本は処理してもかまわないのでしょうか?光熱費など振替のものは通帳に記載してありますが領収書は別にないといけないのですよね? その他書類をPDF化して原本は処分していいのでしょうか? (後略)

【移行猶予の期間中に要チェック!】電子帳簿保存法の相談まとめ

電子帳簿保存法により、メールなどで受け取った請求書はPDFなどの電子データで保存しています。

そのPDFの請求書に、PDFのツールにある”強調表示””手書き”機能を使って、
色を付けたり、書き込み(請求金額等の項目が隠れない範囲で)をして保存したら
無効になってしまうのでしょうか?

例えば、請求書の原本(紙)の場合、チェックのためにマーカーを引いたものや、
欄外に書き込みしたものを保存しても有効ですよね?

データの場合は認められないのでしょうか?

3.光熱費の明細や領収書、電子保存したら原紙は破棄しても大丈夫?

(前略)

紙での取引に関しては電子で保存する義務ではないですが
電子で保存してもOKという解釈で宜しかったでしょうか?

例えば・・光熱費の明細、領収書など増えてくるので期ごとにPDFにまとめ、
原本は処理してもかまわないのでしょうか?光熱費など振替のものは通帳に記載してありますが領収書は別にないといけないのですよね?

その他書類をPDF化して原本は処分していいのでしょうか?

(後略)

4.【帳票の保存ツール導入前に見ておきたい!】解約したらデータ消失!?対応策はあるか

(前略)

電子帳簿保存法の改正により、納品書や請求書の受け取り、
従業員の立替経費精算時の領収書受け取りなど、
今まで紙面で保存していたものを電子保存に切り替えを考えている
企業様も多いかと思います。

当社で利用しているサービスを継続利用する点で今問題になっているのが、
「解約時にすべてのデータが消失してしまう」ことです。
今後より安価なサービスや高度なサービスを提供する他社が現れ、乗り換えを
検討しようとした際に、既存データの一括ダウンロードや一括受け渡しの機能、
もしくは一定期間のデータ保存対応などが一切なく、利用アカウント数×月額
を7年間維持する必要があるため、一度サービス利用を決めたら簡単に解約や
切り替えを選択できないことが懸念されています。

(後略)

5.危険とされる理由と追証の仕組み 印刷したらダメ?管理方法はどうする?まだまだあった改正電子帳簿保存法に関するお悩み

最後に〜相談の広場ご紹介〜

※記載されている返信はいずれも総務の森サイトの会員による投稿文であり、掲載情報の正確性、有効性および完全性等に関して、保証することはできません。
詳しくは、下記「総務の森 利用規約」をご確認ください。

Googleが100兆桁の円周率計算に成功、2019年以来2度目の世界記録を樹立

米Googleは6月8日(現地時間)、「Google Cloud」を用いて100兆桁の円周率を計算することに成功し、世界記録を更新したと発表した。同社は2019年にも31兆4000億桁の円周率を計算し、当時の世界記録を樹立していたが、2021年にグラウビュンデン応用科学大学の科学者が62兆8000億桁を計算したことで記録は破られていた。 【この記事に関する別の画像を見る】 円周率の計算にはハイパフォーマンスなCPUはもちろん、それを記録するストレージやデータをやり取りするネットワーク性能が必要だ。品質も重要で、計算や保存、転送の過程では1bitの間違いも許されない。 そのため、同社は今回の挑戦に以下のような環境を構築したという。 ・計算:128個のvCPU、864GB のメモリを持つ「n2-highmem-128」インスタンスを採用。OSは「Debian Linux 11」 ・ストレージ:一時ストレージに554TBを見積もる。単一の仮想マシンに接続できる永続ディスクの最大容量は257TBであったため、計算ノードに加え、合計64個のiSCSIターゲットを提供する32台のストレージノード(「n2-highcpu-16」インスタンス)からなるクラスタを設計 ・ネットワーク:「n2-highmem-128」がサポートする100Gbps外向き帯域幅を利用。2019年当時はわずか16Gbpsだったので、わずか3年の間に帯域幅が約6倍に増加したことになる。今回、ネットワークストレージに対し読み書きしたデータ量の合計は82.0PBで、2019年の19.1PBから大きく増加 この計算には数ヶ月の時間が必要で、わずかなの性能差でも実行時間が数日、数週間変わってしまうことが事前に予想された。そのため、設定の調整はシビアになるが、その項目はオペレーティングシステム、インフラストラクチャー、実行するアプリケーションに分散しており、さまざまな組み合わせが考えられる。 そこで、「Terraform」を活用してその組み合わせを短時間でテストする仕組みが整えられた。今回の計算プロジェクトには157日(約5カ月)が費やされたが、こうした工夫がなければ約2倍の300日程度かかった可能性がある。 さらに、計算が長期間にわたるため、シェルスクリプトを用いて2日ごとのバックアップを自動化するといった対策も取られている。単に物量に任せるだけでなく、最終的な結果を2台の50TBディスクへ書き出すまでディスクの割り当てを送らせてストレージコストの削減を行うなどの工夫も施されているという。 なお、検算はBailey-Borwein-Plouffeの公式と呼ばれる、計算時と異なるアルゴリズムで実施されたとのこと。実際の計算に用いられたスクリプトは、「GitHub」で公開されている。全桁の結果は、デモサイトで確認可能。 同社は、今回の新記録が「Google Cloud」インフラストラクチャーの高速化の証であるとし、安全でカスタマイズ可能なコンピューティングサービス「Compute Engine」と近年追加・改善された「Compute Engine N2」マシンファミリー、100Gbpsの外向き帯域幅、「Google Virtual NIC」、そしてバランス永続ディスクといった機能をアピールしている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる